この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

偽薬効果 (日本語) 単行本 – 2002/3/1

5つ星のうち3.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥6,480
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者からのコメント

著者 笠原 敏雄,2002/03/04
偽薬効果を扱った24編の論文を収録
偽薬効果という現象については,日本でも臨床に携わる人たちは経験的によく知っていますが,ふしぎなことに,日本では,この現象について扱った論文や書籍はほとんどありませんでした。そのような状況の中で,この現象をさまざまな角度から扱った24編の医学・心理学論文を収録した書籍を編集しました。医学の歴史は偽薬効果の歴史だと考えて、ほぼまちがいないようです。専門家向けですが,非常に興味深い内容を含んでいますので,一般の方がお読みになっても役立つこととと思います。なお、この編書は,前著『多重人格障害──精神生理学的研究』(春秋社)の続編にあたりますので,あわせてお読みいただければ,当方の編集意図がより明確におわかりいただけると存じます。

内容(「BOOK」データベースより)

偽薬効果は事実か、手術にも「偽薬効果」があるのか。24編の重要論文を収録した本邦初の本格的研究書。

登録情報

  • 出版社 : 春秋社 (2002/3/1)
  • 発売日 : 2002/3/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 366ページ
  • ISBN-10 : 4393360265
  • ISBN-13 : 978-4393360262
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
1 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
100%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

VINEメンバー
2006年7月4日に日本でレビュー済み
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告