通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
僕たちは戦後史を知らない――日本の「敗戦」は4回繰... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 にゃんこ堂☆
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため多少のスレ、クスミ、ヤケ, 折れ等がある場合が御座いますが概ね良好な状態です。表紙カバーが画像と異なる場合がございます。商品の発送は注文確定後3日から4日程度を要す場合がございます。発送前の点検時に問題が発見された場合はメールにてご連絡をさせていただきます。発送方法はゆうメールにて発送致します。商品到着までに、天候等により多少の遅れが発生する可能性も御座います事をご了願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

僕たちは戦後史を知らない――日本の「敗戦」は4回繰り返された 単行本(ソフトカバー) – 2013/12/4

5つ星のうち 3.7 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2013/12/4
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 779

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕たちは戦後史を知らない――日本の「敗戦」は4回繰り返された
  • +
  • 愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった
  • +
  • 戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 134pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「戦後の歴史を知る」とは、過去と現在の必然的な関連を知ることだ
現在は、過去とどうつながっているのだろうか。
出来事がどのような形でつながり、積み重なっていったのか、その因果関係や必然性を理解する視点を持つのが「歴史を知る」ということである。
過去、日本は同じような出来事を繰り返してきたが、本書ではこれを「歴史のリピート機能」と捉える。
1975年に高度成長の終焉を迎えた日本は、バブル経済の崩壊を1991年に迎えた。
1980年代に中曽根政権下では電電公社、専売公社、国鉄が民営化されたが、2000年代にも道路公団、郵政事業の民営化が行なわれた――。
こうした戦後史観によって、1945年以後の日本のあり方について、首尾一貫した必然性のもとに歴史をとらえる視点を見出していくのが、本書の狙いである。

第1章:「終戦」を疑え(1941年~1947年)
第2章:「負けるが勝ち」のカラクリ(1945年~1948年)
第3章:占領の舞台裏をさぐる (1945年~1949年)
第4章:幻想を捨てずに独立する方法(1949年~1959年)
第5章:高度成長という風景(1960年~1972年)
第6章:戦後は終わっても終わらない(1972年~1980年)
第7章:螺旋階段の30年(1980年~)

内容(「BOOK」データベースより)

玉音放送の流れた日だけが敗北ではない。この国は今なお「敗戦直後」を生きている。「歴史のリピート機能」を鋭く剔出した、かつてない戦後史の視点!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 292ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2013/12/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396614780
  • ISBN-13: 978-4396614782
  • 発売日: 2013/12/4
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 296,150位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
負け惜しみでなく、負けたことを受け入れ、新たな勝利を目指して国造りに邁進しなければ延々と続く迷走に陥る。

「ファンタジーの戦後史」とは、敗戦を受け入れず、現実逃避し、「負けたから頑張ろう」でなく、「負けても、負けていないのだから頑張ろう」とする結果的には、「何でもあり」という正当化のために構築された無責任な幻想である。
戦後史とは、これをどうにか隠蔽しようとして日本人が知恵を絞ってきた過程とも言える。
それは、1990年前後までは成功した。世界レベルでの繁栄を獲得したのである。しかし、現実逃避はいつまでも続かない。バブル崩壊をきっかけに、日本は延々と続く迷走に陥った。

原発事故における第二の「敗戦」というフレーズは、敗戦を終戦、占領軍を進駐軍と言い替えた日本人がそろそろ幻想を捨て去り、現実に向き合おうとする予兆かもしれない。
日本人のホンネは、あの戦争に負けたが、実は負けていないだった。
大東亜共栄圏について否定したふりをしながら戦後の世界新秩序と同じではないかと考えた。
「ファンタジーの戦後史」の下では、「保守」と「左翼」の対立など表面的な違いに過ぎない。双方とも幻想のおいしいとこ取りしたのであった。そして、アメリカに対しては、「負けるが勝ち」を決め込んだのである。
「左翼」の
...続きを読む ›
2 コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 INAVI トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/1/21
本書は、戦前・戦後という概念への異議申し立てに始まり、敗戦・占領をファンタジーに転化した日本人が、保守型と左翼型の二つのファンタジー思想に一見分かれ、戦前・占領期、高度経済成長期、経済大国期、現在に至るなんでも改革期の4つの段階すなわち4つの敗戦を誤魔化し続けた歴史を、政治・経済・社会・外交等の多面的側面から検証した一冊。細かい内容としては先達・海さんのレビューを一読いただきたい。

