通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
僕はいかにして指揮者になったのか (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕はいかにして指揮者になったのか (新潮文庫) 文庫 – 2010/8/28

5つ星のうち 4.7 33件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 514 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕はいかにして指揮者になったのか (新潮文庫)
  • +
  • 僕が大人になったら (PHP文庫)
  • +
  • 棒を振る人生 (PHP新書)
総額: ¥2,052
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



表紙&巻頭特集『忍びの国』大野智
『ぴあ Movie Special 2017 Summer』予約開始! こちらチェック

商品の説明

内容紹介

「大人になったらベルリン・フィルの指揮者になる」──小学校の卒業文集に書いた夢を、佐渡裕はついに現実のものとする。指揮者としての正式な教育を受けていない自称「音楽界の雑草」が、なぜ巨匠バーンスタインに可愛がられることになったのか。「ライフ・キャン・ビー・ビューティフルや! 」という師の言葉を胸に、世界中の名門オーケストラで指揮棒を振る男の人生讃歌。

内容(「BOOK」データベースより)

「大人になったらベルリン・フィルの指揮者になる」―小学校の卒業文集に書いた夢を、佐渡裕はついに現実のものとする。指揮者としての正式な教育を受けていない自称「音楽界の雑草」が、なぜ巨匠バーンスタインに可愛がられることになったのか。「ライフ・キャン・ビー・ビューティフルや!」という師の言葉を胸に、世界中の名門オーケストラで指揮棒を振る男の人生讃歌。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 260ページ
  • 出版社: 新潮社 (2010/8/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101335915
  • ISBN-13: 978-4101335919
  • 発売日: 2010/8/28
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 147,931位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
佐渡裕さんの演奏会が大好きです。とてもきもちが良いコンサートです。それはやはり指揮棒を振る人のきもちが出るからでしょうね。とても柔らかい語り口で佐渡さんのお話を聞いているようでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
15年前、はまの出版社刊の本著を購入したときは誰かに文を書いてもらったのかと思っていた。
ところが、読み進めるうちに、これは確かに佐渡裕本人が書いたものに間違いないという確信が
生まれてきた。なぜなら、そこに書かれている会話の文章がネイティブな京都弁、それも京都市
の西部の同世代の使っているもの、つまり私にとってとてもなじみのある「いつもの言葉」その
ものだったからだ。そして、驚いたのはその文章力の豊かさ。特に、ブザンソン国際指揮者コン
クールの詳しい内容はそれまで明らかにされたことがなかったため、大変興味深く読んだものだ。
かくて、「ぼくいか」は我々佐渡ファンの間ではバイブルとなったのだが、惜しいかなはまの出
版は倒産し、あの、ラムルー管弦楽団のメンバーから佐渡氏に贈られたメッセージカードの表紙
は、今はもう目にすることがなくなった。
本書はその後、新潮OH!文庫として再販され文章も一部手直しされ写真も入れ替えられたりして
いたがそれも長らく絶版となっていた。
それが、今回、新たに新潮文庫として刊行されたのは嬉しい限りである。
初版から数えて15年目。その間、佐渡氏は我々ファンの予想をはるかに飛び越えた快進撃を続
け、来年5月には念願のベルリン・フィル
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
あんまりエッセイとか自伝とかは好きじゃないんですが、この本は勢いで読み切っちゃいました。飾らず、素直に感じたまま書かれた文章からも、佐渡さんの人柄や情熱がすごく伝わってきて、パワーを分けてもらった気がしました。また、クラシックの分野についても、要所要所で詳しく説明してくれているので、とても勉強にもなりました。
シアワセやチャンスは、待ってるだけではなく、つかむものだと云うこと。好きなものへの情熱を形にすることについて、考えさせられます。そして、佐渡さんがさらに好きになりました☆
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「指揮者になりたい」という夢を実現し、今や日本を代表する若手指揮者の筆頭にある佐渡氏の自伝的エッセイ。
自らを「雑草」と揶揄しながらも、誰よりも自分の実力を信じていたその強い意志が、バーンスタインや小澤征爾との出会い・支援を導き出したように思う。
泥つきのジャガイモ、という表現にあるように、未熟だが魂と情熱に溢れた指揮は、年老いたバーンスタインにとって、何にも変えがたい才能に見えたのだろう。
魅力的な人柄が出会いを引き出し、その後押しで実力を見事に開花させた若き逸材、佐渡裕。
関西弁で陽気に綴られたドタバタエピソードの数々に大笑いしつつ、クラシックをより身近に、気軽に楽しんでもらおうという心遣いにも感心させられる。
クラシックが好きな人、将来音楽の道を描いている人、そして「あと一歩」の所で人生を踏み出せずに躊躇している人に、お勧めの1冊。
肩の力を抜いて、自分の人生を生きよう、という気にさせてくれる本です。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とにかく、一気に読んでしまうのがおしいくらい、佐渡さんの音楽感がいたるところににじみでてきています。
それから、とにかく佐渡さんの憎めないドジぶりも随所にでてきていて笑いあり、また感動秘話に涙をしたり、とにかく飽きる事なく、”音楽する喜び”を伝えてくれます。
私としては’世界のオザワ’さんとのかかわりがとても面白いと思いました。
以前は特別佐渡さんのファンではなかったけど、これ読んで今年こそは佐渡さんの演奏会に行くぞと、思いました!
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 以前NHKの番組で、笑福亭鶴瓶と一緒に佐渡さんが見知らぬ街を探索して、
面白いもの、おいしいものに出会うという番組を見て、「この人楽しいわ」
と思って興味を持ちました。

 日本人で語学や文化のハンディがありながら、海外で活躍する姿に憧れまし
た。でも、それには理由があったとこの本を読んで感じました。一つが、遺伝
的なものと家庭環境。母親が声楽を勉強しており、小さい頃から音感やピアノ
を習っていたこと。

 次に素晴らしいメンターがいたこと。海外に留学する後押しをしてくれたスポ
ンサー、バーンスタイン、小澤征爾との出会いなど。運の要素もあると思います
が、人柄や誠実さがこの人を助けてあげようと思われたのだと思います。

 三つ目が、自分の興味や理想を実現しようという情熱と具体的な努力。今回
の本では、興味や運が強調されていますが、実際には血のにじむような努力が
あったのだと思います。この3つの要素があったから、世界の頂点のオーケス
トラで指揮をするという夢が実現したのだと思いました。

 小澤征爾著の
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー