中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s5434_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

偽造・贋作・ニセ札と闇経済 (プラスα新書) 新書 – 2004/3/19

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

増え続ける「ニセモノ」から裏経済の「しくみ」がみえる!!
ニセモノ商品として、摘発された商品だけで年99万点!ネット流通によって増え続けるニセモノ。裏経済は表経済に、どんなダメージを与えているのか!!
なんらかのかたちで「ニセモノ」の被害に遭ったという経験を持つ人は、国民の大多数に上るのではないか。「ニセモノ」の被害に遭っているのは、消費者だけではない。創意工夫によりオリジナルのブランド品を作っている企業にとっても被害は深刻だ。「ニセモノ」が出回ることで、莫大な宣伝費と長い年月をかけて築き上げてきたブランド・イメージ、商品への信頼にも傷がついてしまう。そのいっぽう、安価なコストで大量の「ニセモノ」を製作・販売している業者は人知れず不当な利益をむさぼっている。このような現実を目の当たりにして、筆者は、経済学の分析手法を使って「ニセモノ」を分析することで、これまでは見えてこなかった「ニセモノ」経済のしくみを浮き彫りにする。
●「ニセモノ」と「盗作」の違い
●ニセモノは経済にマイナス
●なぜニセモノが氾濫するのか
●技術がニセモノの氾濫を招いた
●有名ブランドのニセモノ
●6枚のニセ「モナ・リザ」
●西洋美術館もだまされたルグロ
●究極のニセモノ・ニセ札
●ニセ札がよぶハイパー・インフレ
●中国は世界のニセモノ工場



内容(「BOOK」データベースより)

ニセモノ商品として、摘発された商品だけで年99万点!ネット流通によって増え続けるニセモノ。裏経済は表経済に、どんなダメージを与えているのか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 206ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062722445
  • ISBN-13: 978-4062722445
  • 発売日: 2004/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,672,026位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
この本を読んでみて、現在世の中には私が思っていた以上に大量の「ニセモノ」たちが出回っているのだということ、また、その大量の「ニセモノ」たちが日本経済にどのような影響を及ぼしているのか、 ということを 知り、愕然としました。
私はいわゆる「ブランド物」が大好きなのですが、この本は私のようにブランド物に踊らされている人達へ警鐘を鳴らしているのかも知れないなー、と思いました。
本自体の難易度はそれ程高くなく、誰でも楽しめる内容だと思いました。 古今東西、ニセモノにまつわるエピソードは大変興味深く、飽きることなく、一気に読み通せます。
特にブランド好きの方、一度読んでみて下さい。
 
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告