著者は、正当な保守思想を有する評論家であり、未だにその鮮烈さが記憶に残る「ゴジラとヤマトとぼくらの民主主義」でのデビュー以来、一貫して戦後そして戦後の政治思想を冴えた切り口で論じ・批判し続けている。民主党政権の大失敗とその最中から続く原発と中国外交を巡り、今更ながらに賑わう保守・右翼vsリベラル・左翼を名乗る者同士のいがみ合いが一つの旋律として流れ続ける今の日本を考える上で、非常に有意なテキストと評価したい。

率直に云えば、個々の評価・議論・表現にはアクロバティック、ペダンチックな部分があるし、マニアックにツッコミたい部分もある。(「日本沈没」「ノストラダムスの大予言」とつながる東映映画は、著者の原点の一つでもあるゴジラ映画の終焉からのスピンオフであろうし、武智鉄二またヘアヌードに言及するなら「白日夢」に触れぬのは片手落ちだろうとか)
しかし、そこに
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ブラジル移民の「勝ち組」が戦後20年(?)だかして一時帰国して得た結論は (1) 東京はビルが建ち並び、未曾有の繁栄を遂げているし (2) 宮城に天子様がご健在だからやっぱり日本は負けてない。

一億総欺瞞を難じる著者は現実を直視せよ、と説く。しかし敗戦で茫然自失した者に現実直視の要求はいささか酷である。現実逃避しなければ、アイデンティティ の危機を招くのだから。実際率直に敗戦の現実を認めた人も少なからず存在したが、彼らは自ら命を絶ってしまった。

戦前はいつ始まるか。歴史にイフがなければ満洲事変 (1931) からだろう。翌年の五・一五事件を経て、二・二六事件 (1936) が勃発、翌 (昭和12) 年に日華事変(当時の呼称は支那事変、現在は日中戦争)、このあたりから敗戦まで日本はファッショ体制である。日本はアジアの盟主を自負し、暴支膺懲、八紘一宇を掲げて中華民国との戦争に臨んだ。1939年から41年にかけて国民政府の拠る重慶を爆撃し一万人規模の民間人の犠牲者を出したが、戦争は泥沼化し1941年12月の日米開戦の時点で事変解決の見込みが立たなかった。世界新秩序の形成を目指すと呼号する大東亜戦争(今は第二次世界大戦)に大義が果たしてあったのか。戦争の実態を認識できていたら戦に負けて理念に勝ったなどとは思わず、自己欺瞞に陥らずに済んだだろうに。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
本書の著者の佐藤氏は、戦後日本には「敗戦」と呼ぶべき状況が四度あり(文字通りの敗戦、第一次石油危機に端を発する不況、冷戦終焉・バブル崩壊に伴う不況、東日本大震災と福島原発事故)、四度の「敗戦」では付帯して毎度似たような現象が起こっていることを巧みな描写で解明します。さらに、本来ならばその時に「ファンタジーの戦後史」(負け惜しみ)から抜け出さねばならなかったのだという視点から、この戦後という時代のグロテスクな面を抉り出していっています。

「「ファンタジーの戦後史」を捨てるだけで、日本人が強固な仲間意識で結ばれると期待するのはムシがよすぎる。けれども恋愛に憧れつつ恋愛不能に陥ったり、ひたすら周囲の空気を読んで合わせようとしたりといった傾向に歯止めをかけることはできるだろう」けだし至言です。福澤諭吉の言う「独立自尊」にも通ずるところがあると思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック