中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 ネコパンチ
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 新品未読美品。*防水梱包、ゆうメールで発送致します。土日祝日の発送はしておりませんがお急ぎの方はメールでお問い合わせください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕は友達が少ない 3 (MF文庫J) 文庫 – 2010/3/24

5つ星のうち 4.7 43件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 1
文庫, 2010/3/24
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

友達作りを目的とした残念な部『隣人部』が誕生して一ヶ月。努力の甲斐もなく、羽瀬川小鷹たち隣人部の面々は誰一人友達ができることなく夏休みを迎えてしまった。様々なイベントを経験し、友情が深まる―リア充たちがますます繁栄する季節、夏。来てしまったものは仕方がないということで、まだ見ぬ「友達と一緒に楽しく過ごす夏」の予行演習のためにプールに行ったり合宿をしたりする隣人部のメンバーたち。果たしてその成果はあるのか、そもそもそんな練習に意味はあるのか…!?露出度アップなのに残念度もアップの残念系青春ラブコメ第三弾、夏こそホットに残念。


登録情報

  • 文庫: 261ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2010/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840132526
  • ISBN-13: 978-4840132527
  • 発売日: 2010/3/24
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 393,842位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
『僕は友達が少ない』略して『はがない』の第三冊目。
そろそろダレてくるかと思いきや、まったく勢いが衰える様子がない。

夏休みの部活動は、それまでの活動とは趣向を変え、イベント盛りだくさん。
各短編が今までよりも短くなったにも拘わらず、その後の展開(おそらく四巻以降)
へ向け伏線が張り巡らされており、こちらの想像を掻き立てる。
口絵を除く計11ページのブリキ氏のイラストの配置も工夫されていて楽しめた。
そして、一巻を読んだ読者には了解済みのヒロインの正体が、ついに明かされる。

本巻でようやく一巻の序盤に回帰したことになるのだが、
これまでの各巻で消化不良を感じなかったことが不思議なくらい展開が見事だ。
加えて本巻エピローグも単なる余滴ではなく、続巻への期待を膨らませるものとなっている。
総じて非常に高い娯楽性を備えている。早くも続巻が待ち遠しい。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今回の作品は夜空との別れの場面の回想から始まり
旧友との再会の場面で終わるという、物語の流れとしては
とても重要な巻になったのではないかと思います。

夜空が必要以上に女らしさを感じさせない格好や
付き合い方をしていた複線もきちんと回収しての再会シーン
特に最後のページの夜空のイラストは、とても綺麗で
ねくろま2巻の最後の(後書き)イラストを彷彿とさせ
絵師に恵まれた作者だなぁと思います。

夜空が(現時点で)友達の方向に流れたのに対し
星奈の方は視点、言動共に彼女の立ち位置に向って
いるように感じます。ただ露出が多いので、
今後が少し心配かと(過去に露出過多で空気に
なってしまったキャラもいるので)
人気のあるキャラだと思うので、できれば大切に書いて欲しいです。

ギャグやシチュエーションは、前の2巻と同様、にやにや
笑えるシーンあり、吹きだしてしまうシーンありで楽しめます。

とりあえず4巻以降も続くようで、今後の展開が楽しみです。
1 コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
一、二巻ともに面白かったので、三巻が出るのを待ち望んでいました。
他方「そろそろ中だるみするのでは」という心配がありましたが、無用の心配でした。

ヒロインの一人星奈が序盤から終盤までその魅力を余すことなく発揮しています。
憎からず思っている主人公小鷹に不器用なアプローチを繰り返し、
お気に入りの主人公の妹小鳩には変態的なスキンシップをかまし、
見事に空回りしているのが笑えます。

「完璧超人かつ女王様気質ながら、すぐ言い負かされる上にウブ」というイジられる為にある様なキャラクターなので、話が作りやすいのかもしれません。

個人的には前巻で触れていた星奈パパへのご挨拶エピソードが期待以上に面白く、ここで張った伏線が気になって今後も目が離せません。

他に気に入っているのがこの作者の文体です。
説明口調でくどくどと話すような台詞が少なく、終始簡潔な会話調で進行していきます。その為非常に読みやすく、テキストがすらすら頭に入ってきます。そして会話を聞いていれば大体の状況や背景が頭に思い浮かぶというのは、演出力および構成力の賜物でしょう。

終始星奈主体で進行していったのですが、最後の最後に夜空が持って行きましたね。
ラストシーンも踏まえて、四巻も非常に楽しみになりました。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kalnax 投稿日 2010/3/24
形式: 文庫
夏だ! リア充の季節だ! という3巻。
前巻に続き、相変わらずの残念さに笑わせてもらいました。
気になったのは、理科の変態っぷりが本領を発揮して
理科の会話内容が下ネタ満載なところ。
正直もうぶっ飛びすぎててついていけねぇよ・・・

あとタイトルにも書きましたが、今巻はラストが結構重要な感じなので
購入予定の方はうっかり見てしまわないように注意したほうがいいです。
現に作者様もtwitterで以下のように述べていました。
「あとがき直前のイラストに大きなネタバレがあるので、
絶対にあとがきを先に読むのはやめておいた方がいいです。
とてつもなく素晴らしいイラストです。」
たしかにその通りでした。

なんでもないような行動にも含みがあったりで、これからの展開が楽しみです。
リア充イベント満載(しかし残念系)で、読んでいて自分の青春の無機質さに悲しくなってきました(笑)
コミック化も決まって勢いづいてきた「はがない」。
次巻も楽しみです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー