通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
僕はいかにして指揮者になったのか (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ♪『土日祝日も営業中!!』 ○こちらの商品はクリーニング済みですが若干の汚れ、傷み、日焼けはご了承下さい。 ※当店では出荷時課金制を適用しております。24時間以内に発送し、その際にAmazon上より出荷通知をお送り致します。 【注意】この商品は店頭でも販売している為、タイミングによっては稀に売切れの場合がございます。その場合はお取引をキャンセルとさせていただきます。予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕はいかにして指揮者になったのか (新潮文庫) 文庫 – 2010/8/28

5つ星のうち 4.8 33件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕はいかにして指揮者になったのか (新潮文庫)
  • +
  • 僕が大人になったら (PHP文庫)
  • +
  • 棒を振る人生 (PHP新書)
総額: ¥2,052
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「大人になったらベルリン・フィルの指揮者になる」──小学校の卒業文集に書いた夢を、佐渡裕はついに現実のものとする。指揮者としての正式な教育を受けていない自称「音楽界の雑草」が、なぜ巨匠バーンスタインに可愛がられることになったのか。「ライフ・キャン・ビー・ビューティフルや! 」という師の言葉を胸に、世界中の名門オーケストラで指揮棒を振る男の人生讃歌。

内容(「BOOK」データベースより)

「大人になったらベルリン・フィルの指揮者になる」―小学校の卒業文集に書いた夢を、佐渡裕はついに現実のものとする。指揮者としての正式な教育を受けていない自称「音楽界の雑草」が、なぜ巨匠バーンスタインに可愛がられることになったのか。「ライフ・キャン・ビー・ビューティフルや!」という師の言葉を胸に、世界中の名門オーケストラで指揮棒を振る男の人生讃歌。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 260ページ
  • 出版社: 新潮社 (2010/8/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101335915
  • ISBN-13: 978-4101335919
  • 発売日: 2010/8/28
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 94,273位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
あんまりエッセイとか自伝とかは好きじゃないんですが、この本は勢いで読み切っちゃいました。飾らず、素直に感じたまま書かれた文章からも、佐渡さんの人柄や情熱がすごく伝わってきて、パワーを分けてもらった気がしました。また、クラシックの分野についても、要所要所で詳しく説明してくれているので、とても勉強にもなりました。
シアワセやチャンスは、待ってるだけではなく、つかむものだと云うこと。好きなものへの情熱を形にすることについて、考えさせられます。そして、佐渡さんがさらに好きになりました☆
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「指揮者になりたい」という夢を実現し、今や日本を代表する若手指揮者の筆頭にある佐渡氏の自伝的エッセイ。
自らを「雑草」と揶揄しながらも、誰よりも自分の実力を信じていたその強い意志が、バーンスタインや小澤征爾との出会い・支援を導き出したように思う。
泥つきのジャガイモ、という表現にあるように、未熟だが魂と情熱に溢れた指揮は、年老いたバーンスタインにとって、何にも変えがたい才能に見えたのだろう。
魅力的な人柄が出会いを引き出し、その後押しで実力を見事に開花させた若き逸材、佐渡裕。
関西弁で陽気に綴られたドタバタエピソードの数々に大笑いしつつ、クラシックをより身近に、気軽に楽しんでもらおうという心遣いにも感心させられる。
クラシックが好きな人、将来音楽の道を描いている人、そして「あと一歩」の所で人生を踏み出せずに躊躇している人に、お勧めの1冊。
肩の力を抜いて、自分の人生を生きよう、という気にさせてくれる本です。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とにかく、一気に読んでしまうのがおしいくらい、佐渡さんの音楽感がいたるところににじみでてきています。
それから、とにかく佐渡さんの憎めないドジぶりも随所にでてきていて笑いあり、また感動秘話に涙をしたり、とにかく飽きる事なく、”音楽する喜び”を伝えてくれます。
私としては’世界のオザワ’さんとのかかわりがとても面白いと思いました。
以前は特別佐渡さんのファンではなかったけど、これ読んで今年こそは佐渡さんの演奏会に行くぞと、思いました!
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
2015年冬に徹子の部屋で、佐渡裕さんとさだまさしさんがゲストで出ておられてはじめて佐渡裕さんを知りました。最近NHK教育TVを見てないとは思っていましたが、最近ではなく、ここ30年ばかり見ていなかったらしいとわかりました。
手軽にネット検索出来るようになり、佐渡裕さんのことも調べて見て、この本を読みました。
人間に興味があり、魂に興味があり、偉人に興味があり、幼い子供にかかわる仕事を以前していましたが、Bブロックで一生懸命にイロイロな物を作っていた子は、理系の研究者になっていたり。
佐渡裕さんのこの本を読んで見ても、他の偉大な人の育ち方を見ていても、共通しているのは、生まれた直後からの環境が良い結果に繋がっているということ。
孟母三遷の教えはよくよく参考にすべきだと感じます。
その子の伸びて行く力を後押しする親や周りの環境には、気を配るべきだったのだなと。
才能を伸ばすということに関して、やはり幼児期や小学校低学年の貴重な時間には気を配るべきなんだなあと改めて感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
佐渡さんについてとても興味をもったのはNHKのドキュメンタリーで少年時代の夢であった
ベルリンフィルを指揮した番組を見てからです。

独学で指揮者を目指していく過程の演奏者としての自身や指揮者たらんとする葛藤など
自分の目指すものが焦点定まらない若い頃。
そしてチャレンジャーとしてオーディションにトライアルしていくところなどは
運がいいといわれる人もいるようですが、物事を左右するのは、「本当に実行する」という
ことにあると共感します。
多くの人が同じような発想をしたり、同じような意見を持っていても、
実際に本当に「動く」という勇気と情熱を持った人が少ない。そういつの時代も大衆は批評家。

佐渡さんの行動力が人の縁と運を結び付けていっていることに深い感銘を受けます。
また、その情熱が、小澤氏やバーンスタイン氏の心を動かしたのでしょう。

本人の知らぬところでそうした師匠達や取り巻く人々が応援やまなかったのは
本当に一流へと志決意決断して奮闘する佐渡さんの姿と人柄に呼応したものでもあったでしょうし、
バーンスタイン氏の生前最後の弟子への思いには、仕事を通じて多数の従業員を抱える自分にも
とてもグッとくるものがありました
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック