通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
僕たちの前途 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

僕たちの前途 単行本 – 2012/11/22

5つ星のうち 3.3 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕たちの前途
  • +
  • 働き方は「自分」で決める (講談社文庫)
  • +
  • だから日本はズレている (新潮新書 566)
総額: ¥3,434
ポイントの合計: 104pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

上場はしない。
社員は三人から増やさない。
社員全員が同じマンションの別の部屋に住む。
お互いがそれぞれの家の鍵を持ち合っている。
誰かが死んだ時点で会社は解散する。

僕は今、そんな会社で働いている。
社長は「会社」というよりも「ファミリー」という言葉を好む。
社長と言っても今27歳である僕の一学年上なので、まだ29歳である。
顔は高校生のような童顔。
低めの身長に太めの胴体。
名前は――
(本書より)

「いい学校、いい会社、いい人生」というモデルから
「降りた」若き起業家たち。
自らもその一員である古市憲寿が、徹底的にそのリアルに迫る。

「G2」に発表されて大反響を呼んだルポルタージュをふまえ、
「起業」や「ノマド」を礼賛するくせに自営業者が減少し続ける
日本社会における「起業」の本当の意味を探る。

誰もなしえなかった起業家研究&ルポ、ここに登場!

おなじみ巻末特別対談も収録、登場するのは
「会社といえばこの人」といえる、あの超有名人!

内容(「BOOK」データベースより)

「下流でもなく、ホリエモンでもなく」。あるいは「草食でもなく、肉食でもなく」。若き起業家たちの生態系に飛び込んで、幸福な若者たちの「働く」意味を考える。『絶望の国の幸福な若者たち』を超える、渾身の労働社会学論考。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 338ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/11/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062180820
  • ISBN-13: 978-4062180825
  • 発売日: 2012/11/22
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 361,420位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
TVのバラエティ番組で歯に衣着せぬ物言いが好きで、本の中でどれだけ面白い表現をするのか期待して購入。
ところどころクスってくる部分はあるものの、全体的に単調でした。
下調べをせず購入したのもありますが、友達紹介の部分が強く、だから何だろうって感じが強く残りました。少々残念です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
[絶望の国の幸福な若者たち]は荒削りながら、今後どちらへ向かうのだろうという疑問を持たせる期待ががあったが、
この本は、途中もはや読むに耐えなかった。
これで学者を名乗るのは、カツマーが未だ経済評論家を名乗るのと同じくらいの、実態乖離がある。

まあ自分たちのゼントという会社とその友達のいけてるぶりを自慢したいところはまだ良い。

ところが比較する過去は自営業とサラリーマン世界、現在の比較は美容室の下働きと居酒屋フリーター、
そして終わりは

「残念ながら、この社会は、誰にでもトランポリンが用意されているわけではない。」
「だから僕は不特定多数に向けて「起業しろ」なんてことは言えない。」
「この本では、僕たちが「前途を歩いていくのに少しでも役に立つような地図を描いてきたつもりだ。・・・
本当は世界中のトランポリンの場所や、トランポリンの設計図を明記できればいいのだけれど、そんな力は今の僕にはない。・・・」

をいをい。

しかも補章1は島耕作社長との架空対話。補章2はビジネスを心得た時代遅れ田原総一朗とのホリエモンとの違いというツッコミどころ満載対談。

他の人も指摘している事だけれど、
とりあ
...続きを読む ›
3 コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
特に何の問題ないです。書店には、中々並んでいないので良かったです。すぐに読み終えました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いい加減に「質」を問うようになって欲しい。斜陽の出版業界だからこそ、とりあえず売れる本を出したいのだろうが、質を省みなければ、ますます本離れが進むだけだ。東京大は学部はすごいが、大学院の学生数では日本1のマンモス大学。専攻によってはかなり入りやすい(一部は難関だが)。内容だが、毎度の如く考察が浅い。社会学者を名乗るなら、なぜそうした社会的変化が起きたのかを社会学的に分析すべきではにのか。日本の社会学者は「評論家風情」に堕してしまっている。ジャーナリスティックといえば聞こえはいいが、本書は大学のレポートレベル。しかも、題名で「僕たちの”前途”」ってあるが、古市さんは有限会社の”ゼント”に勤めている。サブリミナル効果でも狙ってるのか。彼は慶応大SFCに詩をアピールしてAO入試で入学しているが、本書を読むたびに最低限の学力試験は必要だと感じてしまう。
7 コメント 100人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
がよくされた本です

結論としては専門性あるいは運がよくないと起業なんてそうそううまくいかないし
専門性のない人がやる起業なんてフリーターと結局同じだよってことをもったいぶって述べただけです

ただし他の人も書いてるように本筋とはあまり関係ないような知り合いのハナシなどが盛りだくさんで
それらが論につながるのならいいのですが そうでないのでそこは疑問点でした
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今までの著作を見ているので期待していたのですが
著者の所属しているゼントという会社のことなど
自分の身の回りのことを書いた日記のような記述が
目立ちました

唯一面白かったのが、アルバイトに関して書いた
ところ

居酒屋のバイトにおける、フリーター軍団と大学
軍団の意識の違い

そういったリアリティのある次元から、共通項を
探ってくれたらよかったのですが、最後の方は
大好きな友人囲まれている自分って最高!!と
いった客観性のない個人的な意見で終わっていた
ので今までの著作で見せたキラリとしたセンスが
まったく感じられなかった

本当に残念

有名になってしまってハングリー精神がなくなって
しまったのでしょうか

社会学者なのだからもっと突っ込んで取材してほし
かった

頑張って!!!
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー