Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 702

¥ 119の割引 (14%)

ポイント : 7pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[駒崎弘樹]の働き方革命 ――あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書)
Kindle App Ad

働き方革命 ――あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書) Kindle版

5つ星のうち 4.6 81件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 702
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821 ¥ 77

商品の説明

内容紹介

残業・休日出勤して、人生を会社に捧げる時代は過ぎ去った。長時間働いても、生産性が高くなければ意味がない。誰よりも「働きマン」だった著者がどのように変わったか、そして仕事と共に家庭や社会にも貢献する新しいタイプの日本人像を示す。衰えゆく日本を変えるには、何よりも私たちの「働き方」を変えることが、最も早道だ。なぜか? その答えは本書の中にある。

出版社からのコメント

残業・休日出社して、人生を会社に捧げる時代は過ぎ去った。長時間働いても、生産性が高くなければ意味がない。誰よりも「働きマン」だった著者がどのように変わったか、そして仕事と共に家庭や人生にも貢献する新しいタイプの日本人像を示す。衰えゆく日本を変えるには、何よりも私たちの「働き方」を変えることが、最も早道だ。なぜか? その答えは本書の中にある。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 507 KB
  • 紙の本の長さ: 106 ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2009/5/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00IWGKG5I
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 81件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 19,617位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
超忙しい社長が自己啓発啓発にチャレンジする過程について書かれた本。自己啓発がひと段落してからは、社会啓発にチャレンジしている。頑張って働いて、頭使って社会をよりよくするサクセスストーリーを見ていると、何だか気分が良くなる。最後にキーワードが端的にまとまっているのもありがたい。私はこの春から社会人になるが、擦り切れそうになった時に繰り返し読みたいし、私の同僚や、上司にも読んでほしい本だった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
筆者曰く、働く=傍を楽にする作業全体を指すそうだ。
あるべき人生の姿を形作る作業全体が「働く」となる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
これまで仕事は仕事のやり方でやり、プライベートは仕事よりも相当優先順位が低いところで、特に何も考えず受身でやってきた。けれど、「働き方革命」によって仕事もプライベートも統合(インテグレート)して、それを一つのプロジェクトとして捉えることで、日常の日々そのものが歯ごたえのある、やりがいのある毎日に変わっていくのではないだろうか? ーー本文より

本文を読み進めるまでは、働き方革命とは、仕事上の内容を変えるものだと思っていた。
しかし、それは違う。
筆者のいう働き方革命とは、働くの定義を変え、仕事もプライベートも統合した一つのプロジェクトと捉えて行動し、自己や他者及び社会に革命を起こすということなのだ。
それまで自分の思い描いていた、「働く」の根底を揺さぶられる良い本だった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
泣いた。働くことは生きること。本書は人の生き方を問う。食いぶちを稼ぐことも、家族と生きることも、自分で学ぶことも、そして地域社会に貢献することも「働くこと」。仕事の時短テク本はたくさんある。生き方としての働くことを、ここまで熱く分かりやすく書いた本はない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
働くということを、食いぶちのためだけでなく、人生を豊かにする地域貢献、家庭の仕事、育児、全てであると考える。仕事それ以外の二択ではない考え方に、はっとさせられました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
非常に読みやすく、10年働いた自分の働き方を見直すきっかけになりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 3月のマキャベリ大将 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/7/27
形式: 新書
冒頭、南関東の子育て世帯の男性5人に1人が23時以降に帰宅、
2人に1人が21時以降に帰宅…、実際は家事子育てどころではないと…
ピンポーン…正解なんです……
私のまわりの同僚連中はそれでも夫が協力しているが、
夫妻とも1年中クタクタ…

大概の企業は国が何らかの政策をしても、形式的には受け入れて、
実質はほとんど気にしていない…おっと失礼。
生産性のない人間はリストラ候補とプレッシャーをかけたり、
終身雇用に関係なく同僚同士を競争させ、労働時間を浪費させます。

ではなぜ辞めないかって?余程勝ち組でないと、
それほど給料が高いわけでもなく、蓄えもない。
失業は即生活に影響するし、能力が上がっていかないと年齢が上がるにつれ
再就職が困難になるからです。持病を抱え健康診断で落ちる人も…
怖いのは、「旦那さんが働いているから大丈夫でしょ」
と、奥さんの方もリストラ対象一番手ということも…(前置き長し…失礼)

内容では、仕事のスマート化や、記述としては短いがメール処理迅速化は
とても良いと思った。

特に在宅勤務は憧れますねー…
なぜなら、人と接しないことによる集中力向
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
久しぶりに感心して感化される新書に出会った。駒崎さんもっと色んな本、書いてください待ってます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
IT企業でバリバリに働いていた著者が、あるきっかけで、自分の働き方を
見直し、仕事の生産性を高め定時退社を実現してゆく。
そのノウハウが公開されている本。

タイムマネジメントのノウハウ本は、これまでにもたくさんあるのだが、
この本がそれらと違うのは、働くことを「傍を楽にする」と定義し、
会社での仕事だけでなく、他者に貢献すること、例えば、子どもとの時間を楽しんだり、
地域に貢献することも「働く」なのだ、
だから、もっとみんな傍を楽にするために働いて日本を良くしていこうよ、
と訴えているところだと思う。

本で紹介される生産性をあげるメソッドはそんなに新しくないけれど、
そういう小さなことを実直にやり続け、実際に働き方に革命を起こし、
本まで書いてしまう著者は、やはりスゴイと思う。

読み終わって、私も自分の働き方を見直してみよう、そして、夫と
お互いの働き方について話合ってみようか、そうすれば
もっと楽しい毎日になるかもしれない、などと思える一冊。

朝の通勤電車でさくさく読めます。共働きのかたにお薦めです!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover