中古品:
¥ 1,200
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆代引き・コンビニ・クレジットカード 他 対応◆国内正規品。レンタル品ではありません◆チャプターリスト付き。ケースにスレ等の使用感が見られますが、ディスクはキレイです◆Amazon配送センターから迅速丁寧に発送いたします◆お急ぎ便(プライム)対応◆Amazon専用在庫のため在庫切れキャンセルはありません
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

僕たちのアナ・バナナ [DVD]

5つ星のうち 3.8 10件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:8¥ 688より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ベン・スティラー, エドワード・ノートン, ジェナ・エルフマン
  • 監督: エドワード・ノートン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2004/01/21
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 10件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00012T224
  • JAN: 4988013627901
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 139,194位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   ニューヨークに住むジェイクとブライアンは、幼いころからの大親友。その2人が小学生のとき仲よしだったアナと再会した。16年ぶりの3人は、しかし愛の三角関係へ。はたしてアナの心を射止めるのは…?

   多彩な若手俳優として知られるエドワード・ノートンが、自ら脚本を書いて初監督したラブ・ストーリー。脚本段階から念頭にあったベン・スティラーをジェイク役に、自らブライアンを演じる。ヒロインのアナには、TV「ダーマとグレッグ」のジェナ・エルフマンが選ばれ、キャリア・ガールらしいさわやかさで観客を魅了する。ジェイクがユダヤ教のラビで、ブライアンがカソリックの神父という設定もおもしろい。マンハッタンの有名レストランやデートスポットが次々登場、いながらにしてニューヨーク観光も楽しめる。愛の女神が微笑むのは、ラビか神父か?(アルジオン北村)

内容(「Oricon」データベースより)

幼なじみの少女と16年ぶりの再会をする2人の青年の友情と心の葛藤を描いた、「ファイト・クラブ」などで知られるエドワード・ノートンの初監督作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

エドワード・ノートンの初監督作品にして、自身も出演し相変わらずの名演技。

物語としては、まぁこんなもんかなという程度ながら、メリハリが良かったかな。
コメディでダラダラした箇所と、キチッと盛り上げる箇所とのバランスがうまかった。新人監督としちゃ上出来でしょう。
単なる三角関係に終わらず、他宗教、他人種という、それこそアメリカにはごまんとある問題をおもしろおかしく扱ったのも良かった。
最初のアナに対する、ちょっとイヤな女(外見も)という雰囲気が、最後はいい女に見えるから不思議。
邦題の「僕たちのアナ・バナナ」は、まぁ確かにそうなんだけど、原題は、KEEPING THE FAITH。

いやしかし、限りなく無宗教、無神論者の俺にとって、カトリックの神父という仕事やユダヤ教のラビという存在が、この作品でちょいと勉強できたというか。
神父は結婚できない(セックスしない)。誓いだけで、実際に守られているのかどうかは定かじゃないけど、それこそ、コメディにされそうな題材ですよね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
いや~、見終わったあとの このすがすがしさはなんだ、なんだ。
エドワード・ノートンの演出の上手さが光る思わぬ拾い物の1作だ。
それぞれのキャラに対しての配役も絶妙で、主人公の一人 魅力的な(?)ラビの役にいつもはギャグテイスト炸裂のベン・スティラーを配したのが面白い。見ているうちに ちびでサル顔のスティラーがものすごく魅力的に見えてくるから不思議だ。
やり手のキャリア・ウーマンだけれど、内面では優しい愛を求めている ヒロインに ダーマでおなじみのジェナ・エルフマンを配しているのも ぴったり。彼女以外にこの役にあう役者が思いつかない程だ。エルフマンのファッションも最高。ウォーター・フロントでのパーティーのシーンで彼女が着ているシルバーに輝くスパンコールのスカートはため息が出るほど素敵。シンプル・イズ・ベスト。
主人公達の恋愛感、お互いの宗教の違い、ラビと神父の宗教観など、普通ならばもっと重く暗くなりがちなストーリーをちょうどいいタイミングでハッピー・エンドに持っていった ノートンの手腕に脱帽。
ただのカメレオン役者ではないことを実感。彼の次回作に期待大だ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
エドワード・ノートンが友人と一緒に脚本を書き、初監督した作品。彼はカメレオン俳優でシリアスな演技が多い中、初監督の作品にコメディーを選んだところがなかなか面白い。憧れの同級生をめぐっての三角関係のお話だが、ただ恋だけの話ではなく、ラビやカトッリクについても焦点をあてているし、楽しみなが勉強も出来てしまう。そして3人の会話もテンポよく演技もGOOD。この話は、イェール大の時の憧れの人(なんと彼女の名前は“レイコ”)とのことがもとになっているそう。原タイトルがストーリーのヒント!!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/2/12
最高に面白い。ただ勿体無い。
これは映画の2時間枠に収まる内容じゃない。連続ドラマ向き。
とは言っても2時間に凝縮されているから面白いとも言えます。
支離滅裂のようですが、無限の想像を膨らませてくれる稀有な作品です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
いや~、見終わったあとの このすがすがしさはなんでしょうか。それぞれのキャストの絶妙な配役と、監督エドワート・ノートンの演出の上手さが光る。魅力的なキャラとして ベン・スティラーを配したのも凄く面白い。いつもはギャグテイストに走るスティラーがだんだん素敵に見えてくるから不思議だ。ダーマでおなじみのジェナ・エルフマンも、やり手のキャリアウーマン、しかし、内面では優しさを求める一人の女性としてのキャラにぴったりで、とてもキュート。彼女のファッションも素敵で、ウォーターフロントでのパーティーで彼女が着ているシルバーに光るスパンコールのスカートはため息が出るほど素敵だ。主人公達の恋愛感と、ラビと神父としてのお互いの宗教感など、本来ならばもっと重くて、シビアに話が進みそうなところをちょうどいいバランスでハッピーエンドに持っていった、ノートンに脱帽です。ただの役者馬鹿じゃないとみた。彼の次回作に期待大だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー