中古品
¥ 210
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯有。カバー:概ね良好です。ページ:小口、下部周辺経年薄ヤケ(少しでも気になる方は購入をお控えください)あるもその他概ね良好。■記載無き場合、帯・付属品・特典等無し。帯の状態は保障外。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

働かざるもの、飢えるべからず。 単行本 – 2009/11/26

5つ星のうち 3.2 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 580 ¥ 210
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

弾流! 発想の大転換!!
ブッダの生の教えを現代に伝える
スリランカ上座仏教長老
A・スマナサーラ師との対談を特別収録!
解が閃いたら、それが理想の社会への第一歩です。
キーワードは「所有から利用へ」。

豊かな社会を一人ひとりが
自由に使える「おれの社会」の実現へ!

著者について

1969年生まれ。ブロガー/プログラマー/投資家。カリフォルニア大学バークレー校中退。1996年ディーエイエヌ有限会社設立、1999年オン・ザ・エッヂ(現ライブドア)CTO(取締役最高技術責任者)を務めた。2001年再びディーエイエヌ有限会社代表取締役。2004年、「404 Blog Not Found」は月刊100万ビューを誇る。著書に『弾言 成功する人生とバランスシートの使い方』『決断 最適解を見つける思考の技術』(以上アスペクト)、『空気を読むな、本を読め。小飼弾の頭が強くなる読書法』(イースト・プレス)など。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 343ページ
  • 出版社: サンガ (2009/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4904507398
  • ISBN-13: 978-4904507391
  • 発売日: 2009/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 412,052位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
オーストラリアに居た時は、最初の間は、何でここの人達はこんなに働かないのだろう?(日本人みたいに)勤勉に長い時間働かないのだろう?と不思議に思ったものです。

まるで今でも、エデンの園が忘れられず、人間とは働かなくても生きて行けるのが当然の権利といった有様でした。

それでも、ラッキーカントリーと言われているように、(働かないくせに)ずいぶんと豊かな生活をしているので、羨ましく思ったものです。

そんな疑問に答えてくれる本にぶつかりました。

例えば、最近増えている「お一人様」も、誰の手も借りずに独立して生活しているのかというと、

当たり前のことですが、逆にみんなのお陰で、電気や水道、ガス、下水道、電話、道路、電車やバス、インターネットなど、さまざまな社会インフラ、社会資本に支えられて、物質的には豊かな生活をしています。

また、そうやって独立する以前に、教育などの社会インフラや社会資本に支えられて、ただ生き残るために生きているだけの動物とは違って、文明や文化を持った人間としてレベルの高い生き方をしています。

さらに社会資本のレベルを上げていくことで、より豊かで自由なレベルの高い生活ができる社会になると考えられます。

...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
他のレビュアーの中にも指摘されている方がいるが、本書の体裁には甚だ不満が残る。
それは頁の上部約1/3を空白にして頁数を無駄に嵩増ししていること、本書p.205〜p.341という137頁、実に総頁数343頁の約1/3超にわたってテーラワーダ仏教の長老・スマナサーラ師と本書の主意から外れた対談が延々と続くことに因る。
その点からすれば、冗長に過ぎると言わざるを得ない出来としか言いようが無いと思う。

しかしながら、それでも本書には一読の価値があると推したい。

それは、これからの日本の採るべき社会政策として本書のサブタイトルにもあるように「社会相続を財源としたBI(ベーシック・インカム)の導入」という大枠での政策提起、あくまでも著者の主観的な主張であるものの(定量的でもなく、エビデンスも乏しいので)政策に対する理由付け、またその根底に本書タイトルにある「働かざるもの飢えるべからず。」という現在〜将来にわたる時代を見据えた上での著者の哲学が本書の第1部において展開されているからである。
その点は政策に対する賛否両論はあろうが、一読に価値ありと評価して良いのではないだろうか。

ちなみに私自身は本書で提起されている政策に賛成の立場を採る。
上記で述べたように定量的な分析やエビデンスに乏しい
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 デルスー トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/12/27
形式: 単行本 Amazonで購入
著者については、基本的に勝間和代氏などと同系統の「ライフハック」論者
(ITや金融などを中心に勉強し、ブログで目立ちながら収入も増やし、
この世知辛い時代を賢く生き延びる技術を身につけましょう、的な)
という認識しかなく、これまで著書を手に取るきっかけがなかったのだが、
今回、スマナサーラ師との対談が収録されているということで、ためしに読んでみた。

読んでみてやや意外に感じたのは、かなり最初のほうで「トリクルダウン理論」
(富者がさらに富を蓄積すれば、そのおこぼれが社会に還流し、全体が豊かになる)
が明白に否定されていることだ。この点で著者は勝間氏とは異なると思えるが、
その後に展開される「弾流」社会システムによる貧困対策は、
発想はそれなりにユニークではあるものの、予想される障碍やマイナス面について
徹底的に考え抜かれているとは思えず、少なくとも私は説得されなかった。

著者の議論を簡単にまとめると、現在見られる極端な経済格差の根本的な原因は、
皆が「より良いものをより安く得よう」と欲望することにあり、
結果、それを提供できる少数の人間だけが富を得られる社会構造が生まれるが、
「ケータイが全世界の人間に行き渡る」といった
...続きを読む ›
1 コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著名アルファブロガーである著者が、理想の社会構築に向けた提言を行っている。

著者の他の本は、内容が浅く抽象度も高い。恐らくは、特に考えることもなく書くことができたはずだ。読者にとって得られるものも多くはなかった。
しかし、本書に書かれている内容は、それらの本とは明らかに一線を画す。そこには、体系的にまとめあげられた良質な仮説があり、著者の頭のキレがしっかりと表れていたと思う。

本書での著者の主張は、ベーシックインカム+社会相続というシステムを作る、という事に尽きる。
ベーシックインカムとは、国民全員にそれぞれが最低限の生活を送れるぐらいの所得を配分し続ける、という制度であり、これによって貧困が存在しなくなると著者は言う。
そして、貧困層が無くなることで家計消費が押し上げられ、金の回りがよくなる。
では、その莫大な財源をどのように確保するのか。
その答えが、社会相続というわけだ。
相続を廃止し、すべての遺産を社会に還元する事で、財源を作り出す。

ここまでを聞いて、実行可能性についていくつかの疑問点が生まれるが、それに対しても、著者は丁寧に答えている。

上の主張において、本書では特にデータを押さえているわけではなく、あくまで仮説ではあるが、
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー