通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
偉大なる、しゅららぼん がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

偉大なる、しゅららぼん 単行本(ソフトカバー) – 2011/4/26

5つ星のうち 4.2 84件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 821 ¥ 1
単行本(ソフトカバー), 2011/4/26
¥ 1,749
¥ 1,749 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 偉大なる、しゅららぼん
  • +
  • 鴨川ホルモー
総額: ¥3,045
ポイントの合計: 93pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

万城目学の大傑作!!!
琵琶湖畔の街・石走に住み続ける日出家と棗家には、代々受け継がれてきた「力」があった。高校に入学した日出涼介、日出淡十郎、棗広海が偶然同じクラスになった時、力で力を洗う戦いの幕が上がった!

内容(「BOOK」データベースより)

高校入学を機に、琵琶湖畔の街・石走にある日出本家にやって来た日出涼介。本家の跡継ぎとしてお城の本丸御殿に住まう淡十郎の“ナチュラルボーン殿様”な言動にふりまわされる日々が始まった。実は、日出家は琵琶湖から特殊な力を授かった一族。日出家のライバルで、同様に特殊な「力」をもつ棗家の長男・棗広海と、涼介、淡十郎が同じクラスになった時、力で力を洗う戦いの幕が上がる…! --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 568ページ
  • 出版社: 集英社 (2011/4/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087713997
  • ISBN-13: 978-4087713992
  • 発売日: 2011/4/26
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 84件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 374,945位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
流石、万城目学さんワールドですね😆❗️かなり笑わせていただきました😆❗️
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「しゅららぼん」という何ともそそる響き。これは一体なに?と読み出しました。

 今度は『プリンセス・トヨトミ』のように大がかりなSF仕掛けをもくろむこともなく、本来の万城目ぶしが冴えわたり、ふしぎな世界に拉致されて、その拘束力が最後まで持続し、なんともいえない充実感がありました。

 琵琶湖という水の力を得て、湖畔に住みつづける、ふたつの家系、日出と棗。意識を扱うらしい日出と、力を扱うらしい(実は違ったのですが)棗は、犬猿の仲、なぜなら、どちらも相手の力が、耐えられないような(下品な)音となって鼓膜を襲うので、相手が動くと、自分も力を使えなくなる、という両すくみ状態らしいのです。
 主人公涼介は能力を認められ、高1になった年に日出本家の城に迎えられ、能力を磨くとともに、舟で送り迎えされて高校に通いだします。伯父淡九郎、おてつだいのような濤子、従兄の淡十郎、その姉で、他人の内心の声がすべて聞こえるために引きこもりになった清子らと、時代劇のような生活を始めます。
 
 物語は涼介の学校生活を中心に描き、彼は一族のおかしな儀式や、「力」について首をひねりつつ学んでゆきますが、横柄な従兄が校長の娘に恋をしたり、涼介自身は、仇敵の棗一族の娘にひかれてしまったり・・・。
 事態は突然、もと城主の家系だった校長がやっ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
映画公開の予告を見て読みたくなりました。
琵琶湖が地理的に身近なこともあり、おもしろかったです。
登場人物が魅力的で、映画も見たくなりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
今回も本当によくこれだけのストーリーを考えることができたなと思う作品で、
更に滋賀の情景がとても浮かび、滋賀の魅力を大いに感じました。
実際この作品を読み、滋賀に行きたくなり、3回行きましたが、
滋賀は本当に素晴らしいと改めて認識しました、。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
どうしたんでしょうか?
盛り上がりもなく、ひやひや、わくわくも無いまま
(言いすぎでしょうか?)終わってしまいました

マドレーヌ婦人の夫に、一瞬「ニヤッ」としただけ
今までこんなこと無かっただけにとても残念です
がっかり・・・・でした
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
これまでテレビドラマ『鹿男、あをによし』(星5つ)と、映画『鴨川ホルモー』(星3つ)『プリンセス・トヨトミ』(星4つ)を観ているだけでしかなく、万城目氏の小説をじかに読むのは初めてです。
まだ途中ですが……文体含め、期待していたほどではなかったので現時点で星三つ。そして、なぜか(多分特別に深い意味もなく)某国名が頻出するので、星一つ減。法則発動しないうちに読むのをやめる予定。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 基本的には青春SFギャグ小説。人知れずサイキック能力を持ち、ひっそりと城(本物の城ですよ、あーた)に住む一族がいた。そのサイキック能力を私欲のために使い、滋賀県で権力をほしいままにしているのが日出一族であり、視点人物「涼介」が能力ありとして本家に迎え入れられるところから本編がスタートする。
 だが、日出のサイキック能力には、致命的な副作用があったのだ。そして、不幸にもライバル一族さえいたのだ。
このまた副作用が冗談のようなものなのだ。しゅららぽんって…。
 赤い詰襟で船で通う高校生なんて、ギャグが突き抜けすぎてスペってまっせ、マキメはんっ!
 序盤は何のことやら仕組みがわからなくて、とにかく読み進めました。半分くらいで、なーるほどと、いろんなセリフが整合性を持ってきます。
一族を揺るがす大事件が起きるあたりから急展開。滋賀県のごく一部だけで普及率百パーセントというボードゲーム「カロム」は、本筋にあまり関係ないものの、事実ですよ。
 なんといっても物語の収束が完璧だ。物語の初めと終わりでは、事件が終わってほとんど元に戻っている。でも決して同じ世界ではない。何かが取り戻され、何かが失われている。世界というのはそういうものだ。決してただ単に元に戻るなんてことはない。
 そして、描かれないラストシーン。描く必要のないラストシーン。
 蛇足だが、彼がいるからには、彼女だっているはずだ。
 完璧だと思います。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
少々ネタバレがあると思うのでまだ本を読んでいない方は注意してください。

マキメワールドの「面白さ」「ワクワク感」は他の方のレビューにたっぷり記されており、うなずきながら読んだ。
さらに一つ、レビューとして書き加えたいことがある。

万城目さんの世界では、得体のしれない力に翻弄されつつもあがき、戦う主人公たちの姿が描かれる。その得体のしれない力は、普段私たちが日常で感じたこともない、考えもしないようなものばかりだがしかし、その計り知れない威力を想像していると、ふと畏怖の念が襲ってくる。自然への畏怖。昔の人はこんな風に自然を恐れて、神を崇め、祭りをして祈りを捧げたのだろうか。現代人の多くが忘れたであろうこの畏怖の念を、万城目さんは呼び起こそうとしているのではないか…私にはそう感じられた。

本書では、さりげなく琵琶湖に沈む空き缶やらなんやらのゴミの描写がある。また、登場人物のセリフに「琵琶湖を汚しているんだから(琵琶湖の龍に)人間を大切にしろというのも無理な話だ」というニュアンスのものもあった。くどくなく、さりげない挿入だが込められたメッセージ性は強いと思う。

自然への畏怖を忘れ、好き勝手にふるまう人類への警告。
大仰なと思われる方もいるかもしれないが、マキメワールドには面白さだけでなくこんな意味も込められていると感じた。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す