通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4) 文庫 – 2016/10/7

5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 626

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)
  • +
  • 悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)
  • +
  • その女アレックス (文春文庫)
総額: ¥2,765
ポイントの合計: 84pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『その女アレックス』『悲しみのイレーヌ』のヴェルーヴェン警部シリーズ最終作。
『その女アレックス』に続き、イギリス推理作家協会インターナショナル・ダガー賞受賞!


カミーユ警部の恋人が強盗事件に巻き込まれ瀕死の重傷を。彼女を守るため警部は独断で犯人を追う。英国推理作家協会賞受賞作。


登録情報

  • 文庫: 400ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/10/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167907070
  • ISBN-13: 978-4167907075
  • 発売日: 2016/10/7
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,351位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
このシリーズは読む順番に注意が必要かな。
カミーユ・ヴェルーベン警部シリーズは、執筆順に「悲しみのイレーヌ」「その女アレックス」そして本作「傷だらけのカミーユ」と三部作になっている。
しかし、日本での発売は1作目と2作目が逆転しており、「その女アレックス」が先に発売され、翌年「悲しみのイレーヌ」が発売された。

単独で読んでも楽しめるというコメントもあるが、やはり執筆順に読んだ方が楽しめると思う。
特に第一作の「悲しみのイレーヌ」は重要な作品で、本書を読むうえでは是非読んでおきたい作品。
本作や「その女アレックス」を先に読んでから「悲しみのイレーヌ」を読むとネタバレしてしまってるから注意が必要。
本作は三部作の完結編となっているのだが、主人公のカミーユが背負っている心の痛みや悲しみをより理解するには前作を読むのが必要になってくる。

ストーリーに関してはあまり書くとネタバレになってしまうので書かないが、今回も主人公の心の痛みが伝わってくる描写が素晴らしかった。
巻末の解説で文芸評論家の池上冬樹氏が
「こんなに世界的に人気を博している以上、シリーズの新作を書かないわけにはいかないと思う」
と書いており、ここのレビューでも続編を希望する声があるが、私はこれで完結でいい
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ルメートルはやっぱりすごい作家さんです。
「その女アレックス」「悲しみのイレーヌ」「死のドレスを花婿に」
そしてこの「傷だらけのカミーユ」を読みましたがどれも面白かったです。
アレックスは特に、ひゃ~~~!という感じでした。
ほかの方がおっしゃっていた通り、できたら順番通りに
「悲しみの店」「その女…」「傷だらけの…」の順番で読んだ方がいいと思いますが
「その女アレックス」がなければこんな面白本には出合えなかったのですから
いたしかえしです。
おかげでルメートルという作家に出会えて幸せです。
残酷なシーンは大嫌いな私ですが、そこは本です。
読み飛ばす?あまり想像しないなどなどいくらでも対処法あります。
ルメートルのいいところは
その登場人物の描き方とプロットだと。
特に女性の描き方は秀逸だと。
どの女性も魅力的です。
たぶんしっかり考えれば
こんな事件ないし、こんな殺人者いない
だってこれほど殺すことにこれほど手間かけるやつ
今の世の中いないでしょ。
年末年始にストレス解消にお勧めです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
カミーユ警部三部作の完結編。登場人物は共通していたが物語としては独立していたので単体でも楽しめたイレーヌ、アレックスと比べ、本作はこれ単独で読むと十中八九???となります。アレックスはともかく、最低限イレーヌは読んでから本作に臨んでください。でなければ最後の種明かしは納得できないと思います。
銀行強盗の現場に居合わせてしまった彼女が犯人から手酷い暴行を受け、その後も執拗に付け狙われ怯える彼女を救い出そうとカミーユが犯人特定に奔走する…というストーリー。延々捜査描写が続くので正直地味です。本作単独ならともかく、合間にどんでん返しをいくつも仕掛けていたイレーヌやアレックスに比べると本作は状況があまり動かない分圧倒的に見劣りします。普通に面白いですが頭の「普通に」を取るほどの爆発的な力はなし。
タイトルに傷だらけのカミーユとありますが肉体的に傷だらけになるのは彼女であって、イレーヌのトラウマもあり恋に盲目になったカミーユは「社会的に」傷だらけになることになります。バッドエンドではないものの、ラストは物悲しいというか寂しいです。メリーバッドという感じでスッキリしません。本作が完結編ということを考えるとなお気持ちが落ち込みますね…。
翻訳を通していると思えないほど読みやすい文章は健在。イレーヌやアレックスのように先へ先へと読ませるパワーはありませんが、ミステリー小説としては綺麗にまとまっていると思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 三部作の前二作を一気に読んでしまった。本作品は途中で話の流れが推測できてもおもしろみが減ずることがなく、一気に読み終えるのが惜しくて、ゆっくり少しずつ読んだ。カミーユという人物の魅力というと適切ではないかもしれないが、読者が自然に彼と同化して小説に描かれた場面にいるような気持ちになれる。どこにも存在しないカミーユだが、人間のどこかにカミーユがいるような気がする。桐野夏生の描く人物像を思い出してしまった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック