通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
僕たちはガンダムのジムである (日経ビジネス人文庫... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少々使用感ございますが、比較的キレイな状態です。東京都よりゆうメールで出荷致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

僕たちはガンダムのジムである (日経ビジネス人文庫) 文庫 – 2015/12/2

5つ星のうち 3.4 38件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 918
¥ 918 ¥ 36
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕たちはガンダムのジムである (日経ビジネス人文庫)
  • +
  • キャリア教育のウソ (ちくまプリマー新書)
  • +
  • それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書)
総額: ¥2,559
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世の中は、1%の「すごい人」(ガンダム)ではなく、99%の「その他大勢」(ジム) が動かしている。

『機動戦士ガンダム』に登場する量産型モビルスーツ・ジムから「普通の会社員の幸せな働き方」についてメッセージを送った、あの話題作がついに文庫化!

文庫化に当たって、 ・書き下ろしコラム 「働き方論争の行方」「『働き方改革』より『働かない革命』」
・<対談>馳浩文部科学大臣 「歯車」としての誇りと責任
・<対談>社会学者・田中俊之氏 ガンダム世代<40男>の受難と未来
等を新たに収録。

内容(「BOOK」データベースより)

僕たちサラリーマンは、ガンダムではなくジムなのだ。装備が貧弱でいつもやられる―『機動戦士ガンダム』に登場する量産型モビルスーツ・ジムから、「普通の会社員の幸せな働き方」についてメッセージを送った、あの話題作がついに文庫化!書き下ろしコラム、文部科学大臣・馳浩氏、社会学者・田中俊之氏との対談を追加収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 272ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2015/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532197821
  • ISBN-13: 978-4532197827
  • 発売日: 2015/12/2
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 150,645位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
和製英語と思われるカタカナが散乱していて、読みづらい。
著者は、この本が一番の出来だと悦に入っているようだが…
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ガンダム好きの自分にとってとても興味深い一冊。ガンダムには「君は生き延びることはできるか」という一節があるが、本書ではガンダムを通じて一般のサラリーマンの生き方が考えられている。ガンダムを見ているとあたかもガンダムやシャアなどのエリートパイロットが戦いを左右しているように思えるが、実際には戦いはザクやジムなどの汎用的なモビルスーツの戦場への投入、そこでの作戦の巧拙などのによって決まってくる。我々サラリーマンの世界も「スターはいらない、着実に仕事をこなすパーツが必要なのだ」と言われるが、まさにこの一言はジム的人間が如何に求められているかということを表す一言に思える。そもそも明治維新以降、日本は皆が一致団結して国力を増強させようという戦略の中で、軍隊的に無理に集団に括り付けているのが「御国の文化」である。ネットバブルの頃は「一緒に死ぬまで仕事頑張ろう」といい、ワークライフの現在は「一緒に早帰りしよう」という。「一緒に」というところがポイントであり、個々の自由には抑制的なのが軍隊的サラリーマン社会の特徴だと思う。この流れはそもそも学校社会から始まっていると著者は論じている。学校教育はガンダムを生産せずにジムを生産しているのだ。記憶重視で詰め込み傾向のある日本の学校教育だが、これは事務処理能力を高め、言われたことをきちんとやる、嫌なことも我慢するという、まさにジムとしてのバリューが重視され...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
一部の出来る人(=ガンダム)ではなく、
おおぜいの普通の人(=ジム)で
世の中は回っている。全くそのとおりだ。

そう、僕たちはジムだ。
ただ、ジムと自覚して働き続けてるのは、それはそれでツライのだ。
ガンダムになれるかもしれない。そんな希望がなければ、
ジムとしてもやっていけないのではないかな。

ジムが大切と言ってる著者だって、
ガンダムを目指しているように見える。
サラリーマンを辞め、ライターをやりながら、大学院に通う。
ノマドな人たち同様、いやそれ以上に「意識が高い人」だ。

仕事というフィールドで、
たぶん9割の人間はガンダムになれないだろう。
仕事だけが人生ではないというフレーズは、
手垢がついた言い方だけど、
この真理に自覚的にならないと、
つまらない人生を送るはめになってしまう。
何も仕事だけでガンダムになる必要なんてない。
それ以外の、毎日の中で、ガンダムになれる瞬間はあると思うのだ。

好きな人に思い切って告白する。
友だちが傷ついた時、朝までいっしょに酒を飲む。
子どもが熱を出した時、仕事を投げ出して病院に連れて行
...続きを読む ›
9 コメント 325人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ガンダムという、この本を手に取りやすい世代にはどストライクな材料を使っているのに、結局それを活かし切れずに不発で終わったような感じがしました。

書いてあることはよくある内容で、特筆する点はありませんでした。「世の中は1%の…」に期待して読んだのですが…少し残念です。

わざわざガンダムを引っ張り出す必要があったのだろうか?私には、かえってマイナスに働いているように思えました。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ジムはあくまで兵器の一種であって人間をそれで例えるなよ。
「僕たちはガンダムのオールドタイプである」ならまだ話はわかる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
常見陽平氏の本を初めて読んだ。ガンダムに登場する量産型MSジムを社会人一般にたとえ、その生き方を説いている。

大くの人は自分はガンダムであり、ガンダムを目指そうとする。しかし結局大部分はジムとして生きるしかない。それを認めるべきだ。

というのが、著者の主張であろうか。内容としては面白く、無理やり感はあるが、ガンダムとのつなぎ方も面白い。

ただしここで述べられているジムというのは、洒落ではないが「事務」職、ホワイトカラーの労働者、さらに正社員を念頭に置いている。確かに正社員は多いが、今や圧倒的に多いのが非正規社員であり、「事務」になりたくてもなれない人が多いのである(もちろん非正規の事務職もあるが、就くのは簡単ではない)。

したがって、本書を読むのが正社員なのか、非正規なのかで受け取り方はだいぶ違うのではないだろうか。

もちろん著者は非正規、フリーターに関する問題に対しても主張しているので、彼らを無視しているわけではないし、一冊の本にそこまでまとめるのは、難しいであろう。ジムにもなれない人はどう生きるべきか、それを考えていかなければならない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー