通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
僕たちが零戦をつくった 台湾少年工の手記 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 ひいな文庫
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 初版 帯付き
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕たちが零戦をつくった 台湾少年工の手記 (日本語) 単行本 – 2018/8/27

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2018/8/27
¥1,980
¥1,980 ¥647
お届け日: 7月4日 - 5日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 僕たちが零戦をつくった 台湾少年工の手記
  • +
  • 台湾少年工と第二の故郷―高座海軍工廠に結ばれた絆は今も
  • +
  • 二つの祖国を生きた台湾少年工
総額: ¥5,268
ポイントの合計: 53pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

昭和十八年、新設される高座海軍工廠(航空機製造工場、神奈川県)の工員確保のため、海軍は台湾から優秀な少年たちを動員することにした。働きながら上級学校の卒業資格と給料がもらえるという好条件で、小・中学校の卒業予定者の中から数次にわたり志願者を募集した。厳しい選抜試験を突破、航空技師・技手を夢見て台湾から米潜水艦の潜む海を越え日本にやってきた八千四百人余の少年たち。慣れない寒さと食糧不足、激しい空襲に耐え、助け合い、競い合いながら懸命に生きた元少年工の証言。忘れてはならない日台秘史。

著者について

劉 嘉雨(りゅう・かう)
1931年、台湾に生まれる。
1944年、高座海軍工廠勤務。
1946年、高座海軍工廠解散、帰国。
1953年、台湾肥料会社新竹工場勤務。
1991年、高座日本語塾設立、塾長を務める。
2016年10月17日、歿。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2018年11月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告