通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【毎日24時間以内に発送】 非常に良好な状態でございます。 アルコール清掃を行っております。 ゆうメールにて迅速・丁寧に発送いたしますので、ご安心してお買い求め下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書) 新書 – 2008/5

5つ星のうち 3.7 89件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書)
  • +
  • 偽善エネルギー (幻冬舎新書)
  • +
  • エネルギーと原発のウソをすべて話そう
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 89pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

いわゆる「地球に優しい生活」は、じつは消費者にとって無駄でしかない。「レジ袋をやめエコバッグにすると、かえって石油の消費が増える」「冷房を28℃に設定しても温暖化は止められない」「多額の税金と手間をかけて分別したゴミ、そのほとんどが焼却される」「リサイクル料を業者に払った廃家電は、違法に中古で流れている」…かようにエコ生活は、環境を悪化させ、企業を太らせ、国や自治体の利権の温床となっている。「何が本当のエコか」がわかる環境問題の新しい教科書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

武田/邦彦
1943年東京都生まれ。東京大学教養学部卒業。工学博士。専攻は資源材料工学。名古屋大学大学院教授を経て、中部大学総合工学研究所教授(副所長)。多摩美術大学非常勤講師を兼任。日本工学アカデミー理事。内閣府原子力安全委員会専門委員。文部科学省科学技術審議会専門委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 230ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2008/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344980808
  • ISBN-13: 978-4344980808
  • 発売日: 2008/05
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 89件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 202,168位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
 世間一般の殆どの人が当てはまる、俗にいう「普通の人」が本書を読む事で、本書から世間や空気、社会の中で一般的に「常識」とされている、多数派の「普通の考え・知識」に疑いを持ち、それが本当に正しいのか否かを考える姿勢、周囲と違った捉え方を得るきっかけになるのではないかと思います。真実を知る「奇人・変人」になる為の、考え方や捉え方、判断の仕方が学べるのではないかと思います。
 マスコミは企業(スポンサー)の環境利権等との癒着関係等から真実を伝えず、その利権の都合の情報を世間に流して世論操作を行なっており、そのマスコミによって形成され社会の中に存在する、奇抜で無く普通と感じる世論や空気が存在し、世間の人達はそれに対して疑う事も無く、安易に乗じてしまっています。
 社会的にブランド価値が認められている、名前の通った大手企業がCMを流しているからと言って、その企業の言う事を、多くの人達は安易に信用しています。CMは飽く迄もマーケティング、営利目的で行われており、そのまま受け入れる事は、企業やそれと癒着関係にある政府や官僚から洗脳されるだけで、企業に操作され、税金等も含めて搾取され、羊の様に「奴隷」となってしまいます。正しい情報を得る事は、身分や地位、立場で上に居る者達から、操作されず、奴隷にされず、自立して独立する事を可能にします。
 世間・社会には「偽善」や「矛
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
政府やメディアから発信された情報を鵜呑みにせずに、それぞれの”エコ”を取り囲む全体の事実を検証して、そのエコを自分が取り入れるかどうかを決める。
という視点の投げかけとしては、良い本でした。最初の10ページまでは。

個人的には、「著者の主張を裏付けるデータだけを限定して提示する」くらいは、学術論文ではないので、別に構わないと思ってます。そういったデータがある、という情報は得られるわけだし、それを起点に、「レジ袋の原料って、レジ袋にしか使えないのかな?」等、自分で調べていけばいいので。

気になったのは、まず、エコの観点ではなく、いつのまにか経済的な観点の話にすり替わって、「これはエコではない」という結論に達していくこと。エコに関する検証をテーマに謳う本ならば、「エコの観点としてどうであるか」をまず明確に述べた上で、自身の意見として「ただ、エコの観点からは△だが、経済的な観点からは○であるBを自分は選ぶ」と述べればいいのではないでしょうか。

次に、ちぐはぐな話を並べて「これはエコではない」という結論に達する話が途中から目立ち始めて気になりました。なぜ、「電池などを含むゴミを堆肥にすると毒物が入って危険。だから、生ゴミを堆肥にするのは危険」となるのでしょうか。電池は生ゴミではないので、三段論法が成立しません。生ゴ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 前々から、どうも胡散臭いと思っていた、 「エコ」 というものが、やはりそのとおり、実に怪しいものだったのだ、ということが、この本を読んであらためてわかった。
 「エコカー」 とか、「エコ家電」 といった言葉がもてはやされ、減税が受けられるとか、ポイントがもらえるとか言ってさわいでいるが、そういったものは、ハイブリッド車を買った人や、省エネ型のエアコンを買った人など、新製品を買った人だけに関係のあるものであって、古い車を大切にして乗っている人や、自宅でエアコンを使っていない人には関係がない。
 本当の 「エコ」 を実現しようとするなら、そもそも 「自家用車に乗る」 こと自体をやめるのがいちばんいい。電車やバスなどの公共交通機関を利用したり、徒歩や自転車などの交通手段をとったりすることこそが本当の 「エコ」 であると思っている。だから、 「自動車というものに、あえて “エコ” を求めるのはおかしい」 と、私は書いてきた。
 幻冬舎新書の 『偽善エコロジー』 (武田邦彦著) は、以前から 「何かおかしい」 と思っていた 「エコ」 をめぐる疑問に、バッサリと答えてくれている。これまでも、新聞やテレビなどで断片的に、たとえば 「昨今の “エコ” 意識の定着で、可燃ごみの量が減少しつつあるが、ゴミの減少によって、ゴミ焼却場の燃焼温度が上がらず、かえって効率が悪く
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TACO VINE メンバー 投稿日 2008/9/23
形式: 新書
という事を養老孟司氏は述べていたが、本書を読むとまさにその通りだなという
事がわかりました。ペットボトル1キログラム当たり450円の税金を投じて
回収し、50円で中国に売ってもうけたと喜んでいる役人・・という行には
唖然というよりも、詐欺師達に騙され続けている国民として怒髪天を衝く状態に
なりました。ではそれを知った処でどうすれば改善されるのか・・・
それは諦めず国民の一人として政治に参加、つまり慎重に人を選んで
投票するしかないのかもしれません。
それはナイーブな意見かもしれないのですが。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー