通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙にヤケあり。★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕の叔父さん 網野善彦 (集英社新書) 新書 – 2004/11

5つ星のうち 4.3 28件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕の叔父さん 網野善彦 (集英社新書)
  • +
  • 日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)
総額: ¥2,052
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本歴史学を大転換させた網野善彦の評伝。
日本の歴史学に新しい視点を取り入れ、中世の意味を大転換させた偉大な歴史家・網野善彦。彼の義理の甥として、幼い頃から濃密な交流を重ねてきた著者が切ないほどの愛を込めて描く網野の素顔。

内容(「BOOK」データベースより)

日本の歴史学に新たな視点を取り入れ、中世の意味を大きく転換させた偉大な歴史学者・網野善彦が逝った。数多くの追悼文が書かれたが、本書の著者ほどその任にふさわしい者はいない。なぜなら網野が中沢の叔父(父の妹の夫)であり、このふたりは著者の幼い頃から濃密な時間を共有してきたからだ。それは学問であり人生であり、ついには友情でもあった。切ないほどの愛を込めて綴る「僕と叔父さん」の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 186ページ
  • 出版社: 集英社 (2004/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087202690
  • ISBN-13: 978-4087202694
  • 発売日: 2004/11
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,332位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 小熊英二「民主と愛国」の中に、石母田正らを中心とする民衆史構築の運動のことが、結局は破綻した試みとして紹介されている。その一翼を担っていたのが、中沢家に初めて現れた頃の網野善彦ということになる。実際、本書の冒頭で、網野は常民文化研究所の研究員であり、幼い中沢に石母田らの「物語による日本の歴史」をプレゼントしたりする。
 しかしこの後、中沢の筆はその線での網野の動向を追うことはしない。焦点はほとんど中沢家との交わりに当てられ、網野の歴史学上のアイディアが、ほとんどすべて、そこで胚胎されたかのように話が進んでいく。
 それが嘘だとは言わない。記述はとても説得的だし、感動的だ。ジャック・タチの映画を思わせるタイトルも洒落ているし、中沢家の人々と網野の対話の場面は、大江健三郎の小説でも読んでいるのかと錯覚するようなリズムとユーモアを漂わせている。でもだからこそ、網野の歴史学をここまでスタイリッシュで見通しよく整理していいものか、という釈然としない気持ちも湧き上がってくる。中沢と赤坂の対談集「網野善彦を継ぐ」でもそうだったが、中沢の描く網野の思想は、中沢自身の語った思想とあまりにも共振し過ぎている。
 言い落とされたことがある、というのが私の印象だ。たとえば網野晩年に中沢と一時疎遠になったという、その理由を、もう少し突っ込んで聞きたかった。追悼文にふさわしくない、とは思わない。 
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ib_pata トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/11/22
形式: 新書
網野善彦さんは、中沢新一さんの叔母さん(父の妹の真知子さん)と結婚することによって、中沢家に出入りするようになったわけだが、その偶然によって、クリスチャンから共産党員へという、第二次世界大戦後に確かにあった良心の遍歴の典型であったような一家との交流を重ねていく。さらには、それよって中沢新一さんとの40年以上にわたる「人類学で言うところの『叔父-甥』のあいだに形成されるべき、典型的な『冗談関係』を取り結ぶことにもなった。この関係の中からは、権威の押し付けや義務や強制は発生しにくいというのが、人類学の法則だ。そして精神の自由なつながりの中から、重要な価値の伝達されることがしばしばおこる」(p.14)関係も始ったわけだ。
 中沢さんも、ずうずうしいとは断りながらも、同じ「叔父-甥」関係であるデュルケームとモースになぞらえながら「その友愛のいかに深く、いかに得がたいものであったかを、このようしてその叔父を失った今、空の青さのように痛感する」(pp.14-15)と書いている。
 この本を読むと中沢家と網野さんは、実に三代にわたって、濃密なコラボーレーションを積み重ねるのだが、その中でも重要なのは、網野さんの出世作となったというより、日本史研究の転換点となるかもしれない『蒙古襲来』を執筆する重要なキッカケを得ることになる父・中沢厚さんとの会話だ。それは「飛礫(つぶて=投石)
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本を読むまでは網野さんと中沢さんと、「学者セレブ」の世界の人かと思っていたが、さにあらず。中沢さんの四代前のご先祖さんは山梨で生糸の生産と藍染めを生業とする人で、山梨では山の民の流れを汲む異界の人の末裔として見られ名士だった。中沢さんのお父さんはマルキスト。で、このお父さんが参加していた常民文化研究所の集まりに網野さんが来ていて、その関係でお父さんの妹さん(中沢新一の叔母さん)と網野さんが結婚した。こういう関係は決して「学者セレブ」とは言えないだろう。

そして、網野さんも中沢さんもそのお父さんも「トランセンデンタル(Transcendental)」=「人間の心の中にある、現実の世界での五感からの影響や経験の及ぼす働きから完全に自由な領域があり、この自由な領域こそが人間の本質を作っているのだという思考法」に憑かれた。トランセンデンタルな人々が山の民や海の民であり、トランセンデンタルな場所が無縁・公界・楽であり、中沢新一は人の心の中にあるトランセンデンタルな領域を実体験する為に自らチベットに行ったのだろう。このように全てが有機的に繋がり合うのだ。何と真摯で美しい人間の繋がりだろうか。

中沢新一が5歳の時から始まった網野さんとの魂の交歓。中沢さんが長じても網野さんは「叔父ちゃん」であり続けた。が、90年代前半の頃だったのだろうか、二人がそれ
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kaz-p VINE メンバー 投稿日 2004/11/23
形式: 新書
小谷野敦の本に、中沢新一の本はインチキだとか、
網野善彦に著作権侵害でよく訴えられないものだ、
なんて酷評されている中沢さんの本なので、
プチ小谷野ファンのぼくとしては、ちょっとワクワクして
手に取りました。
こういう、肉親、またはそれに近い者同士の
コラボレーションって、いいな、すごいな、
というのが読後の感想です。
学者として、あまりに恵まれた環境に生まれた中沢氏への、
ひょっとしたら小谷野氏の嫉妬が入っていたのかも、
とも感じました。
ま、こういったことを抜きにしても、読み物として非常に
面白く、網野善彦の名を知る皆様にお勧めできます。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー