通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
停電の夜に (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

停電の夜に (新潮文庫) 文庫 – 2003/2/28

5つ星のうち 4.7 77件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 停電の夜に (新潮文庫)
  • +
  • ジョナサンと宇宙クジラ (ハヤカワ文庫SF)
  • +
  • 山の郵便配達 (集英社文庫)
総額: ¥2,149
ポイントの合計: 68pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

毎夜1時間の停電の夜に、ロウソクの灯りのもとで隠し事を打ち明けあう若夫婦──「停電の夜に」。観光で訪れたインドで、なぜか夫への内緒事をタクシー運転手に打ち明ける妻──「病気の通訳」。夫婦、家族など親しい関係の中に存在する亀裂を、みずみずしい感性と端麗な文章で表す9編。ピュリツァー賞など著名な文学賞を総なめにした、インド系新人作家の鮮烈なデビュー短編集。

内容(「BOOK」データベースより)

毎夜1時間の停電の夜に、ロウソクの灯りのもとで隠し事を打ち明けあう若夫婦―「停電の夜に」。観光で訪れたインドで、なぜか夫への内緒事をタクシー運転手に打ち明ける妻―「病気の通訳」。夫婦、家族など親しい関係の中に存在する亀裂を、みずみずしい感性と端麗な文章で表す9編。ピュリツァー賞など著名な文学賞を総なめにした、インド系新人作家の鮮烈なデビュー短編集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 327ページ
  • 出版社: 新潮社 (2003/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102142118
  • ISBN-13: 978-4102142110
  • 発売日: 2003/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 77件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,063位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
インド系2世アメリカ人、ジュンパ・ラヒリが、自分のルーツへ敬愛と愛情をこめた短編集。
インド系アメリカ人の物語を軸に、9つの物語で構成されているが、そのどれをとっても共通の抑制のきいた端正な文章もまた、印象的。

インド系2世同士の結婚の行く末をテーマにした第一話と、アメリカという土地で自分の道を切り開いてきた移民1世達に対するオマージュ、の第9話。この2話が特に印象的といっている人が多いようだ。個人的にも、9話めの、『3度目で第3の大陸』を非常に気にいっている。

それにしても、9つ全てに漂っているインド文化の薫りは、時にはっとさせられる
『これってアメリカで起きてることなんだ。』
って。
つまり、アメリカ文化の周縁でインド文化がこんなにも根付いているって事に気づかされる。
白人と黒人の対立構造とは違った次元でインド文化という衣を羽織って生活してる人がいるって事実に(当たり前のことかもしれないんだけど)、そしてその文化の深淵さに驚いてしまう。

そのいい例が、この本のひとつの特徴でもある料理の描写。覚えきれないくらいたくさんの香辛料を使ったインド料理は、毎日繰り返される。
それは、日々繰り返される日常であるがゆえに、
1年が365日ある分だけ、その深淵
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
英語圏で暮らすインド人が主人公たちの物語、9編による短編集。

文化の、言葉の、心の「ズレ」の物語。

人と人との距離は、どんな物差しでも均等には測れない。

どんなに近くにいても心が交わらない場合もあれば、大した共通点があるわけでもないのに、ふと理解しあえる場合もある。

まるで精巧な象牙細工のような作品である。

丁寧に磨かれて掘り込まれ、ひやりと冷たく、小さいながらに手にずしりと重い。

ズレが起きたそのわけと悲しみが、どの作品もとても丁寧に描かれている。

中途半端にやさしく終わらないのが、現代的か。

おすすめは「停電の夜に」(光がないからこそ浮き上がる心)、「セクシー」(ロマンティックなシーンがあるぶん、その後がまたなんとも)、「ビルザダさんが食事に来たころ」(哀愁漂うおじさんがいい)。

マジョリティの白人作家では絶対に書けないものが、彼女の作品にはある。

もちろん、インド系の中では彼女はエリートであるわけだから、そこらへんはなんとも言いがたいが。

でもとにかく良いです、おすすめ。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgar トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/21
形式: 文庫
『海外短編のテクニック』(阿刀田高著/集英社新書)という本を読んでいると、モーパッサン、モーム、チェーホフ、O・ヘンリー、カフカ、ヘミングウェイなどと並んで、インド系の女性作家ジュンパ・ラヒリが紹介されていた。しかも唯一、生きている現代作家である。そうそうたるメンバーの中でちょっと唐突なセレクトという感じはあるけれど、おかげで本書を手に取ろうという気になったのだから、ありがたい。

なぜ感謝しているかというと、これが予想外に面白い本だったからである。予想外といえば…これはやはり最初に書いておきたいのだけれど…カバーの折り返しに掲げられた著者の写真がものすごーーーく美しいことに、とーーーっても驚いてしまった。はっきり言って、こんな美人の小説家、今まで見たことがない! 僕の知る限り、洋の東西や古今を問わずだ。おそるべしインド! と驚愕せずにはいられない。

天はこのラヒリさんに、二物を与えた。それは文章を読めば、すぐ分かる。本書には9つの短編が収められているけれど、どの短編も新人とは思えない堂々たる書きっぷりで、しかも無理な背伸びや気取りを感じさせない。ドラマは起きるのだが、作者の筆は過度にならず、必要なことを的確にスケッチしていくのみ。その線に迷いがない、という印象だ。彼女は
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 planet-hibiki 投稿日 2004/10/2
形式: 文庫
レイモンド・カーヴァーの短編に胸をつかれていたけれど、ジュンパラヒリはもっと鮮やか。小説を小説たらしめるのは想像力なのだと痛感。毎日がただ過ぎ去ってしまうように感じても、ジュンパラヒリはしっかりと物語として掴んでくれる。短編だけど、人間同士の対話が、ある。「最後の大陸~」は、もっと早くに出会いたかった一遍。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー