通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
僕たちは世界を変えることができない。But, we... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. (小学館文庫) 文庫 – 2011/7/6

5つ星のうち 4.6 40件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. (小学館文庫)
  • +
  • それでも運命にイエスという。 (小学館文庫)
総額: ¥1,028
ポイントの合計: 32pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

カンボジアに学校を! 向井理主演映画原作

向井理主演で2011年秋に公開される同名映画の原作ノンフィクション。医大生の甲太は受験勉強をして大学に入ったものの平凡な日常に疑問を抱いていた。そんな彼が、<150万円を寄付すればカンボジアに小学校が建つ>というパンフレットを偶然見かける。「これだ!」と感じた甲太は、仲間を募り、クラブでのイベントを企画して、何とか150万円の捻出をはかろうとする。それと同時にカンボジアにも出かけ、売春宿で働く少女たちやエイズの問題、地雷除去やゴミ山で暮らす人たち……などの過酷な現実に触れ、自分たちとのダメさ加減と正対することになる。けっしてきれいごとだけを書いているわけではない彼らの行動は読む者に勇気と元気を与えるものとなっている。笑って泣けて考えさせられる青春ストーリー。 TV「王様のブランチ」でも取り上げられ、“いま、自分に何かできることは?”と多くの人の共感を呼び、話題沸騰のノンフィクションを文庫化。


【編集担当からのおすすめ情報】
2011年9月23日(祝)に全国公開される同名映画の原作です。

内容(「BOOK」データベースより)

医大生の甲太は受験勉強をして大学に入ったものの平凡な日常に疑問を抱いていた。そんなある日「百五十万円寄付してもらえればカンボジアに小学校が建つ」というパンフレットを偶然見かける。これだ!と感じた甲太は、勢いで仲間を募り、クラブイベントを企画して、寄付金の捻出をはかろうと奔走する。同時に、カンボジアにも出向き、地雷除去、ゴミ山で暮らす家族、売春宿で働く少女やエイズ問題などの過酷な現実に触れ、自分のダメさ加減と正対することになり…。決してきれい事だけではない、一歩踏み出す勇気を与えてくれるノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 186ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/7/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094086269
  • ISBN-13: 978-4094086263
  • 発売日: 2011/7/6
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 104,618位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
ある大学生が、立ち寄った郵便局で何気なく手にしたパンフレットで、
「150万円寄付すればカンボジアに学校が建つ」
と言うことを知り、友人たちと協力し金を集め、本当に学校を建ててしまった・・・
その軌跡を描いたドキュメンタリーです。

本人の綴るその文章には、着飾った言葉や、目を背けたくなる部分を覆い隠す姿勢は一切なく、一大学生が自分の視線で、思ったこと、感じたことをそのまま表現しています。

そのため、時には自分を卑下し、でもそのことを素直に受け入れたり、時には下ネタ的な表現になったりと、一見、出版本としては相応しくないように感じる点も含め、彼自身の等身大の表現として、好感が持てます。

それは、やはり彼(彼ら)の行動力と情熱に、読者が魅了されるためだろうと感じました。

AIDS、内戦、地雷、ゴミの山に暮らす人々、そして教育事情など、カンボジアの本当の姿を垣間見ることができ、最後に学校が完成した時、共に嬉しい気持ちになれる、そんな本です。
1 コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
きわめて人間的で、その意味で希有な作品だと思います。

一医大生が150万円を集めて、
カンボジアの片田舎に小学校を建てる物語です。

この作品は、
下ネタが多すぎて、
どこの出版社からも出版を断られてしまい、
結局自費で出版したそうです。

そのため、出版社からの校正がなされておらず、
下品な話とか、拙い文章とかも散見されます。

しかし、それだけ赤裸々に綴られているとも言えるし、
何よりも著者の気持ちがダイレクトで伝わります。

カンボジアの悲しい歴史を学んで涙する一方で、
日本に帰るとすっかり忘れてしまう。

誰かの役に立ちたいと思う一方で、
その実やっぱり自分が一番かわいい。

それでも、人のために学校を建てることができて嬉しかった。

でも、貧しい暮らしは相変わらずで、
たいして役に立たなかったではないかという疑問が生じる。

確かにそうだろうと思います…。
でも、その正直な気持ちを綴っている点がいいと思います。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
テレビや新聞で悲惨なニュースを聞けば
同情し、時に涙し、その人のことを思う。
それでも次の瞬間には、次の日には、そんな事は忘れて笑って暮らしている自分がいる。
本当に涙し、その人の事を思うなら、声に出すか行動にうつさないと事態は何も変わらないはず。

結局、僕は自分自身が一番大事なんです。
嵐から抜け出せば人の痛みに無関心で、自分のことになると泣き喚くわけ。

だけど、『なんだかなー』と思う大学生活を変えたい。
中途半端に大学に行き、バイトも手抜きし、日々の暮らしにあーでもないこーでもないとグダグダ文句を言っている。
自分のやりたい事ってなんだろう?

今の生活が不満なら、自分で行動してかえるしかない。
それが自己満足でも偽善者でも何でもいい。
もう誰の声も聞こえないとこで平和や戦争反対だのって叫ぶことはやめた。
グダグダ言う前に自分は行動してやる。
(本文より少し変えて引用)

共感できたし、自分自身の視野も広がったと思う。

これを読んで実際にいろんなNGOの方々の話を聞いたりしに行くようになった。

難しい言葉がいっぱい詰まった本なんかより

ずっと人間の本心に突き刺さる、本当にすばらしいことが書かれてあると思う。
1 コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ふつーの大学生がカンボジアに小学校を建てるまでの日記。

国際貢献のために、何かやってる?
そう聞かれたら私は何もできてないな、と。
頭の中で考えていても、行動していないんです。
少なくとも、この本の著者の葉田さんは具体的な行動に移してる。

「誰かのために何かをする喜び」は
  それは時として
「自分のために何かをする喜び」を上回ること。

すごく共感しました。
実際そうなんです。人が喜べば、自分も嬉しい。
そんな温かい感覚。忘れたくないです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す