中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕の好きな人が、よく眠れますように 単行本 – 2008/10/30

5つ星のうち 3.4 31件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 518 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「好きになることとは、こんなにも巨大なことだったのか」北海道から僕の通う大学院にやってきた、魅力的なゲスト研究員。だが、彼女はすでに既婚者だった…。やがてどうしようもなく抑えられない二人の恋の行方は―

内容(「BOOK」データベースより)

こんなに人を好きになったことはありますか?どうしようもなく惹かれあう僕と彼女。だが、ふたりには恋が許されない理由があった…。『100回泣くこと』を超えた、今年最高のラブ・ストーリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 215ページ
  • 出版社: 角川グループパブリッシング (2008/10/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048738887
  • ISBN-13: 978-4048738880
  • 発売日: 2008/10/30
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.4 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 652,316位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
友人が勧めていたのですが、正直がっかりしました。高校生の恋愛話を延々と聞かされてる感じ。高校生が西野カナでも聴きながら読むのにはちょうど良いのかしら。少女マンが風です。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2017/3/28
形式: 文庫
言い回しはとても面白いものが多く読んでいてとても読みやすかった。
けれども木戸さんは結局蚊帳の外だし、クライマックスではどっちつかずの曖昧な表現でとても弱かった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
タイトルにつられて読んでみたはいいものの、中身は期待していたストーリーとは違い、残念…の一言です。かなり長い比喩を繰り返し用いたり、話の本筋がずれるようなことを描写したりするのはこの人の作風かもしれませんが、私には合いませんでした。また、登場人物の意志が二転三転するため読んでいて少し不快でした。恋愛小説なのでその点はしょうがないのかも知れませんが。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
世の中で何人ぐらい、こんな幸せな想いを味わっているものだろうか。
運命の相手と出会ってしまったときの、いつもとは違う恋愛感情、
今までにない力が湧いてくる自分、
どうしようもなく好きになってしまう心模様が細やかに描かれています。

『出会ってから楽しかったこと。一緒にいるときの自分が好きなこと。
そういうときの自分は面白くて、でももっと面白くなれる気がすること。
ずっと優しくいられる気がすること。空かないフタでも、開けられる気がすること・・・。』

こんな感情、一生に何度も味わえるもんじゃない。
だからこそ、忘れずに覚えていたい。死ぬ前にちゃんと思い出しておきたい。
まだこの気持ちを味わっていない世代には、必ず出会えるとあきらめずに信じていてほしい。

とことん明るく、時より笑えるエッセンスを与えてくれる登場人物たちも魅力的。
誰からも相手にされず、オレ流のロマンを追い求める木戸さん。
明るく自由奔放な愛すべき妹。

立場がどうだとか、結末がどうなるのかとか、もう無視しちゃってとにかく読んで下さい。
恋するって最高に素敵!と思わせてくれる一冊です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 B 投稿日 2014/2/20
形式: 文庫
友達に勧められ読んでみて、読み終わったあとに思ったことは、こういう小説はハマる人にはハマるんだな、ということ。しかし私にはかすりもせず、それどころか読み終わったあとに少しモヤモヤが残ってしまいました。
めぐと旦那さんの関係はまったく分からないままだし、せっかくの木戸さんという味のある人物もあまり活かし切れていない気がします。
大切なところは隠したまま、物事の表面だけを、良いところだけを抜粋して並べたような小説です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
確かにこの二人のしていることは不倫である。 でも、そういうことはどうでもいいのだ。 フィクションなんだし。 これだけお互いに夢中になれるか、なったことがあるか、どうだ!ということなのだと思う。 ストーリーがどうこうというより、残像が見えるくらい好き、とか、この世にはまぐれと気まぐれしかない、とかのフレーズを楽しむべき。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 NO NAME VINE メンバー 投稿日 2011/9/6
形式: 文庫
既婚の修士一年生が一年間だけ北海道から東京に出てくるという設定の時点でリアリティがなくてチープ。
読みやすいけど、何か一般人が書いたみたいで、どこか読み応えのない文章。

んー、いまいち!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
中村航さんの本はほっこりする恋愛観が好き。一つの恋愛に対してある障害を主人公がどう乗り越えていくのか。
障害があるからこそ、燃える恋。制限があるからこそ思いを伝えなくちゃと思う。

現実も、何か目標や障害を乗り越えることで1つの恋愛がより実るのかな、と考えさせられました。

最後が少しすっきりしなかったので星3つ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
"ゲスト研究員として、北から女の子がやってきた"
北海道から研究室にやってきたゲスト研究員は小柄な女性で人妻だった。
告白もしていないのにフラれた気分ですよ。

未婚でも、既婚でも、男性でも、女性でも、人を好きになる瞬間ってのはあるもんで、その気持ちがとてつもなく大きくなるときってのあるもんです。
この小説はそんな瞬間を気恥ずかしいくらいに切り取った作品で……えっと、つまりそれだけです。そういう小説です。

「……だけなのかしら」のやり取りなど大好きですが、ちょっとくどすぎて小説として楽しめませんでした。残念。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー