中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!) 単行本 – 2007/11

5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 741 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

少女を殺したのは、物語に秘められた毒――戦時中のミッションスクールでは、少女たちの間で小説の回し書きが流行していた。蔓薔薇模様の囲みの中に『倒立する塔の殺人』とタイトルだけ記されたその美しいノートは、図書館の書架に本に紛れてひっそり置かれていた。ノートを手にした者は続きを書き継ぐ。しかし、一人の少女の死をきっかけに、物語に秘められた恐ろしい企みが明らかになり……物語と現実が絡み合う、万華鏡のように美しいミステリー。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

戦時中のミッションスクール。図書館の本の中にまぎれて、ひっそり置かれた美しいノート。蔓薔薇模様の囲みの中には、タイトルだけが記されている。『倒立する塔の殺人』。少女たちの間では、小説の回し書きが流行していた。ノートに出会った者は続きを書き継ぐ。手から手へと、物語はめぐり、想いもめぐる。やがてひとりの少女の不思議な死をきっかけに、物語は驚くべき結末を迎える…。物語が物語を生み、秘められた思惑が絡み合う。万華鏡のように美しい幻想的な物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 316ページ
  • 出版社: 理論社 (2007/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4652086156
  • ISBN-13: 978-4652086155
  • 発売日: 2007/11
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 599,008位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
かなり読みにくい・・・途中で投げだそうかと思いましたが、一種独特の「雰囲気」に惹かれてズルズルと最後まで・・・。そして・・・何とか読了して・・・思わず唸りました!

物語は太平洋戦争末期の戦中戦後、東京の女学校が舞台。女学校特有の先輩後輩の間の愛憎シーンや同級生の間の軋轢、友情、激しさを増す空襲の中で失われる 命、女子挺身隊として過酷な労働に励む日常と、その中でも交わされる少女たちの密やかな交流の様子などが描かれる。それに絡んでくるのは空襲の最中の不可 解な「死」、そして書き手を引き継ぐことを期待された謎めいた手書きの本・・・。

手書きの「本」の物語に少女たちの「過去」や「今」が混じり合い、百合的な面に目が奪われていると、グロテスクな「悪意」や「恐怖」の存在も伺わせ る・・・。多数の小説や画集の描写もあるが、これがまた思春期特有の一筋縄では行かないものばかり・・・。シュールでグロテスク・・・そして妖しくも美し い・・・・・・。結末はミステリー的な面もあるが作者はあからさまには描かない。好きだからこそ・・・そうせずにはいられなかった・・・そこはかとなく・・・切ない終わり方です。

戦中戦後の激動の時代を生きた作者が、「あの頃」の自分を重ね合わせて書いたと思える具体的な描写、その上にほとんど幻想的と思える世界が重ね合わさ れた不思議なお話です。美しいバラには棘があるように一筋縄ではいかない展開ですが、結末の見事さを思えば耐えるべきでしょう。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
全体的に文章の密度が濃いのに加え、物語の中でさらに物語が紡がれ、しかもそれは複数の人物が次々と続きを書いていくというものなので、構造的には非常に複雑なはずなのだが、読んでいてあまり混乱をきたさないのは著者の筆力、もしくは構成力のたまものだろうか。

しかもそれでいてきちんと「殺人事件」が起こり、しかもその解決が物語中の物語と物語の中における現実をリンクさせながら、読者をきちんと納得させるだけの結末に持っていく自然さもある。
地力が違うなぁと感じる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の作品は、何度も読み返し、前後関係を確認し、というのを繰り返すため、なかなか読むのに時間がかかる。
それは、微に入り細にわたる過剰な描写をしないためであり、そこが著者の作品の持ち味でもある。
つまり、読者が創造を広げる範囲が広い、ということだ。

本作は戦時下の女子高を舞台としたものであり、その雰囲気と、その時代に設定した必然性は十分である。
そして、登場する少女達の、女性作家でなければ描写できないであろうと思われる赤裸々な姿が、読みどころだ。
ミステリとしてはメタ、というジャンルに分類されてしまうかもしれないが、作中作が重要なキーとなる。
著者の他の作品と同様、本格度が低いという点はあるが、非常に面白い。
さらにはこのラストだ。
なかなかにダークである。

本作を読んで連想したのが、高木「わが一高時代〜」だった。
この両作の雰囲気の相似はどうだ。
もちろん設定も犯人もトリックも、ましてや作者の作品に対する意図も、まったく違うはずだ。
しかし、それでもこの両作は、戦時下が舞台というだけではなく、学生に及ぼす戦争の影が、非常に濃密に描かれている。
これがヤングアダルト向けの叢書の一冊として刊行されたことに、拍手を送りたい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
皆川博子さんは前から読んでみたいと思いつつ、なぜか読み損ねて、今頃になってしまいました。そして、やっぱり、もっと早く読めばよかったと思いました。期待以上のすばらしさです。とにかく美しい。そして、美しいのにリアリティのある世界です。戦時中のお嬢様学校の様子が鮮明に伝わってきて、少女たちの思いに深さを感じました。最近の作家さんがお嬢様学校を舞台に書いた小説とはまるで違う。あっちは薄っぺらくて、いかにもお嬢様に憧れる庶民が書いたって感じですが、こちらは真実だったのだろうと思わせる説得力があります。逆に薄っぺらいものに慣れてしまっている方は低評価になってしまうのかなと残念ですが、私は一流と呼べる数少ない作家さんの一人だなと思いました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
少女期特有のうつくしさと、残酷さが描かれていく。
この刹那的な閉塞感が好きだ。
でも、ただ退廃的なだけで終わらなくて、
最後に挿入される、ある登場人物のモノローグに、
未来へと続いて行く確かな希望をも感じさせてくれる。

物語世界の雰囲気が具現化されたような、
カバーイラストも含めたパッケージも秀逸で、
手元に置いておきたくなる一冊。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー