Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 563

¥ 63の割引 (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[三部 けい]の僕だけがいない街(8) (角川コミックス・エース)
Kindle App Ad

僕だけがいない街(8) (角川コミックス・エース) Kindle版

5つ星のうち 4.2 91件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 僕だけがいない街(角川コミックス・エース)の9の第8巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 563
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 1

紙の本の長さ: 210ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

売れない漫画家だった藤沼悟。彼は自分の身にのみ起きる「再上映(リバイバル)」という特殊な現象に巻き込まれた結果、何を“得て”何を“失った”のだろうか…。自分の人生をやり直すことになった彼が、辿り着いた“時間”に待っていたものとは一体何だったのだろうか…?TVアニメ・実写映画にもなった大ヒット時空間サスペンス!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 75575 KB
  • 紙の本の長さ: 213 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2016/4/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01E8BNEA4
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 91件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
8巻まで一気に読んだ。作者は途中、健康を崩し、この作品一本に絞って書き続けたという・・・
まさに命を削った傑作だった・・・これからもお体に気をつけて妥協なく傑作を生み続けてほしいです。
ひとまず、おつかれさまでした!!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まる太郎 投稿日 2016/6/12
形式: コミック Amazonで購入
よく練られたストーリーで一気に読み込んでしまいます。本当に面白い漫画です
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 ネタバレちょっとだけあります。

 素晴らしい最終巻だった。アニメと映画の終わり方に大きな不満があったのでマンガには期待していた。逆に、こんなに期待してしまったら、どれだけよい内容でもがっかりしてしまうのではないかと、怖かった。しかし。そんな心配はいらなかった。素晴らしかった。では、何が素晴らしかったのか。
 無限に感想が書けてしまいそうなので、あえて一点に絞れば、それは、悟のリバイバルの事実を八代が認めたその瞬間にこそある。悟は言う。「先生には15分のアドバンテージ…僕は18年のアドバンテージでやっと五分だよ」。逆に言えば、八代とはそこまで神がかった犯罪者で、まさに神殺しのような奴だった。アニメや映画はその凄みを結末で処理できていなかったため、八代がとんだ小悪党になりさがっていた。でも、この最終巻は違う。悟以外の誰もが受け入れることができないような「再上映」という奇跡の力を「世界中で唯一人僕だけが信じられる話だ」と彼は言う。このとき私たち読者もあるカタルシスを共有する。私たちは悟が何度もリバイバルしたことを知っているのに、作品内の人物はそれを一切知らず、悟ですらその記憶を失いそうになっていたのだ。だが、それだけの奇跡を結集して戦っていたということが一向に無視されたままでは、私たちもやりきれないではないか。そしてその気持ちを掬い取ってくれるのが「唯一
...続きを読む ›
コメント 258人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
作中の言葉を借りれば、心の穴を埋める、ということなんだが、
物語を進める力の最たるものは喪失や渇望を、取り戻し、勝ち取ろうとする力だと思う。

そしてこの漫画では、序盤で失ったものを中盤で取り戻す。
雪国の厳しい寒さのなか、殺人犯の正体の見えない恐怖に打ち勝ち、心温まる救済。
読んで良かったなぁ…

だけどさ、失った幸せを取り戻した主人公にもう苦しみってなくなっちゃったのだ。
あとは敵を倒すだけ!でもみんなに囲まれて幸せなヒーローが不幸のあまり性格のねじ曲がった悪者をやっつけて何が面白いんだ…?
説教でもしたいんか?
こういう漫画ってなんか多いと思う。

失ったものを取り戻して幸せになっちゃった人間にはもう物語を強力に動かすだけの理由がなくなってしまう。
憎しみとか、悲しみとか、不安とか、孤独…。なぜか幸せより不幸のほうが人間を奮い立たせる。
皮肉なことだと思うが、苦しみを抱える人間がいる間しか、物語って力強さを持てない。

だからさ、終盤、主人公を失った仲間達が、主人公を取り戻す展開にできなかったのかななんてね。
素人考えのつまんない妄想してしまうよ。

読みが甘かったらごめんね。
でももっかい読むよ。途中までゾクゾクするほどすごかったよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
1巻を読んで続巻が出るのがこれほどまでに楽しみで仕方なかった漫画はあまり記憶にないです。
ほんと、漫画でこれほど引き込まれたのは久しぶり!
なんですが…正直6巻最後からあまり惹かれなくなりました。

いや、シチュエーション的には全編通して超面白い状況なんですよ。
SF+サスペンスという2タイプの展開を、物語としても破たんさせずに、最終巻で上手く集束しています。

物語の前半はリバイバルという不思議な要素に引き込まれ、
アイリというヒロインとともに謎に立ち向かうストーリーに単純にぐいぐいと引き込まれました。
中盤の少年時代は、いわば本人が薄れかかっていた記憶を呼び戻していく展開なので、
無知である読者も違和感なく一緒になって物語に沿えることができます。
そういえばこんな事もあったなと悟が思い出す行為は、読者の新しい知識としてうまく消化できる感じ。

でも悟が再び目覚めたところから、それまで自分自身もほとんど悟と同一の一人称視点で物語に浸っていたのが、
突然三人称視点に引き離されてしまった。
例えばラストで悟はある秘密の作戦を実行していますが、読者であるこちらにも知らないように実行しています。
もしほかの登場人物が「実はこっそり
...続きを読む ›
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover