中古品
¥ 1
+ ¥ 271 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●注文確定日から1〜2営業日以内に発送●プチプチ又はフィルム袋にて防水梱包。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

借金1兆円を10年で返した リクルートの現場力 単行本 – 2005/2/10

5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2018 大賞作品決定!
大賞は 『SHOE DOG(シュードッグ)』 その他の受賞作は>>こちら

商品の説明

内容紹介

これはタイトルにある通り、リクルートの「現場力」に関しての本です。バブル崩壊以降の10余年で1兆数千億円もの借金を返済してきたリクルートの現場力を、PDCA(PLAN、DO、CHECK、ACTION)とその前提となるBASE(組織基盤)のフレームに則って、自己分析しています。僕はリクルートの現役の社員であり、その意味で近視眼的なところもあるかもしれませんが、リアルなエピソードや過去の制度の詳細をできる限り紹介しています。単なる合理的ではない、いわば「人間合理的」なリクルートの現場のエッセンスを感じて頂ければ幸いです。そして、読後是非ご感想を頂ければ幸いです。

著者からのコメント

バブル崩壊以後、国富を数百兆円も失ってきたこの一〇年余りに反するように、リクルートは毎年着実に借金を返済してきた。なぜそんな非常識的なことができたのか?その問題意識が僕の中に生まれたのは二一世紀への代わり端、二〇〇〇年前後のことだった。僕の耳に、お客さんからこんな言葉がよく入るようになった。
「リクルートの人はどうしていつも元気でよく働くの?」
「なぜリクルートは新規事業が産まれるの?」
「なぜリクルートの女性は活躍をしているの?」
「リクルートの人は儲け上手だねぇ」。
そして一番印象に残っている問いが「どうやったらこんなスピードで借金が返済できたの?」だった。
この時期、iモードの考案者である松永真里氏に代表されるリクルート卒業生の社会での活躍もあり、マスコミが取り上げる機会が増えたこととも重なって、世間の注目が少なからずあった。こう書くととても不遜に思われるかもしれないが、実際社内にいるよりも社外―特にお客様―からの質問・疑問が多かった。社員である自分にしてみればそれほど気にすることでもない些細な事象が、社外の方々にはとても興味があったのだろう。特に顧客企業の経営者からは、借金の返済の事実とその原動力・秘密に関してよく訊かれた。
昔からリクルートは、元気な会社というイメージはあったし、それを地でいくエネルギーやバイタリティがあった。僕が入社した一九八六年は平均年齢二四歳のほとんど学生サークルのノリの会社だった。現在の社員の平均年齢は三四歳。以前の若さはかなり陰を落とし気味かもしれないが、リクルートには何かがある。それが「なぜ一兆円の借金を返済することができたのか」という問題意識のきっかけとなった。

その答えを一言でいうならば、「現場力」ではないだろうか。

本書では、リクルートで現役かつ現場の最前線で仕事をしてきた人間が、何を感じどう行動してきたのかを書きたい。そこには大袈裟かもしれないが、個人の仕事の在り様が潜んでいると思えてならない。リクルートというプラットフォームはとても特殊かもしれないが、そのうえで仕事をしてきたのはごく普通の人たちだ。そのひとりとして、リクルートの非常識さとある種の合理性、またリクルートの現場力、事業マネジメントの流れやそれを支えるさまざまな組織風土について考えてみたい。とりわけ現場の個々の社員の力が、自然と発揮される現場力について焦点を当てたい。
当事者なので変な思い込みや過度の思い入れもあるかもしれない。しかし、リクルートが企業改革に成功したのは、個を基盤とした現場マネジメントの力が発揮されたからであり、正にこれは日本自体で進めなければならない改革であると思えてならない。リクルートは、評論家のように述べるのではなく、自ら主体者として変革を進めたからこそ変われたのだ。同じように日本が変わることができるとすれば、やはり個が基点となるのは間違いない。個の力を基にした現場力。ヒントはその中に根差しているだろうし、普通の人びとの集まりであるリクルートならなおさら何かが掴めるかもしれない。これはそんな改革の場に存在している自分自身に対する振り返りでもある。

リクルートを題材に現場マネジメントについて記すなかで、当然のことながらさまざまなリクルートの制度や仕組みについて言及することになる。ただ、リクルートは現在進行形だ。書かれた内容と最新の状況とが必ずしも一致しないことをあらかじめお断りしたい。特に人事制度に関しては日々イノベーションしているので、違和感が生じる可能性がある。また、本書はあくまでも現場の視点で書いているので、全体を俯瞰していない点があることも重々承知のうえである。現場に身を置いてきた一人の人間の感覚として読み進めていただければ幸いである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 194ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2005/2/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478312168
  • ISBN-13: 978-4478312162
  • 発売日: 2005/2/10
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 516,116位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2005年12月8日
形式: 単行本|Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2014年3月11日
形式: 単行本|Amazonで購入
2005年12月12日
形式: 単行本
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年11月30日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年12月12日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年3月17日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年3月12日
形式: 単行本
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年3月17日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告