中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 出荷前に検品をしていますが、中古品の為、折れ目、シミ、まれに書き込み等ある場合がございます。万が一、商品に不備がございましたら発送前にメールにて御連絡させて頂きます。出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。運送会社の遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。万が一届かない場合は追跡番号にて検索致しますのでお気軽にメール下さい。経年劣化商品は全体的にヤケがある場合がございますが本編には問題ありません。ISBNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを (講談社文庫) 文庫 – 2011/2/15

5つ星のうち 4.1 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

伝説のTVドラマ奇跡の続編!
1970年代、男心を鷲掴みにした伝説のヒーローが因縁の街 新宿に帰ってきた!!

「――そうだ! 修(おさむ)ちゃん、あの娘(こ)を連れ戻してもらえないかしら」
死なせてしまった弟分・亨(あきら)の幻影に惑わされつつ、50をとっくに超えた小暮修(こぐれおさむ)が、東京狭しと暴れ回る

ドラマから三十年、伝説のヒーロー木暮修は、東京郊外で宿無し(ホームレス)生活を送っていた。だが、殺された仲間の死の真相を追ううち、修は因縁の街新宿に舞い戻る。いつの間にやら世界中のお尋ね者となった修は、死んだはずの弟分亨がネット世界に蘇(よみがえ)っていることを知る――。ファン待望、奇跡のエンターテインメント!

内容(「BOOK」データベースより)

ドラマから三十年、伝説のヒーロー木暮修は、東京郊外で宿無し生活を送っていた。だが、殺された仲間の死の真相を追ううち、修は因縁の街新宿に舞い戻る。いつの間にやら世界中のお尋ね者となった修は、死んだはずの弟分亨がネット世界に蘇っていることを知る―。ファン待望、奇跡のエンターテインメント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 544ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/2/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062768771
  • ISBN-13: 978-4062768771
  • 発売日: 2011/2/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 67,911位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
1974年秋から半年間放映されたTVドラマ「傷だらけの天使」は、我が永遠の名作だ。ビデオのない時代、私は全話をカセット録音し各シーンを必死でメモした。最終回は、デイブ平尾歌う名曲「一人」が流れる中、カゼをこじらせて死んだアキラ(水谷豊)の遺体を夢の島に捨て、リヤカーを引いてカメラに向かって駆けてくる木暮修(萩原健一)の泣き顔のアップでストップして、鮮烈に終わる。ファンは皆、涙をこぼした。

本書はそれから三十数年後の物語――。五十代後半の修は、二十年余の海外逃亡生活を経て帰国、今では東東京市の公園で路上生活者となっていた。あるとき、仲間の一人が修と間違われて、何者かに拉致され命を落とす。どうやら木暮修を探し出せという指令が闇の世界に流されているようなのだ。いったい誰が、何のために? 修は久しぶりに新宿に戻り、見えない敵に向かって戦いを挑んでゆく。驚くべきことに事件には国家の暗部がからむ、歌舞伎町再開発計画がからんでいた。敵の姿が浮上するのに伴い、年老いた綾部貴子や辰巳が登場。物語は予想を超えるスリリングで異様な展開を遂げてゆく。

何という興奮! 修、負けるな、今度こそ薄汚い連中にひとあわ吹かせてやろうじゃねーか。
ああ、とても面白い。実によく書けている。良い仕事をした矢作俊彦氏に感謝!
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 ヘッドホンにゴーグル姿のショーケンが、やおら起き出して冷蔵庫に行き、取り出したトマト、コンビーフ、クラッカー、魚肉ソーセージに貪りつく象徴的なオープニング!
 情けないがカッコイイ"男の美学"が支持され、今なお熱狂的なファンから支持され続けている伝説のドラマ『傷だらけの天使』(1974・10・5〜1975・3・29)。本書は、まさに小暮修と同世代(団塊世代)のカリスマ作家・矢作俊彦氏により、21世紀に蘇った『傷だらけの天使』である。

 ――金脈問題での
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
久しぶりに、いや、大藪春彦以来、初めて再読しようと思った日本人の書いた本だ。読んだらすぐアマゾンで叩き売ろうと思っていたが止めた。 リアルタイムで「傷だらけの天使」を観ていた中坊の自分が、今は50過ぎのオヤジになっている。詳しく書けないのが残念だが、プロットの面白さ、あっ!というストーリー展開と泣ける結末が気持ち良かった(留めに自分がダブらせていた「真夜中のカウボーイ」が出るに及んで) そして文中のセリフにショーケンの声がかぶさる。願望は、映画化だ、ショーケン!どんな手を使ってでも、絶対に映画にしてください!でも、映画館では上映せず、ビデオテープの販売のみで!DVDは違う、ダメ!
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
エンタテインメントというのは、こうでなくちゃ。

74年から75年放映の伝説の番組「傷だらけの天使」の後日譚であるが、元のテレビドラマについては、何も知らなくても楽しめるようになっている。元番組に愛着があると、逆に本書の展開(矢作節)には、あるいは違和感を覚えるのかもしれません。

今やホームレス(本人は宿なしと言っている)となった、綾部探偵事務所のかつての調査員、小暮修が段ボールハウスで目覚めるところから物語は始まる。今や、賭けゲートボールで端した金を稼ぐことが当面の関心事だ。しかし、その彼のゲートボール仲間が、彼と間違われて連れ去られたところから話はどんどん転がっていき…。

単純な復讐譚と思われるストーリーはとんでもなく大きな方向へどんどん展開していく。後日譚のお約束もきちんと守られ、読む楽しみを増している。新キャラクターであるシャーク・ショや澪も実に生き生きと、かつての登場人物たちとよく絡んでいます。

でも、『傷だらけの天使』ファンにというよりも、矢作俊彦ファンにこそ、進めたい作品と言えます。もっと言うと、あの名作『気分はもう戦争』のファンに一番強く強く勧めたい作品です。

70年代末の国際情勢を思い切り鋭角に切り取って、連載漫画というフォーマット(「週刊漫画アクション」!
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック