通常配送無料 詳細
2017年4月4日に入荷予定です。 在庫状況について
今すぐご注文ください。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★迅速に発送いたします★きれいです。帯あり。表紙カバーに微すれありますがその他使用感少なく良好です。消毒・クリーニング後、クリスタルパック(透明なプラスチック製の袋)に密閉パック済み。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

僕は君たちに武器を配りたい 単行本 – 2011/9/22

5つ星のうち 3.7 129件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,943 ¥ 36
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕は君たちに武器を配りたい
  • +
  • 君に友だちはいらない
  • +
  • ミライの授業
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 164pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

20代が生き残るための思考法

東大、マッキンゼーを経て、現在、京大で絶大な人気の瀧本先生が、
新しい経済の流れで、自分の力で道を切り開き、
ゲリラとして生き残るための「武器」について、
投資家としての経験から、語ります!

不安に立ちすくむ日本人が今学ぶべき「本当の資本主義」とは。
「星海社新書」001著者、同時発売で登場!

【目次】
はじめに
第1章 勉強できてもコモディティ
第2章 「本物の資本主義」が日本にやってきた
第3章 学校では教えてくれない資本主義の現在
第4章 日本人で生き残る4つのタイプと、生き残れない2つのタイプ
第5章 企業の浮沈のカギを握る「マーケター」という働き方
第6章 イノベーター=起業家を目指せ
第7章 本当はクレイジーなリーダーたち
第8章 投資家として生きる本当の意味
第9章 ゲリラ戦のはじまり
本書で手に入れた武器

内容(「BOOK」データベースより)

これから社会に旅立つ、あるいは旅立ったばかりの若者が、非情で残酷な日本社会を生き抜くための、「ゲリラ戦」のすすめである。20代が生き残るための思考法。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 296ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062170663
  • ISBN-13: 978-4062170666
  • 発売日: 2011/9/22
  • 商品パッケージの寸法: 19.1 x 13.5 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 129件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,944位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ビジネス書としては、まっとうだ。
グローバル化しているビジネスの分野で
サバイブしていくことをゲリラ戦に例え、
いかに経済的に死なずに(=コモデティ化。人材として差異を生み出せず買い叩かれる状態。つまり薄月給化)
やっていくかを説いている。
専門的な難しい話も出てこないので、高校生でも読み通せるレベル。
ただ本書を読んで一番気持ちがアガるのは、
数年の社会経験を積みつつも、日々の業務に不満や違和感を感じている
20代のビジネスマンだと思う。

ノウハウ物より、
ひとつ上の目線で書かれているので、鼻につく人もいるかもしれない。
例えば、英語、IT、会計についての認識。
普通のビジネス書にはこれから必須のスキルとあるが、
本書では「奴隷の道具」だと切り捨てている。
つまり、それらは人に使われるためのスキルで、
人を使うためのスキルではない、ということだ。
ある意味、痛快。私自身も一気に読んでしまった。

ただ物足りない部分もある。
古典や哲学などリベラルアーツの重要性を説いているが、その記述が薄い。
身もふたもない言い方をすれば、
長期的に給料を上げていくための思考法が
...続きを読む ›
コメント 280人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
4年前に発行された本
当時、読んでみようかなあと本屋で思ったけど
なぜだかなかなか買えずにいた。

読んでみてよく分かった。
当時の知識で本から得られるものと
今読んだから得られるものの
質と量に大きく差があっただろう感じた。

若者向けに発行されたとなっており
裏表紙には「20代が生き残るための思考法!!」
と記載されているが、
何も考えずにすんなりと受け入れることのできる
20代なら意味があり

ある程度考えてきた40代そこそこであれば
やってきたことの良し悪し
間違っていたのかいなかったのか

あの時の考え方をもう少し変えていればどうなっていたのか

これからどうやって物事を前に進めようか

そんなことが確認できる本だと感じた。

いろんな年代の人が
複数回 しかもある程度の時間を開けて読むと
面白いかもしれない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書で提案されている資本主義社会における6つのタイプ。

トレーダー
エキスパート
マーケター
イノベーター
リーダー
インベスター

技術や情報などあらゆる局面においてコモディティ化が進む現代資本主義社会では、トレーダーとエキスパートでは生き残れないと著者は言う。各タイプの詳細やなぜトレーダーとエキスパートでは生き残れないのかは、本書を読めばわかる。

この6つのタイプは個人にも当てはまるし、企業にもあてはまる。あるいは、ふだんの仕事や日常での行動の際にも、自分がいまやっていることは6つのうちのどれに当てはまるのか、と考えることができる。
そういう意味で、この6つの分類は、非常に役に立つ。

自分の会社や自分の仕事の本当の役割を、日々のなかで明確に意識しながら働いている人はどのくらいいるだろうか? もし自分の仕事がトレーダーやエキスパートであり、今後その役割は相対的に小さくなっていき、あるいは不要になると言われたらどう思うだろうか。

 * * *

この本を読みながら思ったのは、ある程度優秀な(東大や京大の人たちや、医師免許や司法試験に合格できる程度の頭の良さ)人たちにはたいへん有効な本だと思った。高
...続きを読む ›
3 コメント 314人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 netigaeta トップ500レビュアー 投稿日 2013/4/6
形式: 単行本 Amazonで購入
ちりばめられた数々のトピックは示唆に富んでいます。例えば、
「巷で喧伝される成功術を施しても、誰もが恵まれるわけではない」。
「現代の国際環境を考えれば、現代日本で金銭的に成功することは、相当難しい」
「働き盛りの夫が病気で倒れたら、ほぼ終わり」
「一般人がキャリアアップで比較優位に立っていけるのは、困難だ」
「市場の歪みに着目せよ」

日本のサラリーマンや、新卒者の置かれた環境に関する説明も、相当正確だと思います。

しかし、根幹を貫く主張は目新しいものではなく、従来から存在するものです。
「全体を貫く「コモディティ化」の問題も、既知の論点であり、
コモディティ化の説明が全体の三分の一程度あるのは、長いような気がします。
発刊当時の2011年では、目新しい論点だったのでしょうけど、中国経済の隆盛は、
リーマーンショク以前から論じられていたわけですし、私自身もパソコンは7年前から、すべて中国製です。
 ここで指摘したいのは、そもそも労働(力)というものは、
産業革命以降本質的に「コモディティ化」してきたものではないのか、ということです。

日本経済も、明治以降、労働(力)のコモディティ化の流れの中で生き抜いてきたの
...続きを読む ›
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー