¥ 4,752
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
偶然性・アイロニー・連帯―リベラル・ユートピアの可... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

偶然性・アイロニー・連帯―リベラル・ユートピアの可能性 単行本 – 2000/10/26

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 4,752
¥ 4,752 ¥ 3,430

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 偶然性・アイロニー・連帯―リベラル・ユートピアの可能性
  • +
  • 哲学と自然の鏡
  • +
  • プラグマティズムの帰結 (ちくま学芸文庫)
総額: ¥12,852
ポイントの合計: 381pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

人間の連帯は,真理の哲学的な探求によって可能となるものではない.他者への残酷さに対する感性を想像力によって拡張することで達成されるべき,目標なのだ.20世紀後半を代表する哲学者が,ありうべき社会はいかに構想されるかという課題に,永遠なる自由の実現というリベラル・ユートピアの可能性を提示する.

内容(「BOOK」データベースより)

人間の連帯は、真理の哲学的な探求によっては不可能である。他者が被る残酷さに対する私たちの感性を拡張することによって、連帯は達成されるのだ。20世紀後半を代表する哲学者が、ありうべき社会はいかに構想されるかという課題を、永遠に自由を実現してゆく終わりなき過程である「リベラル・ユートピア」として描き直す。世界中に大きなセンセーションを巻き起こした「哲学と自然の鏡」の政治哲学的帰結―衝撃の問題作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 438ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2000/10/26)
  • ISBN-10: 4000004492
  • ISBN-13: 978-4000004497
  • 発売日: 2000/10/26
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 286,861位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

2012年12月7日
形式: 単行本|Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2010年11月3日
形式: 単行本
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
ベスト500レビュアー
2012年12月31日
形式: 単行本
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2004年3月2日
形式: 単行本
47人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告