通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
僕は、字が読めない。 読字障害(ディスレクシア)と... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 にゃんこ堂☆
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため多少のスレ、クスミ、ヤケ, 折れ等がある場合が御座いますが概ね良好な状態です。表紙カバーが画像と異なる場合がございます。商品の発送は注文確定後3日から4日程度を要す場合がございます。発送前の点検時に問題が発見された場合はメールにてご連絡をさせていただきます。発送方法はゆうメールにて発送致します。商品到着までに、天候等により多少の遅れが発生する可能性も御座います事をご了願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

僕は、字が読めない。 読字障害(ディスレクシア)と戦いつづけた南雲明彦の24年 単行本(ソフトカバー) – 2009/8/25

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 776

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕は、字が読めない。 読字障害(ディスレクシア)と戦いつづけた南雲明彦の24年
  • +
  • 怠けてなんかない! ディスレクシア~読む書く記憶するのが困難なLDの子どもたち
  • +
  • 読めなくても、書けなくても、勉強したい―ディスレクシアのオレなりの読み書き
総額: ¥4,891
ポイントの合計: 149pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

LDやADHDは「障害」なんかじゃない!

3度の転校、数々の自傷行為…家族とともに読字障害(ディスレクシア)と向き合った若者の感動の物語。

出版社からのコメント

◆藤原和博氏(元・杉並区立和田中学校校長。現・大阪府知事特別顧問)
ベストセラーとなった村上春樹『1Q84』に登場する謎の少女「ふかえり」、もディスレクシア(読字障害)だった。知らなければ親も教師も我が子をナマケモノと勘違いしてしまう。死のうとまでした南雲氏の物語は辛いが、読むと世界への眼差しが広がる。

◆香山リカ氏(エッセイスト・精神科医)

本書は、ふたつのことを教えてくれる。まずは発達障害のひとつ、ディスレクシアの特殊性を。そして、その障害を持つ南雲明彦自身は、ごくふつうの若者であるということを。これは、"特殊でふつうな若者"の明るい青春記なのだ。

*読字障害<ディスレクシア>であることを公表している有名人*

オーランド・ブルーム(俳優)/リチャード・ブランソン(英ヴァージングループ創業者)/カール16世グスタフ(スウェーデン国王)/シェール(歌手)/トム・クルーズ(俳優)/アンソニー・ホプキンス(俳優)/ジョン・アーヴィング(作家)/リンゼー・ワグナー(俳優)/ジェイミー・オリバー(英国一有名なシェフ)/ノエル・ギャラガー(歌手)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 集英社 (2009/8/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797671939
  • ISBN-13: 978-4797671933
  • 発売日: 2009/8/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 264,912位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
私の子どもは南雲君と同じような、LDの症状があります。一時期、不登校にもなりました。親としては、その気持ちを察していたつもりで、学校復帰も強要はしていませんでした。年を増すごとに、息子は荒れてきて、一時「お前たちに俺の気持ちなんか分かるわけがない!」と叫んだこともありました。携帯依存や夜の暴走もあり、家ではわたしと取っ組み合いのけんかもしたことがありましたが、この本を読んで、彼を受容することができそうで、新しい関係が築けそうな気持ちになりました。我々が察する以上に、日々、相当なストレスがあるのですね。そこを汲んでやれませんでした。どうなるか分かりませんが、カミングアウトしてくれた南雲君に感謝したくなり、レビューに書きました。これからも応援しています。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
彼の講演を聞いた事があります。

時に冗談を交えて悠々と、時に苦しそうに言葉を選んで、、、
辛かった経験談だけにとどまらず、本当に必要な
支援、対応等についても提案されていました。

「今日参加しなかったから、これからも
同じ困難を抱えている人を傷つけていたかも知れない」

そんな気持ちで会場を後にしたことを覚えています。

この本には講演で聞いた話も入っていましたが
新鮮な気持ちで読めました。

特に疑問だった、ご両親の対応や
「本当はこうしてほしかった」など、具体的な
ヒントも多く、同じ困難を抱えている子どもをもつ保護者や
教育関係者の方々にも読んで頂きたい1冊です。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
他の人もレビューで書いてあるように、私もここまで書いてしまって大丈夫かと心配になりました。
簡単に理解されない、見た目ではわからない、そしてなにより自分自身が判っていなかった障害を他の人に理解してもらうためにはここまで「裸」になることなのだと。またそれは南雲さんがこの読字障害(ディスクレシア)という事を深く理解してもらいたい、そしてこの障害で苦しんでいる当事者および家族の救いになればとの想いの深さだと必死の覚悟が伝わってきました。

人は誰でも何かしらの障害(と言っていいのか)を持っていてるのだと考えると、(たとえば視力が悪ければメガネがコンタクトを装着、足が悪ければサポーターや義足等)この南雲さんが持って生まれてしまった読字障害もそれを補う道具や周りの人理解やサポートがあれば、軋轢や摩擦などが軽減され自分自身を認め、もっと生きやすくなるのではないかと思いました。

発達障害と言う言葉が最近当たり前のように言われだしているにも係わらず、それを正しく理解している人はまだまだ少ないのではないのでしょうか。
是非これをきっかけに発達障害について勉強してみるのも良いと思います。

彼を取り巻く人やご家族の暖かさが伝わってきました。
特にお兄さんの「LDとしての弟に関心があるわけではなく、関心があるのは
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は、当事者の発する本と言うことで、かなり期待していましたが、
正直、期待外れでした。
ディスレクシアという障害がどういうものなのか、がまずわからない。
医学的な説明ではなく、南雲さんがどうゆう風に字が読めないのか、どう工夫して読んでいるのか、がわからない。
字が読みづらいという障害をもって、どうやって高校卒業までの勉強をしてきたのか、わからない。
辛く苦しかったことはたくさん書かれていますが、
結局重要だったのは、「家族の愛」?「良き理解者」?
うーーーーん。。。もっと『具体的』にどう対処してきたのかを知りたかった。

著者は、南雲さんではありません。
南雲さんが書いたら(口述筆記でも)、どんな風になってたんでしょうか?
南雲さん著作の本を希望します。
この本の著者の「障害」「障害者」に対する考え方、感じ方に違和感があるのかもしれません。
LDでも偉大な功績を残した人もいる!とか・・・こうゆう記述が大嫌いです。
LDを含めて障害があっても成功する人はあたりまえにいます。
成功しない障害者の方が圧倒的多数です。それは、まさに、健常者と等しく。

南雲さんの父親もディスレクシアの傾向があるのでは・・・という内容が
...続きを読む ›
1 コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック