通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
僕の家には三人の痴女がいる (フランス書院文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 若干カバーにキズがございますが概ね良好でございます★年中無休★午前10時までのご注文分は当日発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕の家には三人の痴女がいる (フランス書院文庫) 文庫 – 2017/4/26

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2017/4/26
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 400

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕の家には三人の痴女がいる (フランス書院文庫)
  • +
  • 義母と温泉旅行【ふたりきり】 (フランス書院文庫)
  • +
  • 熟女家政婦・麻里子と明美 (フランス書院文庫)
総額: ¥2,140
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「先っぽ、ぬるぬるよ。私で興奮してくれているのね」
「いいわよ、きて……キミの童貞、もらってあげる」
「またがってもいい? もっと私で気持ちよくなって」
未亡人ナース(25)、未亡人教師(29)、未亡人大家(38)
抑えきれない淫情に身を焦がしていた可愛すぎる痴女に、
翻弄されて、暴走されて――甘く爛れた同居生活、開幕!

内容(「BOOK」データベースより)

「先っぽ、ぬるぬるよ。私で興奮してくれているのね」「いいわよ、きて…キミの童貞、もらってあげる」「またがってもいい?もっと私で気持ちよくなって」未亡人ナース(25)、未亡人教師(29)、未亡人大家(38)抑えきれない淫情に身を焦がしていた可愛すぎる痴女に、翻弄されて、暴走されて―甘く爛れた同居生活、開幕!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 318ページ
  • 出版社: フランス書院 (2017/4/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829642238
  • ISBN-13: 978-4829642238
  • 発売日: 2017/4/26
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 31,200位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

痴女と書いて〈みぼうじん〉と読ませるタイトルは秀逸なるも、浪人中の主人公は間借り人につき「僕の家」ではない。ただ、我が家のごときハーレムを目論んで居丈高に振る舞い始めた主人公が最後で返り討ちに遭う面白味のある作品ではあった。

シェアハウスのような形で暮らしている2人の未亡人宅の階下に間借りしている浪人生の主人公。雨に降られたことから風呂を借りることになったのだが、そこで見かけた下着に欲情して自慰に耽るのは定番的な始まり方と言える。ただ、これに遭遇した未亡人と勘違いした未亡人という話のレールを2本並べたことで面白味が増しており、妖艶な熟女未亡人が主人公を誘う理由付けにもなっている。序盤の掴みとして巧みな構成である。また、3人目の未亡人が主人公の隣部屋に越してくる形で中盤から登場するのも物語に起伏を与えており、最初から3人が出てきて1人1章で順番に……といった紋切り型の構成を超えている。

1人目でオンナを知り、2人目でオンナに潜む被虐性に気づいた主人公が、かつての担任教師という見知った相手の3人目に対して被虐性を炙り出そうとするのは官能小説的に自然な流れ。男子校でオンナを見せないよう振る舞う女教師の臙脂のジャージ姿という普段の装いは、あるいは
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
誘惑作風と凌辱作風を往き来する作者の最新作は、題名に【痴女】と出して「みぼうじん」とルビを振っているように、大学受験に失敗した主人公【弘明】に対して三人の未亡人がショタコン的な愛情を見せながら誘惑を仕掛ける官能作品である。こう書くと一時のフランス書院文庫で流行った甘々でベタベタな誘惑合戦を想像されるかもしれないが、先に述べたように凌辱作風も手掛けた経験を踏まえてか、硬軟織り交ぜた展開に妙味を感じさせる仕上がりとなっている。

・気品溢れる未亡人【絵津子】(38歳)
浪人生活で一人暮らしを始めた主人公の階上で暮らす大学教授の未亡人かつ大家さんで、雨で濡れた主人公を家にあげて入浴させてしまい、洗濯物をうっかり覗かれて…というのがきっかけである。その悪戯を見られてはいけない人に知られて傷付いた主人公に対して、「童貞をもらう」というオーソドックスな誘惑展開により関係を結んでしまう。

・生真面目な未亡人ナース【由乃】(25歳)
主人公の悪戯を見てしまったのが他ならぬ由乃で、絵津子と関係を結んでいるとは知らずにさぞかし恥ずかしい思いをしたことだろうと心配し由乃が訪ねていくが、初めは年長者の余裕を見せていたものの性体験自体が一度きりという拙さもあり思わぬ反撃を受けてしまう。

・見掛けは女王様気質の元担任教師【夏美
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す