通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感は少なく概ね良好な状態です。■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■ビニール包装のうえ毎日発送しています。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

傷ついた日本人へ (新潮新書) 新書 – 2012/4/17

5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 18
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 傷ついた日本人へ (新潮新書)
  • +
  • ダライ・ラマ自伝 (文春文庫)
  • +
  • ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)
総額: ¥2,067
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

これまでもダライ・ラマ14世の書作は多数ありましたが、「日本の地で・日本人のために」語られた本書はとても珍しいものだといえます。 本書の中でも、震災で生じた不安と緊張の正体、物質的発展を遂げた日本の幸福感、戦後復興を遂げた国民性、現在の孤独と不安の理由、無宗教者の多い日本人の精神性など、この国が抱える矛盾や現実と追究しながら、人間の根源的な問題を解き明かしていきます。 日本人が「原点」に立ち返り、「次の段階」へ進むためにはどうしたらいいか、ヒントを与えてくれる一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

東日本大震災後、ダライ・ラマ14世は来日を強く望み、霊山・高野山や東北の被災地などで多くの日本人に語りかけた。困難や逆境を克服するにはどうすべきか、豊かになっても幸福を感じないのはなぜか、孤独や嫉妬から抜け出す方法はあるのか、あの震災は私たちに何を問いかけているのか―。日本人が「次の段階」へ移行するために、自らも苦難と激動の人生を歩んできた法王が語る渾身のメッセージ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 新潮社 (2012/4/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106104628
  • ISBN-13: 978-4106104626
  • 発売日: 2012/4/17
  • 梱包サイズ: 18 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 101,979位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/6/6
形式: 新書
 チベット仏教の最高権威として活動されているダライラマ14世は、東日本大震災が起こった半年後の2011年の10月に、高野山大学創立125周年の記念講演を行うため、そして東日本大震災の被災地で犠牲者の慰霊と法話のために日本を訪れました。本書は、その講演など来日時に法王が語ったメッセージをまとめたものです。

 私は「傷ついた日本人へ」というタイトルから、「東日本大震災を受けて意気消沈した日本人を慰める」という趣旨の本と思って読み始めました。
 しかし、本書はそのような枠組みだけでなく、「自己中心の快楽的な生き方ではなく、他の人や世界全体を意識して生きること」、「自分自身や自分以外の外界をどのように認識すべきか」、「仏教の空の概念とはなにか」、「仏教と科学の関係は矛盾するものではなく、深く密接に関係している」等々というように、私たちの生き方に関わる幅広い分野にわたっています。
 そして、今回の大震災にあった日本人への暖かく真摯なまなざしと、日本文化や日本仏教へのレスペクトのある言葉は心にしみます。

 中国に理不尽に占領・迫害され、長年亡命を余儀なくされつつも、チベットの人々の心の支えであり、世界から尊敬を集めているダライ・ラマ14世の言葉は、ストレートで簡潔でありながら、まっすぐに心に届きます。それは、「他人から説得されて頭
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/4/17
形式: 新書
ダライラマ14世が来日して、125周年を迎えた高野山大学や東北などで行った講演をまとめたものである。平易な語り口で分かりやすい。

仏教は「無神教」。二諦(俗諦と真諦)の考え方。空。倫理。哲学と科学と宗教。心の教育。学ぶことの重要性。因果応報。慈悲を理解するためのポイントとして、他人と自分の視点を置き換えてみるということと、全ては自分とつながっていると考えてみるという2つのヒントを出している。無、意識、時間。そして、震災の深い悲しみについては、失った人達のことを忘れず、生き残った人達がその意志を受け継いで復興を果たしていく必要があることを指摘している。それから、悲しみが深まるのは人間が高度な知性を有しているからであり、このように知性というのは幸せも苦しみも深めるものだから幸せを生み出すように上手に使っていかなければならないと述べているところは特に印象に残った。

ダライ・ラマ14世は今までも度々日本を訪れているが、この国をとても気にかけ、敬意を払ってくれているのが伝わってくる。尚、巻末には高野山真言宗管長と高野山大学長がコメントを寄せている。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本でダライラマが語っているように多くの日本人にとって仏教の教えは身近にあったはず。もちろん私もそうです。法事やらお葬式やらなにかとお経を読む機会も人生では多々ありながら、実際にはその仏教の基本の「き」さえ知りませんでした。なんとなく手に取ってみたら、現代を人間として生きていく上での教えのヒントがつまっていた気がします。これをきっかけに仏教の教えを少しずつ理解していきたいと思えました。とりあえず「仏教のことはほとんどわかならい」と思っている人には最初のきっかけ作りにとてもおすすめです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Student トップ1000レビュアー 投稿日 2014/8/5
形式: 新書 Amazonで購入
日本は仏教の先輩国であるせいでしょうか、たいへん親しみをもって
一般向けに分かりやすく語りかけてくれています。

私が印象的だと感じた点は:
・美味な食事などの即物的な幸福感と、「心の平和」という精神的な幸福感を比較し、
精神的な幸福を求めるべきであると説き、
・ダライラマは何処に居るのか、という問いかけから、
「あらゆる物事に実体はない」ことをたいへん分かりやすく説き、
・優れた知性のある人として生きること自体が「苦」であり、
「苦」にどのように対処すべきかという仏教の本質を分かりやすく説きます。

特に第五章の終わりで、「仏像も僧侶もあなたを救ってくれるわけでは
ありません。あなた自身が自分の心と向き合わなくてはならない。
・・・自分で仏教の教えを学び、実践し、煩悩を減らす以外に方法はありません。
他人に払うお金(お布施)は全く関係ありません」
とのことばに力づけられました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー