Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 605

¥ 65の割引 (10%)

ポイント : 61pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[乙野 四方字]の僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫JA)
Kindle App Ad

僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫JA) Kindle版

5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 605
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670 ¥ 100

【50%ポイント還元】GW文春祭り
現在、GW期間限定で「GW文春祭り」を実施中。3,300タイトルが対象の大幅セール。この機会にお得な情報をチェック! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

もし並行世界の自分と入れ替わったら――人生の節目で僕はどんな選択をするだろうか?

内容(「BOOK」データベースより)

人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に揺れ動いていることが実証された時代―両親の離婚を経て母親と暮らす高崎暦は、地元の進学校に入学した。勉強一色の雰囲気と元からの不器用さで友人をつくれない暦だが、突然クラスメイトの瀧川和音に声をかけられる。彼女は85番目の世界から移動してきており、そこでの暦と和音は恋人同士だというのだが…並行世界の自分は自分なのか?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 349 KB
  • 紙の本の長さ: 152 ページ
  • 出版社: 早川書房 (2016/6/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01HLPJK70
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 5,638位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
私はどちらから読むか3日悩みました。
結局、こちらの「僕が」から読み始めましたが、半分正解で半分間違ってました。
と言っても「君が」から読み始めても半分正解で半分間違いでしょうが。
他の方も言っていますが記憶のリセットをしたい。
「君を」から読み始める私はココから何番目の平行世界なのだろうか。

どちらから読むか本当に自分で決めてくだい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
私はこちらの方から読みました。
並行世界技術が確立されているという前提の設定の元、その世界特有の倫理観を考えるお話は好きでした。
原始的な感情にも迷いなく言及するため、人によってはその部分を不快に感じるのかもしれませんが、避けては通れない議論になると思うので、必要だとは感じています。
この「僕が愛したすべての君へ」は、見方によっては、これのみでも完結します。
ただ、「君を愛したひとりの僕へ」はそれ単体では完結とはいいがたい面があります。
完結するお話を見て、なぜそれが完結するのかを探りたい人は、こちらからを。
理由を知ったうえで、お話を楽しみたい人はもう一方からを。
どちらも味がありますし、おそらく後から読んだ方の読了後、最初に読んだ方をもう一度見返したくなるはずです。

迷ったら、最後は直観で決めていいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
自分の日常にはなにもなさすぎて時間が永遠みたいに長く感じていました。
失恋で様々なことを失いました。ですが、このほんで愛ってこうゆうものだったなぁ。いいなぁ。と失った理想を取り戻すことが出来ました。
この作品に感謝しています。
自分は「君を愛したひとりの僕へ」から読みました。この順番でよかったなと思っています。
今まで小説を読むのが苦手で、読めませんでしたが、この2作品は2日で読み終えるほどハマりました。小説が苦手という方にもオススメです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『僕が愛したすべての君へ』を先に読むと、ものすごく切ない物語。ヒロインに感情移入しすぎてしまう。
同時発売になった『君を愛したひとりの僕へ』から読むと、ぴたっと収まるところに収まった感じ。
どちらから読むのがいいか議論になっているようだが、好み次第でしょうね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読んでるときも読み終わったときも、大事な人、愛してる人の顔が思い浮かびます。
その人に会いたくなり、その人が自分にとっていかに大事かという思いでいっぱいになります。
読み終わった後、妻に「何かいいことあった?」と聞かれました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
本書の並行世界は、論理学の分野では「可能世界」と呼ばれている。

述語論理では、命題(文)がある現実を反映する(もしくはしない)と考える。
たとえば「今日は雨である」という命題は、現実に参照した結果、真だったり偽だったりする。
だから「現実」とは、命題の真偽を一義的に決定づける参照項として定義される。

しかし、すると困った問題が生じる。
たとえば「現代のフランス国王はハゲである」という命題は、真でも偽でもない。
現代にフランス国王などいるわけがないから、真偽の判断ができないのだ。

これ以外にも、空虚な命題はそれこそ数限りなくある。
では、これらはみな一様に無意味な命題なのだろうか?

このような問題に対し、空虚な命題でも真偽が決定できるようにと導入されたのが、「可能世界」の概念である。

この現実とは違う、ある「ありえたかもしれない」世界ではフランスに国王が存在し、ハゲていたりいなかったりする、と考えるのである。
こうすれば、空虚な命題も(一応は)真偽が決定できるようになる。
この「可能世界」は起こりうる事実の可能性の数だけ無数に存在し(世界の事実の総数がnだとすれは、可能世界の数は2のn乗である)、その中の一
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
平行世界が認識されている世界での、認識されているからこその問題や、感情を書いた作品。
同時発売である君を愛したひとりの僕へとは大分雰囲気が違ってこちらは多少落ち着いた感じ。
だが、君を愛したひとりの僕へで出てた主人公の性格はチラホラ出ており、元は同じものと感じさせる見事な話でした。

君を愛したひとりの僕へのレビューにもこちらの本のこと書いてますのでそちらも良ければどうぞ。
この本を読んだ方はぜひもう1冊の君を愛したひとりの僕へも読んでほしいです。2冊の本で見事に平行世界を表現していると感じました。
どちらを先に読むか迷ってる人は自分の直感に従うことをおすすめします。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover