この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

偉大な生涯の物語 特別編 [DVD]

5つ星のうち 3.9 18件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 9,800より 中古品の出品:8¥ 3,620より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マックス・フォン・シドー, チャールトン・ヘストン, ジョン・ウェイン, シドニー・ポワチエ
  • 監督: ジョージ・スティーブンス
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2006/12/16
  • 時間: 199 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000JRYN70
  • JAN: 4988142445124
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 69,991位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

キリストの生誕から最期の晩餐、復活までを、オールスターキャストと壮大なスケールで描く!

<仕様>
2枚組

<キャスト&スタッフ>
イエス・キリスト…マックス・フォン・シドー
バブテスマのヨハネ…チャールトン・ヘストン
百人隊長…ジョン・ウェイン
クレネのシモン…シドニー・ポワチエ

監督・製作・脚本: ジョージ・スティーブンス
原作: フルトン・オースラー
脚本: ジェームズ・リー・バレット
●字幕翻訳:水野佳彦

<ストーリー>
誕生から、伝道生活、エルサレム入城、ゴルゴダの丘の処刑、そして奇跡の復活を遂げるまで、イエス・キリストの波乱に満ちた生涯を数々のエピソードで丹念に綴っていく。

<ポイント>
●オリジナル劇場公開版の【65mm-6トラックステレオ】からあらためてハイビジョン・テレシネ化。新マスター採用で極まる高画質&高音質!
●本編ディスク+約75分を超える豪華映像特典を収録した特典ディスク付き2枚組!

<特典>
【Disc-2】
●メイキング・オブ・『偉大な生涯の物語』
●未公開シーン
●オリジナル劇場予告編
●ドキュメンタリー:「創造者たち」
●フォト・ギャラリー
●衣装スケッチ

Amazonレビュー

   イエス・キリストの生涯を『シェーン』『ジャイアンツ』などの巨匠ジョージ・スティーヴンス監督が、自らのキャリアの総決算として手掛けた超大作。
   奇をてらった新解釈などは施さず、潔いほどに聖書のイメージ通りのキリスト像を魅せきろうとしたところに、この巨匠の誠実さが伺えるが、それを映画的なものにしたてあげるため、キリストにはマックス・フォン・シドー、その母マリアにドロシー・マクガイア、キリストを救世主と予言するヨハネにチャールトン・ヘストン、キリストを裏切るユダにデヴィッド・マッカラム、さらにはジョン・ウェイン、テリー・サヴァラス、シドニー・ポワチエなどオールスター・キャストの布陣を敷いたあたりが、成功の秘訣であろう。(的田也寸志)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
まず、エルサレムの城壁を大オープンセットで再現した超大作である。

一説には3000万ドル以上の制作費が投入されたといわれている。
現代ならばCGで創造することしか出来ないだろう。
ニコラス・レイ監督の『キング・オブ・キングス』も実に大作だったが、城壁の規模では及ばない。

以上のような超大作だが、映像表現は、奇をてらったものは無く淡々と描いているようにみえる。
アリゾナかどこかで撮影されたようだが、そんなことはどうでもいい。
豪華な役者陣と格調高い映像があれば、舞台はどこでも良かろう。
作中、商売道具を壊しまくる、怒りのイエスが面白い。

60年代史劇の最高峰。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
『偉大な生涯の物語』『奇跡の丘』『パッション』『最後の誘惑』『キング・オブ・キングス』というキリスト映画をまとめて見ましたが(かなり早送り再生しましたが)、この中では『偉大な生涯の物語』がいちばん初心者向きだと思います。
『奇跡の丘』はリアル(ロベール・ブレッソン的な意味で)で荘厳ですが説明不足。『パッション』は最期の1日だけの映像化。『最後の誘惑』『キング・オブ・キングス』は独自解釈が目立ちます。
でもまあ、どの作品も基本的には退屈です。案外、本で読むほうが退屈しないかもです。新書なんかで聖書関係の解説書はいろいろ出てます。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
イエスの生涯を知りたい方には良い作品ではないでしょうか。
巨匠ジョージ・スティーブンス監督の長編大作でしたが、やはり
キリスト教(バチカン)からの度重なる編集(カット)の申し立て
で、結局3時間15分に短縮されてしまった。

内容的には、イエスがベツレヘムに入城する前はどちらかといえば
明るく、どこか牧歌的な流れとなっている。そして、入城後はかなり
人間臭く、まさしくローマ帝国属州の都市を映し出している。

観終って感じたことは、私的には娯楽映画というよりもキリスト教の
コマーシャルをみせられている感じがした。また、ハリウッド映画
なので仕方がないが、ロケ地がユタ、アリゾナ州とすぐわかるところが
がっかりした。

「ピラトの問い」で知られる総督ピラト役にテリー・サヴァラスは好演技。
マックス・フォン・シドーのイエス役はあまりにも紳士すぎる気がしたが、
最後のゴルゴダの丘への道のりで完全にイエスになりきっていた。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ニコラスレイ監督の(キングオブキングス)とよく比較される映画。
こちらの方がスペクタクル性は欠けるが キャスティングが豪華。洗礼者ヨハネをチャールトンヘストンなんて贅沢!
また、セリフがたった一言だが、新約聖書にも記載がある(この男は本当に神の子だった)しか話さないローマの百人隊長をジョンウェイン。これって当時としては凄い。
ストーリーとしてはイエスの誕生から処刑、復活までの生涯をオーソドックスに描いている。
聖書に関心がない人からすれば面白みに欠けるかも知れないが、見ていて心が落ち着く映画。
意外に暴力シーンは少ないし、イエスが 十字架を担いで歩くところからゴルゴダの丘で磔にされるシーンまでは、他のキリスト映画にありがちなローマ兵の暴力性が感じられない。 イエスが鞭で打たれたり どつかれるシーンもない。
これも演出の一つなのかも知れないが、おかげでイエスの悲劇性が伝わってこない。
それにしてもイエスを演じたマックスフォンシドーって凄い! イエスを演じた俳優はあまり大成しないけれど、彼はこの作品以降ハリウッド映画に頻繁に出てるし、デカプリオやラッセルクロウ、スタローンに真田広之までと共演しちゃうんだから。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 音楽ファン トップ1000レビュアー 投稿日 2016/5/6
Amazonで購入
ジョージ・スティーヴンスの監督作品で、イエス・キリストの生涯を聖書に忠実に描こうとしています。私はミッション・スクールで聖書を読み、キリスト教学を学びましたが(クリスチャンではありません)、この映画は聖書をもとに、誕生、伝道生活、処刑、復活などを丹念に描いており、(他のレビューにもあるように)キリスト教の入門になりそうに思います。ただ、結末でキリストの復活を実感として感じることは難しかったです。復活はキリスト教の重要な教えの一つですが、ここが感動的に描かれていれば、より感銘深い作品になったのではないかと思われます。チャールトン・ヘストン主演の『ベン・ハー』では、結末で母と妹の重い病が治癒する場面が描かれ、これがキリストの奇蹟と復活を間接的に表現していたのを思い出します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー