通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
僕とカミンスキー がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕とカミンスキー 単行本 – 2009/3/1

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,541

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕とカミンスキー
  • +
  • 名声
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 20pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

全世界的ベストセラー『世界の測量』の著者ダニエル・ケールマンを有名にした出世作、待望の邦訳。芸術で挫折した、無名な美術評論家ツェルナーと最後のシュールレアリスト、マチス最後の弟子で盲目の画家カミンスキーのロードムービー風物語。

内容(「BOOK」データベースより)

芸術で挫折した、無名な美術評論家と、マチス最後の弟子で盲目の画家カミンスキーの2人の奇妙な旅を綴ったロードムービー風物語。全世界的ベストセラー『世界の測量』の著者ダニエル・ケールマンの名を世界に知らしめた出世作、待望の邦訳。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 三修社; 初版 (2009/3/1)
  • ISBN-10: 4384041950
  • ISBN-13: 978-4384041958
  • 発売日: 2009/3/1
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 547,337位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
2008年に邦訳された「世界の測量」で世界的ベストセラー作家となったケールマンの前作で世界に向けて初めて才能が開花した話題の出世作の紹介です。最初に本書は決してあとがきから先に読まれませんようにと助言致します。翻訳者による詳細な要約が書かれていて、あらすじや仕掛けがはっきりと解ってしまいますので、くれぐれもご注意下さいね。本書は副題「盲目の老画家との奇妙な旅」が示す通り、芸術大学の受験に失敗し挫折した31歳の無名の美術評論家が伝記を書こうとマチス最後の弟子にして偉大な盲目の画家カミンスキーと二人で奇妙な旅をする物語です。若造ツェルナーはカミンスキーを知る人々にインタヴューする取材費や画家本人の散財でどんどん所持金が減って来て果てはクレジット・カードも使用不能になってしまったり、同棲中の恋人エルケから新しい恋人が出来たからと絶縁を言い渡されたりといった散々な運命に見舞われて行きます。そして老画家カミンスキーは一見無力な老人に見えて、ツェルナーを強制し最初に愛した女性テレーゼの住む場所へ一緒に旅に向かわせたり、旅の途中のホテルの部屋に勝手に娼婦を呼んだりと、実は自分の思い通りに状況をコントロールするしたたかな性格を露わにして行きます。本書の面白さは傍若無人な老人に振り回されて唯々諾々と従って来た若造が、最後にすべてが徒労に終ったと気づいた時に、落胆と虚しさの思いを振り切って老人を少しも...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ストーリーは凡庸だ。しかしながら私はこれを著者の文章芸術上の挑戦的意欲作と読んだ。その文章技巧については訳者あとがきにゆだねるが、本書は、著者のそういった技巧的意図を読みつくした訳者による名訳といえるのではなかろうか。 -- もっとも、かくいう私は原書を読んでいない(読めない)ので拙評はあくまで想像の域を出ないのだが。--
さて、そうしたわけで、本書はただ漫然と読むにはもったいない小説だ。ただストーリーを追っていくだけの読み方をするならば、読者は大した満足を得られないことだろう。挑戦的な著者は、読者にもある程度の文学的姿勢を求めるのだ。言ってしまうならば、本書は、ある意味「読者を選ぶ」小説であり、選ばれた読者にとっては、二度三度読むことによってスルメ的に味わうことの出来る名著となるだろう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告