通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
偉大なギャツビー (集英社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆全体的に使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

偉大なギャツビー (集英社文庫) 文庫 – 2013/4/19

5つ星のうち 4.3 50件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 540
¥ 540 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 偉大なギャツビー (集英社文庫)
  • +
  • グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
  • +
  • ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)
総額: ¥2,376
ポイントの合計: 176pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

豪奢な邸宅に住み、絢爛たる栄華に生きる謎の男ギャツビーの胸の中には、一途に愛情を捧げ、そして失った恋人デイズィを取りもどそうとする異常な執念が育まれていた……。第一次大戦後のニューヨーク郊外を舞台に、狂おしいまでにひたむきな情熱に駆られた男の悲劇的な生涯を描いて、滅びゆくものの美しさと、青春の光と影がただよう憂愁の世界をはなやかに謳いあげる。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

ニューヨーク郊外の豪壮な邸宅で夜毎開かれる絢爛たるパーティ。シャンパンの泡がきらめき、楽団の演奏に合わせて、着飾った紳士淑女が歌い踊る。主催者のギャツビーは経歴も謎の大富豪で、その心底には失った恋人への焦がれるような思いがあった…。第一次大戦後の繁栄と喧騒の20年代を、時代の寵児として駆け抜けたフィッツジェラルドが、美しくも破滅的な青春を流麗な文体で描いた代表作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 297ページ
  • 出版社: 集英社; 改訂新版 (2013/4/19)
  • ISBN-10: 4087606651
  • ISBN-13: 978-4087606652
  • 発売日: 2013/4/19
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 295,450位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 遠近法 投稿日 2011/9/21
形式: 文庫
 一編の外国小説に対して、翻訳が何種類かあるのは嬉しいことです。ですが一方で、どの訳書を読めばいいのか迷ってしまうこともあるのではないかと思います。
 The Great Gatsbyは私の好きな小説で、原書と何冊かの邦訳書を持っているので、どの翻訳を読もうか悩んでいる方の参考に、冒頭部分を抜き書きしてみたいと思います。
 
○The Great Gatsby(原書) Scribner; First Scribner Paperback Fiction Edition 1995
In my younger and more vulnerable years my father gave me some advice that I've been turning over in my mind ever since.
  "Whenever you feel like criticizing anyone," he told me,"just remember that all the people in this world haven't had the advantages that you've had."
 He didn't say any more but we've always been unusually
...続きを読む ›
コメント 411人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgar トップ500レビュアー 投稿日 2013/7/4
形式: 文庫
『グレート・ギャツビー』。アメリカ文学好きを自認する者にとって、避けては通れぬ一里塚である。などと太平楽なことを書いている場合ではない。ランダムハウス社の一部門であるモダンライブラリー編集部が発表した「英語で書かれた20世紀最高の小説」では、第2位にランクインしている。一里塚どころか、アメリカ文学に燦然と輝く巨星なのである。

僕は10代のころサリンジャーやカポーティ、さらにジョン・アーヴィングなどのアメリカ現代文学に傾倒したが、フィツジェラルドだけはどういうわけか読まなかった。おそらく1974年の映画『華麗なるギャツビー』を観て、ふーんこんな話か、と何となく分かったような気になって、それきり食指が動かなかったためと思われる。しかし2013年、レオナルド・ディカプリオ主演の映画が公開されるに及んで、やっと原作を読んでみようという気になった(ちなみに現時点でこの映画は未見)。

本作は、どれだけ贅を尽くして遊んでもなぜか満たされない人たちの索漠たる心を描いた話であり、だからこそロスト・ジェネレーションの代表作といわれるのだ、と予断をもって読み始めたのだが、読了した今は「ちょっと違うな」という思いを抱いている。もちろんそういう側面もあるが、ギャツビー邸の夜ごとのパーティはずっと想い続けていた女性と邂逅するためのいわば方便であり、その愚直さが崩壊し
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
フィッツジェラルドの『グレート・ギャッツビー』は、中学校3年生のときか高校1年生のときかどちらかの国語の課題図書であった。私はそれを読まずに感想文を提出するような不精な生徒だったが、しかし、年を経て読書経験を重ね、この作品があちこちで(20世紀に書かれた小説トップ100といったリストも含め)言及されているのを目にするたび、いつかは読もう、それも、英語の原書で読もうと思っていた。

 ところが、この英語の原書というのが非常に難しい。冒頭の息を呑むような英文の美しさに惹きこまれ、読み進めようとしたのであるが、使われている単語の難しさ、技巧的で流麗な文体上の技巧に圧倒され、挫折を繰り返していた。

 結局私が読了したのは、野崎孝訳の『グレート・ギャッツビー』であった。私は原書に加え、村上春樹が2006年に出した翻訳書も持っているが、私にとっては、全体として、1974年の野崎訳の方が読みやすく感じた。もっとも訳文が古くなっている箇所はあるが。近い将来に、どちらか、あるいは両方の翻訳書を手元に置きながら、今度こそ原書も通読しようと思っている。

 村上春樹は、彼の新訳の「訳者あとがき」でこのように書いている。

 …『グレート・ギャッツビー』はすべての情景がきわめて繊細に鮮やかに描写され、すべての情念や感情がきわ
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
名のみ知るFrancis Scott Fitzgeraldの本書(原題=The Great Gatsby、刊行=1925年)を漸く読了。日本的感性にも通ずる至高の愛というテーマ、「作者の分身」(306頁)たるジェイムズ・ギャッツとニック・キャラウェイの人物造型の卓抜さ、初恋と悲恋のある種の究極形態の描出、現実(カネ、豪奢、米国東部のカルチャー)と夢(素朴さ、純粋さ、米国中西部のカルチャー)の対位法、栄光から転落への振幅の激しさ、秘密のベールがじわじわとひとつひとつ明らかにされていく秀逸なプロット(自動車のすり替え譚も!)などなど、堂々たる祖型性を具備したさすがアメリカ文学いや世界文学史上の傑作と称されるだけの作品ですね。読まずにいたことを大いに後悔させられました。(前半はやや退屈気味ですが、193頁以降は一気読みでした。なお、主人公の一人である「デイズィ」(Daisy)ですが、かの『デイジー・ミラー』のそれに通ずるような人物像であると感じた次第です。)

「ギャツビーがあの家を買ったのは、デイズィのいるとこが入江のすぐむこう側になるからなんだもの」(128頁)
「どれほど熱烈な情熱をもってしても、はたまたいかほど清純な純情をもってしても、男が胸の中に育む幻を完全に満たすことはできないのだ」(157頁)。
「「奥さんはあなたを愛していません」と
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー