通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
僕の学校の暗殺部 (ファミ通文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕の学校の暗殺部 (ファミ通文庫) 文庫 – 2012/7/30

5つ星のうち 3.5 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕の学校の暗殺部 (ファミ通文庫)
  • +
  • 僕の学校の暗殺部2 たぶん個人的な事情 (ファミ通文庫)
  • +
  • ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック (ガガガ文庫)
総額: ¥1,858
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

身長一五七センチ。同年代女子の平均より一センチも背が低いことは、深作零士にとって切実な問題だった。そんな彼にもう一つ切実な問題が起こる。同じ高校に通う美少女、未但馬裕佳梨が、人を殺す場面を目撃してしまったのだ。人間社会に徒なすとある存在を密かに抹殺する「暗殺部」。彼女はその部員だった。そして零士は、そんな彼女に恋をしてしまった…。暗殺部に入部し、銃をもって殺し合う世界に足を踏み入れた零士の恋と闘争、思春期の物語。


登録情報

  • 文庫: 245ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2012/7/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047282073
  • ISBN-13: 978-4047282070
  • 発売日: 2012/7/30
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 232,650位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
この作品を評価する上で最も問題となるのは文体ではないでしょうか。

とても淡白と言うか記号的と言うか、登場人物の心理や背景・状況の描写がひどくあっさりとしている。
例えば主人公が危機的な状況に置かれた場合、大抵の作品ではそれに対する主人公の恐怖や迷い、判断に至る経緯が描かれますがこの作品はそれが実に簡潔に書かれています。
他の作家が数ページ使って書くところを数十行で済ましてしまうようなものです。
そう言った文体の作品を読んだことはありますが、それらの中でもこの作品はその性質が強いと思います。

私には登場人物が操り人形のような印象を受けました。
何であれ描写が足りず、整然と並べられた事実を延々見せつけられた気分です。
特に主人公とヒロインの仲が発展していく部分は過程を飛ばし過ぎていて、二人が仲良くなる要素が見いだせず感情移入できませんでした。

人物に魅力が無い訳ではないのです。
ただその魅力を引き出せていない、もしくは意図的に出さないのか。
創作においては登場人物の関係性、それを構築するやり取りは重要な骨子なのですがそれがごっそり欠けている。
銃器の描写に力が入っていますが、その力を人物・背景描写に割いて欲しかった。
ページ数が少な
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作品は「ライトノベルというジャンルから一線を越えた」そんな作品だと自分は感じました。なので、普通のライトノベル感覚で読むとグロデスクな描写や性的描写に意義を見出せなくなると思います。

他の方も書かれていますが自分も人物の描写が足りないのではないかと思いました。
登場人物の魅力をもっと前面に出してもいいのではないかと。
特に、主人公が暗殺部に入ってからの成長過程がほとんどなく、それ故にメインヒロインとの関わりはもちろん他の部員とのつながりが薄く感じました。

心理描写については自分は少ないとは感じませんでした。
戦闘シーンの描写や情景からある程度読み取れますし、最後の主人公の描写はとても良かったと思います。

ただ、1巻からメインヒロインが消えるというとても衝撃的な展開で驚きました。
彼女がいたから今の主人公がいて、これからも成長できるはずなのに・・・
2巻も読みましたがやはり物足りなかったです。
思春期の少年を描くにあたっては必要だと自分は思いました。

1巻なのであまり言及できませんが設定などはとても面白いので、「仲間との関わり」や「メインヒロインに取って代わる新たな登場人物」に期待したいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
学園・部活ものを多く執筆している深見真による、暗殺部の物語。
本作で描かれるのは「いるかの子供」に憑かれ「いるか人間」となった者たちと暗殺部の戦いだ。

ふゆの春秋氏によるイラストがとても綺麗であるとともに、
いるか帝国、いるか人間、極秘機関など興味深い設定が散りばめられている。
故に本書自体には、もっと面白くなる可能性はあったものと思う。

しかし、余計な文、余計な傍点が目立ち、作品全体の勢いを減殺している。
動きの速いシーンを、折角疾走感のある筆致で描いているのであるから、
それを生かすべきであったように思う。
また、しばしば盛り上がる場面でもないのに、著者が勝手に盛り上がっている印象を受けた。

暗殺部とそれをめぐる環境など、設定を練り込み、
次巻以降への関心を掻き立てるものとしたことは大したものだと思う。
蛇足が散見される点を改めれば、もっと面白くなると思うのだが、それは期待しすぎであろうか。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「拷問部」「危機管理部」そして今回は「暗殺部」入部はしたくないけど、すごい部活?!

「いるか人間」は怖い。この本を読んでからは現実のニュースなどを見て、加害者は「いるか人間」だったのでは?と感じてしまう。
 
銃はさすがにベテランなので、主人公(初心者)に向けて、丁寧に描写されていて分かりやすい。

章ごとの引用も素晴らしいのだが文字が小さくて少し読みにくかった。

とにかく、続きを早く読みたい!!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック