中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕は友達が少ない (MF文庫J) 文庫 – 2009/8/21

5つ星のうち 3.6 174件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 80
文庫, 2009/8/21
¥ 626 ¥ 1

この商品には新版があります:


click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

学校で浮いている羽瀬川小鷹は、ある時いつも不機嫌そうな美少女の三日月夜空が一人で楽しげに喋っているのを目撃する。「もしかして幽霊とか見える人?」「友達と話していただけだ。エア友達と!」「(駄目だこいつ…)」小鷹は夜空とどうすれば友達が出来るか話し合うのだが、夜空は無駄な行動力で友達作りを目指す残念な部まで作ってしまう。しかも何を間違ったか続々と残念な美少女達が入部してきて―。みんなでギャルゲーをやったりプールに行ったり演劇をやったり色々と迷走気味な彼らは本当に友達を作れるのか?アレげだけどやけに楽しい残念系青春ラブコメディ誕生。


登録情報

  • 文庫: 263ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2009/8/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840128790
  • ISBN-13: 978-4840128797
  • 発売日: 2009/8/21
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 174件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 289,593位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 P3P太郎 投稿日 2011/1/15
形式: 文庫
評価が高いというので読んでみた。
長編一本ではなく、短編をまとめた作品のように思える。
ただ、その短編一つの中でさえ起承転結や起伏がなく、とても平坦な話がまとまりなく広がっている。
全体を通して、何か一つの目標があるわけではなく、「友達がほしい」という漠然とした希望があるだけ。
「友達がほしい」から何かを頑張るわけではなく、それをベースによくあるネタのパロディやその裏返しを並べている。
何かが欠けているから頑張ろう、という話ではなく、何かが欠けている気がするけどどうでもいいや、という話。
伏線の張り方も、言葉の選び方も、本当にプロなんだろうかと疑ってしまうほど拙く思える。もしくは最初から設定を隠す気なんてないのかもしれないが。
分かる人には分かるネタを出して読者を釣ったつもりなのだろうが、分かる人には分かるけど寒いネタになっている。一巻としてはとても内容の薄い出来となっている。
高評価続出な中申し訳ないが、どうしても既存作品の寄せ集めとしか思えないし、それを物語として取り繕う姿勢も見えないので低評価とした。何度考えても腹筋が割れるレベルではない。もう少し色々な作品を読んでみれば、ちゃんと面白い作品に辿り着けるだろう。
低評価のレビューだけ軒並み参考度が低いことに、何か裏側からの糸のようなものを感じなくもない。
コメント 306人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
恋愛に鈍感な男子高校生(いじられ、振り回される)+傍若無人、我が儘、自己中、暴言、高飛車、幼稚園児並のツンデレ美少女ヒロインが最近のラノベの基本らしい。なおかつ美少女が次々登場してハーレムになっていく。

人気ラノベをめくってもめくってもとにかく主人公とヒロインの設定が同じ。

時代劇なみに同じ。
金太郎飴くらい同じなのにどうしてみんな我慢できるのか?
これもかよ、と何故思わないのか。

2巻を読む気にはとてもなれない。
コメント 229人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
僕は友達が少ない→×

僕は「男」友達が少ない→◎

永遠と主人公の自慢話を聞かされてるみたいだ

ハーレム生活送れるんなら友達なんていらねーよ!!
残念な美少女たちって何?美少女な時点で残念じゃねーんだよ!!

そもそも自称友達が少ないキャラ達だけどもうお前ら友達じゃん!
まだ親友では無いかもしれないけど直ぐに友達できてんじゃん!!

被害者ぶったタイトルつけやがって!!( ゚Д゚)、ペッ
7 コメント 206人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「なるほど…本物のラノベって、こういうものを言うんだな」
と感じました。

【朝起きて昼ぶらぶらして夜寝て朝起きて帰った】
みたいな文章がマジであります。素人の携帯小説か?!
何かの狙いでそうしてるのか、本気で下手なのか判断に苦しみます。
どちらにしても、読んでて不快でした。

【本文の5〜6割が「」(登場人物の会話)】
体感的にはもっと多い感じがします。
登場人物が部室でゲームをやりながら、あーだこーだ言い争いを始める。
口論が何かに発展するわけでもなく、しばらく口喧嘩した後「もうやっとれんわ」的に章が終了。
そういう流れが延々と続きます。
ページをめくる度に苦笑ともなんともいえない妙な笑いがでてしまいます。

その口喧嘩の言い回しや、言葉の意味合いにちょっとした面白さがありますが、全体的にひどいです。

それと、中高生向けなのは明らかなのにレイプレイプレイプって連呼しすぎ。
そこで爆笑する人もいるんでしょうが、私は特に面白くなかったです。
コメント 153人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
文章力、構成力がないから行き当たりばったりの短編集みたいになっている、あざといエロ描写とイラストの力と宣伝、タイトルで売れてしまった作品
つまらないか、面白いかと聞かれれば、面白く感じる人はいるだろうけれども、オタク騙しもいいところの一発屋の作品
ある意味、いかにしてくだらない作品が大ヒットになるかのモデルにはなるかと
僕の中では、恋空、リアル鬼ごっこ、KAGEROU級の作品です
コメント 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック