中古品:
¥146
お届け日 (配送料: ¥300 ): 6月24日 - 26日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 月並書店
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯付き、カバーにスレ、その他書き込みや天地小口に目立つ汚れなく良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ (単行本) 単行本 – 2011/6/17

5つ星のうち4.6 20個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥146
¥4,466 ¥31
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

地域貢献、教育など、選手だけでは成り立たないサッカークラブの取り組みが、新たな可能性を引き出す。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

天野/春果
1971年生まれ。東京都出身。1992年からワシントン州立大学でスポーツマネジメントを学び、1996年のアトランタ五輪にボランティア参加。同年秋に帰国。翌年、富士通川崎フットボールクラブ(現川崎フロンターレ)に採用され、ホームタウン推進室でクラブの地域密着を推進。2001年、日韓W杯を運営するJAWOCに出向。2002年、W杯後に復職。川崎フロンターレのサッカー事業部・プロモーション部部長兼広報グループ長として、川崎市の市民クラブとして愛され、成長する川崎フロンターレに貢献(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 小学館 (2011/6/17)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2011/6/17
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 216ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 409840124X
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4098401246
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 20個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
20 件のグローバル評価
星5つ
63%
星4つ
37%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2012年4月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年12月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年10月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2012年7月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年2月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2011年6月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年12月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年6月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告