通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 モロヘイヤ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 押印がありますが、読むのに問題はありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫) 文庫 – 2014/2/25

5つ星のうち 4.2 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)
  • +
  • 君の色に耳をすまして (メディアワークス文庫)
総額: ¥1,210
ポイントの合計: 38pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

石橋を叩いても渡らない心配症の高校生・中崎夕也は、夜の校庭で七不思議を司るという精霊テンコと出会う。
七不思議の一つとなった少年の日々を綴った、思わずもう一度読み返したくなるミステリアスファンタジー。

内容(「BOOK」データベースより)

石橋を叩いても渡らない心配性の高校生・中崎夕也はある夜、七不思議を司る精霊・テンコと出会う。深夜の校庭に桜が舞い散る中、宙に浮かぶ袴姿の彼女は、高らかに不吉な言葉を彼に投げかけるのだった。「おめでとう、お主はこの学校の新しい七不思議に選ばれた」なんと彼は七不思議の引き継ぎに、仮登録されてしまったのだ!生きながらも七不思議の一つとなった少年の日々を綴った、思わずもう一度読み返したくなるミステリアス・ファンタジー。第20回電撃小説大賞金賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 274ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048663224
  • ISBN-13: 978-4048663229
  • 発売日: 2014/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 41,859位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この作品はネタバレすると面白さが半減するのでストーリーについては割愛します。
結論から言うと面白いです。今年の電撃受賞の作品を読んでいましたが一番面白く読めました。

ただ、如何ともしがたいのが文章が稚拙で読みにくいこと。
難しい言葉を使っていないとか、文章として洗練されていないとか高いレベルの稚拙さではなく
単純に文章が平坦すぎて小説として読みにくいというもっと低いレベルの文章力です。

また、キャラの個性が薄くて序盤は読むのが退屈で苦労します。
ただし、これは青春物なのである程度しょうがないと割り切ってマイナス評価とはしていません。

見事だったのは伏線に基づいた終盤のストーリーです。
詳しくは言えませんが、序盤と終盤ではこの作品の印象は大きく変わると思います。
ラノベというより少し大人向けの暗い話になりますが、オチはお見事とだけ言っておきます。

この作品が一般作品として出版されれば☆4ですが、他の電撃大賞の出来と比較して
☆5としました。
話が暗いのとライト層向けではないので大賞向きな作品ではないかなというのは理解できますが、
単巻作品と見れば今年の電撃大賞2作品よりも面白いです。
ただし、バトル
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
心配性で自意識過剰な高校三年生・中崎夕也が、七不思議の引継ぎを行なう卒業式の夜、
偶然忘れ物を取りに学校を訪れたばかりに新たな七不思議として、七不思議を司るテンコという
人ならざる存在と行動をともにすることになるのだが……というおはなし。
前半部分において、七不思議であることを最大限に利用してトラブルシューティングを図る話が展開され、
『ボーイ・ミーツ・ガールもの』としてそのままエンディングを迎えることになるかと思いきや、
ここでは言及は出来ないものの、後半になって展開される、新人作家の処女作とは思えない、
ミステリーではないけれど、叙述ミステリーの手法を応用させたどんでん返しに、無防備だった自分は
見事にやられてしまいました。
また、初見だけでは時制が分かり辛いので、二回読むことをおすすめします。伏線も浮かび上がってきますし、
なぜ「この手法」を使ったのかにも理由や意味があった事が分かりますしね。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
キノの旅の時雨沢恵一先生が「読んだ貴方は騙される。読んで私が騙されたように」という評価の通り見事に騙されました。
きっとあるページからピタッと足が手が止まり、ページを巻き戻して見返す事でしょう。

何に騙されたのかはネタバレになるので言えませんが、
最初の方はよくあるライトノベルの青春+ミステリーな感じで進んでいきます。
合う合わないはあると思いますが、この時点で結構面白いなと思いました。
伏線がなくとも、心地よい文章で、春、夏、秋、冬とヒロインと主人公の時間の流れと七不思議達とのやり取りを楽しませていただきました。

この話の未来、最後の最後には主人公がきっとまたもう一度彼女と歩めることを願ってます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
初見では騙されるでしょう。
心配症という設定の主人公が七不思議になるあたりは、少々無理があるように感じられましたが、それが気にならないくらいの内容となっています。
ハッピーエンドと捉えるかバッドエンドと捉えるかは人それぞれでしょうが、多くの人に読んでみてもらいたい作品です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この構成力は、電撃大賞を穫った大抵の他作品よりも高いと感じた。
一度しか読んでないので矛盾点がないかどうかは分からないが、これで金賞とは合点がいかない程です。
何故、この作品が大賞ではないのか?(応募時、文章校正のレベルが更に低かったという可能性は考えられるが。。。)

無理矢理に難を挙げると、主人公とテンコとの会話でおそらくは作者がジョークだと思って書いているところの殆どが面白くないという事ぐらいでしょうか。
しかし、そこもストーリーの筋にはなんら関係がない部分です。

出だしは文章に熟成がない為に、金賞程度の本を何故読まなきゃならないのか?と思いながら直感とレビューの評価を信じて読んでいたが、読み進めれば進めるほどに構成力が光る作品だと分かった。
ラノベでなく、エンターテイメント小説でも通用するレベル。

読み始めた人は、是非最後まで読むことをお勧めしたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー