Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[西村周三, 新庄耕]の働き過ぎていませんか?――ワーク・ライフ・バランスの未来

働き過ぎていませんか?――ワーク・ライフ・バランスの未来 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2014/8/6
¥ 540

商品の説明

内容紹介

わたしたちは、長い長い老いの時間を、どう過ごしていけばよいのでしょうか? 出発点は、2025年の日本――ベビーブーム世代、いわゆる「団塊の世代」が揃って75歳以上を迎える時代を考えるところにあります。その頃、人口に占める65歳以上の割合は約30%、75歳以上は約18%(いずれも推計値)。あなたは想像ができますか? 日本の社会は人類の未体験ゾーンへ先陣を切って突入していこうとしています。
医療経済の専門家で、国立社会保障・人口問題研究所名誉所長・西村周三氏がホスト役として、作家をゲストにお迎えする対談シリーズ「Dr. ジレ!」の第六弾は30代、若手作家の注目株、新庄耕氏。
住まいを考えれば、日本の未来が見えてくる――大都市郊外でも空き家が急増し、かつてのニュータウンが疲弊する中で、若者たちは家について、真剣に頭を悩ませています。他方、認知症が急増する高齢者は終末期を老人ホームで過ごすのか、はたまた自宅か、介護する側は、何を望むのか。結婚して子供を産み、家族を成し、家を建て、といった「標準」が崩壊した今、働く価値、生きていく価値が揺らいでいます。今、考えるべき課題を真摯に語り合います。

〔目次〕より抜粋
第1章 住まいの将来像
『狭小邸宅』/持ち家政策と公共住宅/今、家は買い時か?/高齢者の終の棲み処/団塊ジュニアとゆとり世代/再開発とゴーストタウン
第2章 認知症と介護の明日
認知症の高齢者が急増する/親を介護する、ということ/病院以外の選択肢/ポスト成長社会
第3章 働き甲斐と生き甲斐と
会社で生き残る人/ブラック企業とは?/要求過剰な日本人/やめたくてもやめられない/社会に出て見えてきたこと/承認欲求が満たされない
エピローグ 理想的な最期

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 770 KB
  • 紙の本の長さ: 59 ページ
  • 出版社: ディジタルアーカイブズ (2014/7/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00MGEQSUO
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 267,835位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク