中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕はしゃべるためにここへ来た 単行本(ソフトカバー) – 2011/10/27

5つ星のうち 3.6 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

私たちは〝余計な人間〟ではないか?
ボランティアをしたほうが役立つのではないか? 
被災者に水や食料をあげたほうがいいのではないか?
取材車で行方不明者捜しを手伝った方がいいのではないか? 
いや、それならば、何のために僕はここにいるのか…。
フジテレビとくダネ!アナウンサーが覚悟を決めて書いたテレビ報道の裏側、震災報道の真実!
被災地ノンフィクションの決定版! 
 
第1章 震災発生!報道人は“食べて”はいけない 
第2章 72時間超!報道人は“乗せて”はいけない 
第3章 1週間!報道人は“泣いて”はいけない  
第4章 東北人と関西人 
第5章 被災地で出会った忘れられない人たち 
第6章 2カ月…3カ月…そして半年 
 
その時、52階にいた私/排泄をする余計な人間/映せなかった被災者の“犯罪”/ 
遺体は拳を突き上げていた/私はお年寄りを抜いてしまった/ヘルメット取材への違和感/
遺体安置所になった避難所/ カメラを回せないもう一つの理由/この避難所は捨てます/
他の被災者に見られていないか/目の前で見つかった母の遺体/子供の顔にモザイクをかけるのか?/
小倉さんを無視した/私の一面を垣間見た/他

内容(「BOOK」データベースより)

覚悟を決めて書いたテレビ報道の裏側。震災報道の真実!被災地ノンフィクションの決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 283ページ
  • 出版社: 産経新聞出版 (2011/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4819111442
  • ISBN-13: 978-4819111447
  • 発売日: 2011/10/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 524,047位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
残念ながら、本を読んだだけで彼の人間性は見えません。

被災直後に彼のインタビューを受けた者です
そのとき、私は避難所でぬれねずみで震えているお年寄りのため、痛い足を引きずりながら布団を運んでいました。
彼の申し出「インタビューが終わったら、スタッフ全員で布団運びの手伝いをしますから、ぜひインタビューを」

しかしインタビュー後の彼の言葉「阿部さん、この次にお会いしましたら、暇がありましたら布団運びを手伝います」
信じられない彼の言葉です。
仕方なく、私は津波で怪我をした足を引きずりながら、布団運びを再開しました。

インタビューの映像は全国放送でしたので、かなりの方々が見ていたでしょう。
私は見ていませんが。
数ヶ月たってからも流れたので、フジテレビに当時の経緯を説明して、放送を一切やめるよう申し入れました。
番組責任者から電話が来て、放映を一切しないとの確約をいただきましたが、「阿部さん、火災は阿部さんのほうから手伝わなくたって良いといってましたよ」と。
彼は二重に私にうそを言ったのです。
なぜうその上塗りをしたのか、すぐ電話をくれるようその責任者に申し入れましたが、いまだに火災からの電話はありません。

彼は
...続きを読む ›
2 コメント 357人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
こんな上辺のお飾り本と違い約20年前、阪神淡路大震災の傷跡の折り。フジテレビ中継映像で、レポーターの笠井アナは、神戸元町駅前の取材中、地元消防隊からガス漏れ退避警告を受けスタッフと共、緊急避難後に爆発。その時偶然、自身のアップショットで一言「危なかった!」。瞬間、誰が見ても吉兆顔風な本人の顔が目の奥の瞳が確実に笑っていた、そう嬉しく楽しそうな心が垣間見えて…。後の3.11取材も意味なく被災者に感動秘話を強要し、視聴者から批判されても平気の平左。彼等は本当に何者?。その対応のどこに報道の自由が国民の知る権利?。いや違う、自由な商売権力で尚且つ、人の大きな不幸が飯の種。それがこの男の代名詞であり、永遠に続くマスメディア犬の卑しい定例慣習なのだろう。因みにオウム上祐が広島刑務所から出所した際、空港にいた側近を「お付きの人」と敬語で、コメントしたのは有名な話。さすが共に早大学閥、巧妙な意味深さだよね。後日談だが、それまでアレフvs近隣住民の宗教施設立ち退き問題を連日TV報道していたワイドショーがこの件(上祐出所)で何故か急に不可思議な取材中止(フェードアウト)の気味悪さ、これも早大メディアの利害関係なのか?本当に無気味だ。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
被災地に行くなら支援物資を積んで行けばいいのに…と、単純に思っていた。 しかし、どれだけどっさりと積んだどころで焼け石に水の状態。 だからといって… という、ジレンマを赤裸々に書いてます。 また、同社ディレクターが宮城県東松島の避難所で何十人にも「津波で沖縄が流されたって本当ですか…?」と、聞かれたり、津波で濡れた服を替えることもできずにいるのに、ニュースのトップ項目が関東圏の計画停電や福島第一原発(深刻さが、まだわかってなかったので)などへの疑問といきどおり。 しかしながら、そうはいっても取材する側も当然人間。取材3日目に宿泊したホテルで、飲んでしまったビールに対しての、想いも。 まだ、半分しか読んでませんが、レビューを書かずにはいれませんでした。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ジャーナリストは客観中立的立場である。どんなジャーナリズムの教科書の1ページ目にもそう書いてあるし、大学のジャーナリズムの授業でそのようなことを書いておけば、「A」をとることは可能だ。しかし、実際に報道人として被災地へ赴いたアナウンサー、笠井信輔の取材記録である本書は、そのような教室の中での「ジャーナリズムの原則」空疎さを鋭く告発する。
笠井は一見「ジャーナリズムの原則」に忠実だ。「僕らは被災地の思いと現状を報告するために、ここに来たのだ。そこにはゆるぎない姿勢があった」(P95)「伝えるために取材し、被災地でしゃべる。それに尽きるのだと思う」(P131)。しかし、被災地で様々な苦しむ人々を見るたびに著者は、「僕はしゃべるためにここへ来た」と言いながらも、「僕はしゃべるためにここへ来た・・・のか?」「僕はしゃべるためにここへ来・・・ていいのだろうか」逡巡を重ね、悩み、迷い、後悔する。この教科書には決して掲載されない取材者としての「弱さ」や「ブレ」こそが、多くの被災者に慕われた笠井の取材者としての魅力であり、本書を優れた「ジャーナリズム論」たらしめる要因である。
 食料不足に苦しみ食料を窃盗する被災者を前に、「真実を報道」することをためらい、「今この時点でも答えは揺れ動いている」(P64)。被災者より先に逃げ出した自分を後悔しながらも、「今、津波が来れば映像がとれ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック