Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,296

¥ 108の割引 (8%)

ポイント : 130pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[和田 一郎]の僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと
Kindle App Ad

僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと Kindle版

5つ星のうち 4.3 46件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 852

商品の説明

内容紹介

会社人生はゲームなのだ。 ゲームは勝たなきゃ面白くないのだ。 辞めたからこそわかった、会社生活を充実させるための12カ条。 大反響のブログ、待望の書籍化!

「考えてみれば、人生は長いようで短い。そして、そのかけがえのない人生の相当部分にあたる時間を、ほとんどの人々が会社(組織)での生活に費やしている。であるならば、会社生活を嫌々ながら過ごすより心底から楽しんで過ごした方がいいに決まっている。」と、著者が自ら「なぜ勝てなかったのか?」を分析・解説。会社人生の指南書といえる1冊!

●目次
僕の後悔1-入社初日から社長を目指して全力疾走すればよかった
僕の後悔2-会社のカラーに染まりたくないなんて思わなければよかった
僕の後悔3-|あんな風になりたいという上司をもっと早く見つければよかった
僕の後悔4-社内の人間関係にもっと関心を持てばよかった
僕の後悔5-思い上がらなければよかった
僕の後悔6-できない上司や嫌いな上司に優しくすればよかった
僕の後悔7-もっと勉強すればよかった
僕の後悔8-ゴルフを始めワインをたしなめばよかった
僕の後悔9-信念なんてゴミ箱に捨てればよかった
僕の後悔10-クリエイティブであるよりもリアリストであればよかった
僕の後悔11-周りの評価のために長時間働かなければよかった
僕の後悔12-同期が先に昇進したことを笑ってやり過ごせばよかった

内容(「BOOK」データベースより)

会社人生はゲームなのだ。ゲームは勝たなきゃ面白くないのだ。辞めたからこそわかった会社生活を充実させる12の真理。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 658 KB
  • 紙の本の長さ: 124 ページ
  • 出版社: バジリコ (2015/2/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00VUS6W7Q
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 15,969位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 茶野篤 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/2/21
形式: 単行本
「会社のカラーに染まりたくないなんて思わなければよかった」
「社内の人間関係にもっと関心を持てばよかった」
「信念なんてゴミ箱に捨てればよかった」etc…

私も組織で成功できなかった人間のひとりです。
もちろん全てではありませんが、多くの同じような失敗をし、同じような後悔があります。著者の言う事はよくわかります。
でも、22歳からやり直すことができたとして……結局また同じ失敗の道をたどってしまうような気がしてなりません。
いや、失敗をすべて回避、つまり本書に書かれているアドバイスをすべて受け入れ、組織人として完璧に振舞うことに成功したとしても、その先にどんな未来が待っていたのか、役員になった自分の人生に満足できたのか、幸せだったのか……それも分かりません。

最後に著者が言うように、人には理屈ではいくら分かっていても変われるところと変われないところがあり、その変われないことがつまり自分であることの証なのでしょう。
そして、それを知るためにも、やはり一度は組織の中で全力で戦ってみることが必要なのでしょう。
そう考えれば、その過程での数多くの恥ずかしい失敗や後悔も、思い出したくもない酷いものも含めて、自分が得た大切な宝なのだと思います。
「だれかに、ひょっとしたらこ
...続きを読む ›
コメント 113人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
五月病にかかった(?)後輩にと思い購入しましたが読ませるのは止めました。
これを読んで共感できる企業におられるのであれば、外資、日本企業を問わず重篤な大企業病に罹っているか、親方日の丸的な安泰企業にお勤めなのだろうという感想を持ちました。きっと今頃コンサルタントの餌食になっているような企業でしょう。
いまでも通用するかどうかはわからない内容だと思いますが、このような考え方を持つ人事や上司や同僚が存在する可能性があるという意味で目を通す価値があるのかも知れない。ベンチャーや近代的な企業にお勤めの方には理解できないでしょう。旧来型の大企業の心理を垣間見ることができる資料だと思いました。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
2014年2月に岐阜市で行われた林修さんの講演では著者のブログを紹介しながら、一つ一つの項目を丹念に解説されてました。(講演時間の半分ぐらい使ってました)終身雇用制が崩壊し毎日が不安な40代、50代のサラリーマンにオススメの内容です。リーダビリティの高い文章で一気に読めます。巷によくあるブログをまとめて一冊の本を作りました!的な本とは違います。ブログでは踏み込んでなかった内容が盛り込まれてます。掛け値なしに面白いです。ただ文章としてまとめて読むと面白いのですが、著者の人生はストイック過ぎて実際に巻き込まれた周囲は疲れただろうなあ、と著者の上司、同僚、部下たちに同情してしまいました。
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
記述は恐らく、ほぼリアルであり、迫力がある。恐らく、自分の置かれた環境が著者と全く違った場合、全く共感、理解できず、時代錯誤感をおぼえる方も多く存在するであろうが、大組織でそれなりに経験を積み、自分のポジション、将来の方向性に悩めるサラリーマンにとっては、参考になる部分が多いと思う。
後悔といっても、筆者は会社員時代を客観的に趨勢し、自己に足りなかった部分、会社組織とは何なのかを冷静に整理、分析しており、独立後の事業が永続されていることをみても、自戒している印象が強く、しっかりと消化し、今の幸せな現状につなげているところが素晴らしいと思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
私はクリエイティブと呼ばれる仕事に20代を捧げ、転職後、30代をお堅いと言われる仕事に従事した。何れもその業界の大手だった。
40代にかかり、自分の未熟な振る舞いを振り返ると、著者の主張の正しさに戦慄する。
私もクリエイティブでありたいと願い、著者ほどではないが、そのように生きてきた。

その結果は、ひどいものである。

組織人としての成功者が絶対語らない、組織の真実を著者は語る。そして真実にくじけそうな人間を励ます。
私自身の組織人としての人生の帰趨は見えて来ているが、もう少し頑張ろうかと思う。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 この本を読んで共感したという人が、もう一度会社人生をやり直したとしても、著者が言うような「飲み会にはできるだけいく」「忠誠心を見せる」などの組織人としての行動はできないでしょう。さっさと新しい居場所を見つけるべきなのであって、この本に共感する必要は全くない。著者はふさわしい居場所が見つかったのだから、自分にはまったくあわない世界だったと振り返ればよいのでは。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover