Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 73 (15%)
Kindle 価格: ¥426

(税込)

獲得ポイント:
4ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

Kindle App Ad
[桜井のりお]の僕の心のヤバイやつ 2 (少年チャンピオン・コミックス)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


僕の心のヤバイやつ 2 (少年チャンピオン・コミックス) Kindle版

5つ星のうち4.9 1,981個の評価
5巻中2巻: 僕の心のヤバイやつ

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥426
コミック (紙) ¥499 ¥47
この本はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。Kindle端末では、この本を3G接続でダウンロードすることができませんので、Wi-Fiネットワークをご利用ください。
【Kindleマンガ ストア】: 人気・新着、お買得タイトルをチェック。Kindle端末がなくても、 Kindle Web Reader ならブラウザでマンガがすぐ読める。
このシリーズを全巻まとめ買い シリーズの詳細を見る
価格: ¥ 1,704
割引後価格: ¥ 1,192
割引: ¥ 512 (30%)
獲得ポイント: 12 pt (1%)
上のボタンを押すと注文が確定し、Kindleストア利用規約に同意したものとみなされます

Kindle Unlimited 読み放題対象の少年マンガ

[プライムデー]Kindle本キャンペーン 秋田書店まとめ買いタイトル


登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B07TW38R1N
  • 出版社 ‏ : ‎ 秋田書店 (2019/9/6)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/9/6
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 49073 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効になっていません。
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 164ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.9 1,981個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.9
星5つ中の4.9
1,981 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年9月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
153人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年9月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 繊細に、かつ大胆に、男女の心の距離を描いた傑作。
ユーザー名: TOMO郎、日付: 2019年9月7日
近年稀に見る青春漫画の大傑作と言っても過言ではないだろう。

ゆっくりと、しかし着実に、人が人を好きになっていく初恋の過程が繊細に描かれていく。

少しでも恋を経験した人、恋に憧れを持ったことのある人なら、共感できる点が多々あると思う。

1巻では、主人公・市川が「僕は山田が好きなんだ」と自分の恋を自覚するまでの過程が描かれた。

その時点では、山田の主観は殆ど描かれず、当の山田は市川をどう思っているのかが不明瞭な状態だった。

そこを掘り下げて描いたのが今回の2巻である。

じょじょに視点が「市川の主観」から「市川と山田の主観」へとシフトしていく。

自転車に乗る。雨の日を共に過ごす。飲み物をおごる。マンガを貸す。

そうした日常のありふれた描写から、二人の微妙なすれ違い、感情の揺れ動きが繊細に紡がれていく。

彼らの感情の揺れがピークに達し、今後の新たな展開を予感させたところで2巻は幕を閉じる。

なんと優れた構成だろうか。

ギャグ出身の方だけあって、その描写は基本的にはカラッとしており、ギャグたっぷりにテンポよく展開される。

普通にサラッと面白いギャグ漫画として読むのも十分アリだ。

だが、何回も見返すと、キャラの細かな仕草や表情の変化に気づき、彼らのことがとても愛おしくなってくる。

何度でも読み返したい、そんな魅力に溢れた、とてつもない大傑作だ。

ちなみに、作者のツイッターには番外編が多々掲載されており、こちらも大変見応えがあるので、興味を持った方はぜひ。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
64人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年9月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
52人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2019年9月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告