通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
僕は友達が少ない 8 (MF文庫J) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕は友達が少ない 8 (MF文庫J) 文庫 – 2012/6/22

5つ星のうち 4.3 57件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕は友達が少ない 8 (MF文庫J)
  • +
  • 僕は友達が少ない 9 (MF文庫J)
  • +
  • 僕は友達が少ない 10 (MF文庫J)
総額: ¥1,878
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

聖クロニカ学園学園祭本番、前座のような体育祭はつつがなく終わり、いよいよ文化祭当日となった。自主製作映画を上映する予定の隣人部だったが、映画の仕上げを担当していた理科が倒れてしまい、映画は未完成となり上映は中止に。残念な結果となった学園祭ののち、これまでの馬鹿馬鹿しいけど賑やかで楽しい活動の日々へと戻っ
ていく隣人部。互いに絆を深めていく隣人部の面々と過ごしながら、小鷹は隣人部への思いをいっそう強くする。そんなおり、星奈を敵視する生徒会の遊佐葵が隣人部に対して不穏な動きを見せ、小鷹、夜空、星奈、理科、幸村の関係にも大きな転機が訪れる――。残念系コメディ、ついに終幕……!?

内容(「BOOK」データベースより)

聖クロニカ学園学園祭本番、前座のような体育祭はつつがなく終わり、いよいよ文化祭当日となった。自主製作映画を上映する予定の隣人部だったが、映画の仕上げを担当していた理科が倒れてしまい、映画は未完成となり上映は中止に。残念な結果となった学園祭ののち、これまでの馬鹿馬鹿しいけど賑やかで楽しい活動の日々へと戻っていく隣人部。互いに絆を深めていく隣人部の面々と過ごしながら、小鷹は隣人部への思いをいっそう強くする。そんなおり、星奈を敵視する生徒会の遊佐葵が隣人部に対して不穏な動きを見せ、小鷹、夜空、星奈、理科、幸村の関係にも大きな転機が訪れる―。残念系コメディ、ついに終幕…。


登録情報

  • 文庫: 295ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2012/6/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840145989
  • ISBN-13: 978-4840145985
  • 発売日: 2012/6/22
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 287,606位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
理科から突きつけられた現実に目を瞑り、逃げ出してしまった第7巻からゆにばーす(アンソロジー集)を経て
本編に戻った第8巻。佳境に入った映画の制作と編集で実は誰よりも力を注いでいた理科に降りかかった
災難と体育祭の模様を織り交ぜつつ、文化祭での隣人部、箸休め的に全員でプレイした
『DX友達つくりゲーム』を経て遊佐葵による隣人部廃部(?)の危機を三日月夜空と柏崎星奈が二日に分けて
それぞれ違う形で葵を論破する圧巻のシーンそして『男性主人公と彼に好意を抱く女性主人公たち』という、
時には読み手による揶揄の対象にもなるライトノベルのテンプレート的な展開が崩壊し、新たなフェーズに
入らんとするターニングポイントとなるストーリーになっている。

アニメーション版では小鷹よりも理科の考えが強調されている感がある一方原作では、様々な偶然が
重なってできあがった、自分たちの居場所となった奇跡のような場所をわざわざ変える必要があるのかという
小鷹の論理や、様々なものを開発・発明する天才でありながら小鷹に自身の考えの矛盾を指摘される姿通じ、
実は理科が(勉強や研究開発以外の意味で)頭が良くないことが露呈したりと、小鷹と理科の細かい機微が
うまく描かれている。

そし
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前巻に引き続き理科が色々言ってましたが、現在の隣人部が抱えている問題の
根本的な原因は結局「小鷹が尋常ではないモテ男」である事に尽きるでしょう。

夜空、星奈、理科とおそらくは幸村も小鷹に対して恋愛感情を抱いており
小鳩、マリアの年少組やケイトもそれに近い感情があると思われます。
また生徒会の面々もこの短期間で小鷹に心を許している様子。
小鷹以外の男性キャラは天馬さんくらいしかいない事もあって
まるでこの世界には小鷹しか恋愛対象が存在しないかの様な雰囲気にすらなっています。

でもこういうのはライトなラブコメ作品だから許されるご都合設定。
そんな現実離れした世界観の中にシリアスを持ち込んで真剣バトルとかやってしまった為に
理科や小鷹の熱さとは裏腹に読んでいてちょっと萎えてしまいました。
完結が近いのならこのまま走りきってしまうしかないのでしょうけど
もうしばらく続くのであればこの流れは一度見直して欲しいなというのが正直なところです。

はがない自体が優れたハーレム作品なのだから、それを崩壊させてまで
既存のハーレム作品に対するアンチテーゼなんて必要ないと思うんですよね。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今まで本作品は主人公である小鷹も含め心理描写を浅くしか描かずコメディな内容だったのに対し、今回はキャラクターの内面を深くした分シリアスな内容でした。
特に後半はシリアスな内容で、小鷹と理科のケンカとその後の会話は『友達』というテーマを上手く調理した内容だと思います。
今巻に限って言えば理科は第二の主人公の輝きを見せているのも印象深いです。

特に誰よりも現在の幸福を自覚し、それを失う事を恐れる小鷹。
誰よりも本気で友達を望み、仲間が大事だからこそ道化役、憎まれ役を買う理科。
は今までとは違い本当に深く表現されています。

また、他にも上記の二人に比べれば少ないですが
漢らしいあろうし、誰よりも漢らしい幸村。
自身に正直であり、何があっても自身と向き合える真の友達を渇望している星奈。
も垣間見える内容です。

この間の最終章の題名通り、今までの内容は弱い小鷹が主人公になるまでの長いプロローグだと言うのが分かる内容でした
まだまだ問題が山積みの状態で終わった巻でしたが、次回が本当に楽しみです。
3 コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
まず、多少心配していた本巻で終幕=『はがない』完結、
という事にならなくて、ほっとしています。
(十中八九まさかここで終わらないだろうとは思ってはいましたが。。。)

さて、本巻ですが、本作『はがない』にとって大きな転機となっている巻です。

※以降、ネタバレ含みますので未読の方はご注意下さい。

特に大きな変化はやはり隣人部の人間関係の変化で、
それを最も恐れていた小鷹が、
理科との決闘(?)を経て、新たな一歩を踏み出します。
今迄は他作品の主人公のような、物語の中心となって事件を
解決するような人物では無かった小鷹ですが、
最終章タイトルの『羽瀬川小鷹が主人公になるとき』からも分かる通り、
今後の小鷹の活躍に思わず期待させられるような、
そんな締めくくり方となっています。

もう一つの大きな変化は、小鷹の関わるコミュニティに生徒会が
加わった事ではないでしょうか。
基本的に今まで小鷹のコミュニティは主に隣人部のみでしたが、
そこに生徒会がプラスされる事で、物語の展開の幅が
相当広がったのではないかと思います。

後、個人的に最後の方で登場した理科のネコ
...続きを読む ›
2 コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー