通常配送無料 詳細
お届け日: 明日 詳細を見る
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon
販売元 "とらや"
出荷元
Amazon

販売元

僕の生きる道 DVD-BOX (デジパック仕様セッ... がカートに入りました
通常配送無料 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ★付属内容: 本編ディスク4枚、ラジオドラマディスク1枚、ポストカード、収納ボックス★動作確認、クリーニング済みとなります。 ★ご注文の受注・梱包・出荷は全てAmazonが対応します。 ★国内配送無料・Amazonプライム・ギフトサービスなども可能です。 ★万一、不備等ございましたら、返品・返金対応いたします。迅速に対応させていただきます。 ★全商品専門の女性スタッフがクリーニングを行い、 出荷前に商品の状態を確認の上、コンディションシートを作成しております。 ★検品担当者より★ 非常に良好な状態です。【キズ】:収納ボックスに少し痛みがございます。 【汚れ】:ほぼございません。

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥23,000
& 対象商品の配送料無料詳細
発売元: オフィスユウ
この商品をお持ちですか?

僕の生きる道 DVD-BOX (デジパック仕様セット)

5つ星のうち4.6 118個の評価

仕様
価格
新品 中古品
DVD 通常版
¥16,980
¥16,980 ¥5,629
DVD 4枚組 ¥3,400
CD・DVD スタンプカード

DVD・ブルーレイ バーゲンストア
バーゲン品、在庫処分品、廉価版など、お買い得商品が盛りだくさん。 ⇒いますぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


よく一緒に購入されている商品

  • 僕の生きる道 DVD-BOX (デジパック仕様セット)
  • +
  • ホテル ビーナス [DVD]
総額: ¥21,679
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • アスペクト比 : 1.37:1
  • Is Discontinued By Manufacturer : いいえ
  • 言語: : 日本語
  • 梱包サイズ : 19.2 x 14.4 x 4.2 cm; 422 g
  • EAN : 4988002448517
  • メディア形式 : 色, ドルビー, ワイドスクリーン
  • 時間 : 9 時間 20 分
  • 発売日 : 2003/6/27
  • 出演 : 草ナギ剛, 矢田亜希子, 谷原章介, 浅野和之, 鳥羽潤
  • 言語 : 日本語 (Dolby Digital 2.0 Stereo)
  • 販売元 : ビクターエンタテインメント
  • ASIN : B000094JA5
  • ディスク枚数 : 4
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 118個の評価

商品の説明

内容紹介

草ナギ剛・矢田亜希子主演TVドラマのDVD-BOX。デジパック仕様セット。

【収録内容】
・ドラマ本編(DVD4枚)
・DVD各巻に特典映像(内容未定)を収録予定
・ラジオドラマ「もうひとつの僕の生きる道 ONLY ONE」(3月4日にニッポン放送でオンエアされたスペシャルラジオドラマ。出演は草ナギ剛・矢田亜希子)(CD1枚)

【初回特典】
・「プロポーズの木」ポストカード封入

Amazonレビュー

   余命一年と宣告された高校の生物教師が、死の恐怖と直面し向き合う中で、生きることの真の意味を見出していく静かなる感動編。ここに描かれる理想的な死出の旅は、あまりにも過酷でせつない。しかし、そんな過酷と反比例するかのように、ドラマは歩みを進めるほどに静かな幸福感で満たされていく。何気ない台詞ひとつひとつから誠実がにじむ脚本と、抑制の効いた演出のトーンとが、絶妙のバランスでこのドラマの真実味を形作っている。
   死を目前にして、何かしらの自分を懸命に刻印しようとする成り行きは、黒澤の『生きる』にイコールだが、日常を丁寧につむいだ演出は小津調だったりするねじじれぶりが面白い。聖職者のような神々しさを放つ草彅剛と、凛とした健気さで主人公を励ます矢田亜希子の静かなる熱演が胸を打つ。台詞に力があり、見せ方にうまみがあり、ドラマのあり方に誠実がある。素晴らしいドラマだ。(麻生結一)

続きを見る