中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕たちのプレイボール 単行本 – 2010/3

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカのリトルリーグでピッチャーをしていた柊球児は、バッテリーを組んでいたランディと世界大会での再会を約束して日本に戻った。しかし、日本で入ったチームは弱小。アメリカとは違う文化や練習方法になじめず、彼は孤立した。だがチームが負けた後、メンバーそれぞれが野球への思いを打ち明けたことを機に徐々に結束が生まれる。そして、みんなの心がひとつになった時、奇跡の快進撃が始まった。世界の扉は彼らの前に開くのか―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

鬼塚/忠
1965年鹿児島市生まれ。大学在学中から世界放浪の旅を始め、40カ国を巡り、世界各地で働く。帰国後、海外の本を日本に紹介する仕事を数年経験した後、独立。著書に文化庁芸術祭優秀賞を受賞した『海峡を渡るバイオリン』(陳昌鉉、岡山徹と共著/河出書房新社)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 257ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2010/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344018060
  • ISBN-13: 978-4344018068
  • 発売日: 2010/03
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 986,838位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日本人メジャーリーガーの息子が主人公

彼も野球をしており、ポジションはピッチャー

アメリカ在住の主人公は突如、日本に帰国することとなる

それは、バッテリーを組んでいた友人と
将来、ヤンキースに入団する約束をした直後の出来事だった

そんな、彼らはリトルリーグの世界大会での再会を誓う

しかし、主人公が日本で入団したリトルリーグは
人数もそろわない有様だった

出来きの良い映画をみているようだった
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
バラバラだった弱小少年野球チームがひとつになり、躍進を始める過程を克明に描いた直球の「青春スポーツ小説」。
11−12歳の多感な年頃のメンバーが時にいがみ合いながらも、それぞれが自分を晒し、成長していく。

キャプテンは女子。
野球への思い入れはメンバーの中で最も強いのだが、
この年代から顕著になっていく男女の体力差、さらには勝利という目標への合理性の中で悩み、揺れ動く……。
ここが一番読みどころかもしれない。

読後、野球のことのみならず、友情や家族、恋の話まで熱き想いと共に蘇ってくる。
「青春スポーツ小説」を越えた、極上の「青春感動小説」がここに誕生した!!!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック