通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
働きマン(1) (モーニング KC) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

働きマン(1) (モーニング KC) コミック – 2004/11/22

5つ星のうち 4.2 73件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 616
¥ 616 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 働きマン(1) (モーニング KC)
  • +
  • 働きマン(2) (モーニング KC)
  • +
  • 働きマン(3) (モーニング KC)
総額: ¥1,848
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容説明

週刊『JIDAI』の女性編集者、松方弘子29歳元巨乳。寝食も忘れ、凄まじい勢いで仕事に没頭する彼女のニックネームは人呼んで『働きマン』。仕事人間の松方だけでなく、松方の周りで働く様々なタイプの人達の視線を通して、「働くとは何か」を問う! 2006年10月には、フジテレビでアニメ化。2007年10月には、日本テレビで菅野美穂主演でドラマ化。

著者について

安野 モヨコ
1971年、3月26日生まれ。おひつじ座。O型。
1989年、「別冊フレンド」誌上でデビュー。95年、「FEEL YOUNG」に連載を始めた 『ハッピー・マニア』が大ブレイク。以後『ジェリービーンズ』『花とみつばち』 『監督不行届』『さくらん』『シュガシュガルーン』、美容エッセイ『美人画報』などヒット作を連発。『シュガシュガルーン』では第29回講談社漫画賞を受賞。朝日新聞の日曜版で『オチビサン』を週刊連載しており、様々なジャンルで活躍中。
『働きマン』は、2008年5月現在休載中。


登録情報

  • コミック: 212ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/11/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063289990
  • ISBN-13: 978-4063289992
  • 発売日: 2004/11/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 73件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
『自分にとって、仕事って何?』という、とても根源的な問題を

突きつけてくれる作品です。

とはいえ、それは押し付けがましいものでもなんでもなく、えらく

客観的な視点で描かれている。

仕事してこそ人生!と言わんばかりの主人公・松方弘子。

仕事は適当にソツなくこなすもの、という田中。

人生の“抜き方”を熟知している成田。

嫌われ役に徹する編集長。

少し甘えが残る若手のまゆ。

醸し出すオーラで、ありえない事をありうる事に変える女・梶。

他にもいろんなキャラクターが出てきますが、みんなそれぞれ、

ちゃんと仕事に対する価値観が違うんです。

これって当たり前の事だけど、一人の人間が描く世界の中で、と

なると、けっこう難しい事だと思います。

読み進めると、自分と合う!というキャラクターが必ず見つかります

よ。

すでに社会人な人はもちろん、これから社会に出ていこうとする方

にも読んで見て欲しいですね。

絵がオシ
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
安野さんの作品は登場人物のファッションなどを見るのも楽しくて、
女性ファンが多いと思いますが、
今作ははモーニングに掲載されていた作品で、
読者層としてはサラリーマンなど働く男が多いのではないかと思います。
主人公?は28歳仕事に燃える雑誌編集者松方弘子。
話の中心にいるのは彼女ですが、
読みきりタイプで一話ごとに主人公が変わります。
仕事に燃える女、
仕事は入れ込みすぎずあくまでバランスと割り込む男、
嫌な仕事を続ける男、
女を武器に働く女
・・・などなどいろんなタイプの働く大人が描かれてます。
それぞれに理由を抱えながら、今日も働く!
自分はこのタイプだな~と考えながらよむのはもちろん、
高校生や大学生など就業前の学生にも読んでほしい。
スマートじゃなかったりするけど、働く大人はかっこいい!!
2005年初夏に2巻発売予定です。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
週刊誌「JIDAI」編集部を舞台にした連作集。
第一話の松方弘子は、28歳のやり手編集者。世界的に通用する雑誌を創る夢のために、猛烈に働いている。
疲れきって家に帰って倒れるように寝るだけの生活・・・恋人とのすれ違い、いらだちや不安、上司や同僚との関係がリアルに描き出されている。
作中のセリフのひとつひとつが重く、読者の胸に迫る。
1話完結形式で男女取り混ぜた様様な働き方の苦悩と幸せの真実を提示しており、その完成度の高さにうならされる。
個性豊かな人々の「働きマン」ぶりをシビアに、そして温かく優しい視点で描き出した安野モヨコの最新傑作。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この仕事の仕方は、趣味で仕事をしているのと同じ、プロではない、と思いました。
時間外に働くのが好き、無理をして働くのが好き、家族よりも恋愛よりも仕事
夕食の時間になってゲームをやめられない子供と同じ

ギリギリの一線を戦っているプロはスポーツでも仕事でも自分をコントロールします
体を壊しては取り返しがつかないことを知っているから

そして、選択肢なく、1日24時間仕事をしないと食っていけない、趣味ではなく家族のために悲哀の決死の働きマンをバカにしているような感じすらしました

なんだこの漫画??って感じでした
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/11/24
形式: コミック
実際にばりばり働く女性である安野モヨコが描くからこそ説得力のある作品。
色んな切り口から漫画が描ける作者の力量を改めて感じました。
ドラマ化しそうな感じ…。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
確かにこんな風にバリバリ働いている女性って日本にもいるんだろうな…って思います。
でも、第一線で働きたくても女性であるがために活躍を男性に奪われている人も意外と多いもので…。(って私もそうだったり)
そんな人達にはちょっとねたましい設定のストーリーかも。

あんなに仕事優先、デートを何回もドタキャンな彼女にも理解ある素敵な彼氏がいたり、仕事柄とはいえ上司にもガンガン突っかかる、行き詰まり悩みつつも、働きマンモードに入るとイッキに挽回、仕事をやり遂げ達成感に酔う…。
うらやましい女性像ですね。

だから私的に「共感」はしにくいけれど、主人公・松方をとりまく様々な個性派登場人物たちの人間模様や、マスコミ業界の雰囲気を垣間見たい方には面白い漫画ではないでしょうか?

でも、あんな仕事・酒・タバコな生活してたら、松方さん早死にしてしまいそう…。。。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック