Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 56の割引 (9%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[柏木ハルコ]の健康で文化的な最低限度の生活(1) (ビッグコミックス)
Kindle App Ad

健康で文化的な最低限度の生活(1) (ビッグコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.5 61件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 健康で文化的な最低限度の生活(ビッグコミックス)の4の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 2

紙の本の長さ: 192ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

新卒公務員の義経えみるが配属されたのは福祉事務所。

えみるはここでケースワーカーという
生活保護に関わる仕事に就くことになったのだが、
そこで生活に困窮した人々の暮らしを目の当たりにして――


新聞メディアはもちろん、
現職のケースワーカー、医療、福祉関係者の方も注目する本格派ドラマ!

[生活保護]に向き合う新米ケースワーカーたちの奮闘劇、開幕!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 51674 KB
  • 出版社: 小学館 (2014/8/29)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00PXZV4OI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 61件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
福祉事務所でケースワーカーとして勤めていた経験があります。
生活保護の大まかな実態を知るきっかけとして、分かりやすくオススメしたいと思います。

受給している方の様子、福祉事務所の雰囲気や発生するトラブル、読んでいて本当に「あ〜あるわー」と思わせる内容がとても多く、多方面で取材なされているのだなと感じます。

1巻だけで見ても、こういう方確かにいたわ、と思い起こされることが多かったです。
巻末には生活保護法や制度について分かりやすく書かれたおまけもありますので、知るきっかけとしてはとっつきやすさも合わせてよろしいかと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
生活保護につき、昨今何かとかしましい。
私だってよく知らなかったが、それにしても、批判派・肯定派それぞれは、この本に書いてあるようなことをどこまで知っているのだろうか。
作者は、あくまで中立を厳守しつつ、ひたすら「ある現実」を描いている。その力量は素晴らしい。人間として、現代を生きるものとして、知らねばならないことが詰め込まれている。
選挙権を持つすべての人に読んで欲しい、そう思わせられるほどの内容である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
私は生活保護をもらう側でした。というか、親がもらっていて、私はその親に養育されている子供でした。
私のいた自治体のCWさんのコンセプトはわかりやすく、私は非常に助けられました。そして今はちゃんと納税している「フツーのサラリーマン」です。貰ってみると分かりますが、「働いても生活保護くらいしか稼げない!」なら、絶対働いて稼いだほうがいいですよ。この漫画は、そうした、文句言いたいだけの人には向きません。

作者は何かの意見を押し付けるわけでもなく、ただリアルに現場を描いていると思うのですが、そして本当はきれいごとばかりではないですが、非常に面白く読めます。
作者にこのまま特定の政治的な意見を持って描いてほしくないとは思いますが、公務員のみなさんがどういう気持ちで、どういうスタンスで働くべきかというのがすがすがしく描かれています。
この漫画が、受給者、納税者、公務員それぞれの立場を理解したうえでみんなが生きやすくなるための参考書になればよいと思います。このまま高校の教科書に載せて議論してみてもらいたいくらいです。
私は受給者側だったので、ノーテンキな主人公に「それは言っちゃダメ!!」などとはらはらしながら、新人社会人が頑張る話としても読めます。

みなさん、不正受給の話ばかりマスコミは取り上げますが、あれは本当
...続きを読む ›
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
福祉事務所の現場を知る者として、興味深く読ませていただきました。
本当に実態を描けているのか? と最初は半信半疑で手に取ったのですが、
とても綿密に取材されていて感服しました。
この作品を通して、生活保護業務のリアルを多くの方に感じていただきたいです。

1巻ということで、色んなエピソードを少しずつ見せていく方法をとったのは仕方ないと思います。
2巻以降、一つ一つのケースを深く掘り下げていくやり方に、シフトしていくのではないでしょうか。

絵もうまくて、キャラの表情も豊かでした。
受給者の部屋の中などは、細部までしっかり描かれており、漫画ならではの醍醐味を感じることができます。

不正受給(不正就労)等への批判的視点がない、との指摘があるかもしれませんが、今後必ず描かれていくはずです。
読んでいて感じたのですが、作者は生活保護というテーマを、可能な限りフェアに描こうとしています。
頑張っている受給者、怠惰な受給者、親身に相談に乗るケースワーカー、「クズが…」とグチるケースワーカー。
どれもリアルなんです。

おそらく、最終的に作者は前向きで建設的な訴えをしていくのだと思います。
残念ながら、それは現場と少しズレがあ
...続きを読む ›
2 コメント 301人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
●新卒で公務員になった空気読めない天然の義経えみるが配属されたのが生活保護課。
生活保護受給者の実態や保護課の職員の実態がリアルな感じ。丁寧な取材の結果かな?
●受給者だけでなく保護課の職員の気持ちも分かって親近感がわいてくる作品。
●読書メーターの感想文を読むとひとそれぞれでかなり感想が違うんだなと結構意外な気がした。
●先輩の半田さんの言葉が深い(医療にも通じる)
○「人の住まいを見るということは・・・人の暮らしを見るということです」
○「ちゃんと生活できているか 何か困っていることはないか・・・訪問でしか見えないこともあります」
○ 「その前に本人の話をじっくり聞くこと。まずはそこからです。」
○ 「福祉事務所は対象者からしたら『アウェイ』です」
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover