Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,300

¥ 104の割引 (7%)

ポイント : 36pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[出口治明]の働く君に伝えたい「お金」の教養 人生を変える5つの特別講義
Kindle App Ad

働く君に伝えたい「お金」の教養 人生を変える5つの特別講義 Kindle版

5つ星のうち 4.0 34件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,300
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 500

紙の本の長さ: 286ページ

商品の説明

内容紹介

仕事、結婚、子ども、両親、老後……先の見えない社会に生きる20代の不安に、ライフネット生命CEOが答えを出します。 「知る」「使う」「貯める」「殖やす」「稼ぐ」の5ステップで理解しやすく、対話形式なのでスラスラ読める。 世界一シンプルな財産管理術、アマでもできる投資法、20代の保険選びの鉄則、親と相続について話す時のポイントなど、実践的な教養と人生後悔しないための生きた知恵が身につく1冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

20代の新しいお金づきあい入門!お金の不安に支配されたまま、あと60年生きるつもりですか?5つの講義で、一生使える「お金」の教養を手にしよう!世界一シンプルな財産管理術、アマでもできる投資法、20代の保険選びの鉄則、親と相続について話すときのポイントなど…後悔しないための知恵が満載!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 15173 KB
  • 紙の本の長さ: 188 ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2016/1/13)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01BHRGQSO
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 5,164位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
社会制度は、常に変化しているから、10年先に今と同じ雇用制度がある訳では無い。だから、自分に投資しろ。そもそも資産運用してもたいして儲かるわけでは無い。資産運用は長い目で考えるべきで、短期的に稼ごうとするな等々、筆者のお金に対する姿勢が伝わってくる本。

まあまあ、面白い。20代と言っているが、高校生大学生、あるいは新入社員くらいが読者としてちょうど良いかもしれない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この本は、お金について今まで漠然としか考えてこなかったような人=私、には中々参考になりました。とても分かりやすく書かれていたので読むのも楽でした。若い人はもちろん、私のような20代はとっくに過ぎた人にもかなり参考になると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まあ、一般常識と言って良いレベルと思うが、平易にわかりやすく記述されている。流されずに冷静に考える事が吉
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2017/6/21
形式: Kindle版 Amazonで購入
不安に思っていることがひとつひとつクリアになる気がしました。ページ数も多くなくさらっと読めますし、あまり、重い感じにもならない内容でした。投資について書かれているところは正直なところあまりピンとくる内容ではなかったですが、ちょっと考えるきっかけになったと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
当方2016年現在40代半ばでありまして、帯にある20代とはかけ離れておりますが、
ネットの記事を読んで良さそうなので、読んでみました。

結論から言うと、20~30代のうちに身につけておくべきマネーリテラシーの基本が書いてありますので、
特にその頃の方には読んでおいて損はない一冊ではないかと思います。

では、40半ばの私のような人間が読んでためになるか?というと、それはそれでためになる部分もあります。
保険のことなどは、著者の専門分野なので分かりやすく、ためになります。
お金の投資の部分も、基本が理解できると思います。

個人的な話をして恐縮ですが、私は30代の頃、『金持ち父さん貧乏父さん』を読んで触発されました。
いくつか試してそれなりに効果があったものもありましたが、
いろいろ人生の波風あって結局半分も実践できず、結局お金に不安を抱えたままです・・・。
この本も、中身がどうとか言うよりも、それをどう実践していくかが大事だと思います。
読んだ後自分が一つ一つどう実践していくか、今回は再びネジを巻き直し、今後はそれを確実にやってみようと思います。
また、そういった気持ちにさせてくれるだけでも、本書を読んだ価値はありました。
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
お金に対する考え方を学べる本で、お金に対しての考え方で本当に大事なことや、実際には不安に感じなくても良いことなどを理論的に分かりやすく説明してある本です。
マネーリテラシー教育が不十分な日本ですので、この手の本は是非とも若い内に読んでいただきたいですね。

個人的に引っかかったのは以下の保険についての説明ページの内容ですね。

【就業不能保険をひたすら推している】
これは他の保険会社があまり扱っておらず、ライフネット生命は扱っている保険だからでしょうね。

欧米諸国では働き始めたら入るのが普通なのに日本では普及していない!おかしい!というような論調ですが、
日本においては就業不能保険を受け取れるような状態になれば障害者年金や生活保護を受け取って生活ができます。
そのあたりの説明がなく「働き始めたら必ず入ったほうが良い!」というのはほぼ自社の保険商品の宣伝にほかならないかなと思いました。

ただ、それを踏まえても就業不能保険自体は悪い保険ではなく、一考する余地はあるものです。
もし就業不能保険がひどい内容のものであれば星を2つ以下にしていたでしょう。

【投資は毎月少しずつ買い足していく】
ローリスクローリターンの投資(投資信
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
【ポイント】
・右肩上がりが正常な状態というのは、ここ数十年間の偏った認識

・不安になれば、まじめな人ほどなんとかしようと行動する。 そのまじめな人の行動の先には、必ず「儲かる人」がいる。
→お金に関しても、まったく同じです。お金の話題は不安を煽りやすく、何より儲かりやすい。そのため、意図的に情報が発信されていることが多い

・メディアの情報に接するときには、「これで儲かるのは誰だろう?」と考えるクセをつけよう。

・儲けのタネは、ほんとうの価値を「知っている人」と「知らない人」のギャップのなかに潜んでいる

・お金とは、「あなたは価値ある労働をしましたよ。世の中に価値を生み出しましたよ」と証明してくれるもの

・価値さえ生み出し続ければ、何歳になっても、食いっぱぐれることはない

・政府が破綻しない以上、つまり国債を発行できる以上、年金は支払われます。一般論で考えれば、年金制度に税金を投入している以上、支払い損となることはない。

・年金「だけ」に頼るのは反対です(自助努力はもちろん必要)。将来の支給額がどうなるかは、この国が経済成長するか(パイが大きくなるか)どうか次第だということを、みなさんは理解しておくべき。
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover