通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
倉山満の憲法九条 ― 政府も学者もぶった斬り! がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【アマゾンセンター預けの為プライム対応商品です。】【代引選択可能です】【アマゾンセンターから発送致しますので安心です。荷物状況の確認もアマゾンサイトにてできます。】【お急ぎ便、代引き、コンビニ受け取り対応しています】 ◎ヤケもなく、概ねキレイで使用感ありませんが、カバー上部2ミリ程の所に本体とのズレで生じたスレが見られる為、「新品同様」とはしていません。本体には影響していません。 ◎中は書き込み・折れありません。 ◎帯付きで概ねキレイですがスレが見られます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

倉山満の憲法九条 ― 政府も学者もぶった斬り! 単行本(ソフトカバー) – 2015/9/17

5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,050

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 倉山満の憲法九条 ― 政府も学者もぶった斬り!
  • +
  • 自民党の正体
  • +
  • この国を滅ぼさないための重要な結論 《嘘まみれ保守》に憲法改正を任せるな! (Knock‐the‐Knowing)
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「九条にノーベル賞を」と願う方は絶対に読まないでください!

歴史が実証する―
「集団的自衛権」「解釈改憲」などの無駄な憲法論議!


宮沢俊義、芦部信喜、長谷部恭男、小林節、木村草太をはじめとする著名憲法学者たち、
安倍内閣、自民党憲法草案、内閣法制局・・・・・・みんなまとめて叩き斬る!

国際法も軍事も地政学もロクに知らない憲法学者、そのお花畑な論理にツッコまずにはいられない
「この本にはなかなかギャグが入れられない。
だって憲法九条そのものがギャグだから」


既に護憲派の術中にはまっている安倍内閣。「改憲派」と一緒くたにされても困る
「こんなことばっかりいってるから保守から嫌われるんだ・・・・・・」

内容(「BOOK」データベースより)

歴史が実証する―「集団的自衛権」「解釈改憲」などの無駄な憲法論議!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: ハート出版 (2015/9/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4802400020
  • ISBN-13: 978-4802400022
  • 発売日: 2015/9/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 271,066位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 本書は主に集団的自衛権に反対する憲法学者の主張を並べ、それを著者が批判するという形式になっている。
著者が指摘するように国際法で想定している集団的自衛権とは「外国軍への基地提供」も含まれており、このことから日本は朝鮮戦争の頃からすでに集団的自衛権を行使しているといえる。
 ところが日本の憲法学者はこの事実を一切無視している。同じ「集団的自衛権」でも憲法と国際法とでは想定するものが異なるということだろうか。仮にそうだとするならば一口に「集団的自衛権」といっても憲法学者の考えるものとそうでないものとに分けられ、同じ用語でも意味が異なるということになり、これが集団的自衛権の議論を難解にしているともいえよう。
 要は「用語の解釈」の問題ではないかと思われるかもしれないが、日本の憲法学の特殊性を語るうえで、この「用語の解釈」は重要である。
 本書でも紹介されているように、ある憲法学の大家は有名な「必要最小限度の実力」の解釈に際して失笑されたことがある。
「具体的解釈」「具体例」という次元、特に安全保障の次元となると憲法学者は完全に「異世界の住人」になるといって良い。 日本の憲法学者は「事実」に基づくことなく、仮説を超えた自らが空想するものに基づく「解釈」なるもの示す。いわゆる「お花畑」というやつだ。
 この「お花畑」の基礎となる思
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
さぁ、今週は何をよっもおっかなぁーー、先週は石原慎ちゃんの天才と再生かじったけど。

今週は、自己啓発で 無駄に生きるな熱く死ね と 他に何か1冊 と思って山積みになった本の中からめっけたのがこの本

さて、おもむろに中を空け、ちょっと最初を読み始めたら、なんとなんとあのとんでもない出来の悪い日本国憲法の特に出来の悪い第9条についてのみ焦点を当ててぶったギっているではありませんか、それも半端なぶった切りではないの、

わしもここまでぶったギルかと思うほどマンガちっくにぶった斬っている。

水割りではない、ストレートに切りまくり。このGHQが日本を弱体化するために日本政府に押し付けた出来の悪い現在の日本国憲法の特に出来の悪い子である第9条について、やれ平和憲法だの、第9条こそノーベル平和賞に値するだのバカなことを抜かしてる左翼政党、一部の学生、左翼民間人、文化人に読ましてやりたいよ。昨年の安保関連法案を戦争法案だの違憲だのと抜かして国会の前や日比谷公園などで全国総動員デモだの集会を暇なのかしている連中に。

とにかく面白そうだから、今週はこれにする。あっという間に読めそうだな。まるでマンガだ。でも、真面目にぶった斬ってるもんだから、護憲派の連中はこれ読んだら余りの迫力に卒倒しちまうだろうな。

面白いから読んでみたらどうかな。お奨めです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
あまりにもくだらない内容を突き詰めて考える「憲政史家」倉山先生に脱帽。
「日本国憲法解釈学」だけでなく法解釈学ほど面白くないものはない。
(かつて「法社会学、経済人類学」で名を馳せた栗本慎一郎先生も同意見)
Wissenschaft für Brot

小林節へのおちょくりはおもしろい。KOされたな。
「日本国憲法教」信者は禁書にするだろうな。

今度は前向きな「倉山満の国際法入門」を希望。
1 コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
が、すごいと思いました。2013年7月のダイアモンド・オンラインのインタビュー記事です。引用します。

(ここから)

――集団的自衛権の考え方については、どうですか。

 先にも述べた通り、政府は自国の自衛権の存在を認めています。そうなると、自衛権を持つ独立主権国家が「個別的自衛権」と「集団的自衛権」の両方を持っていると考えるのは、国際法の常識です。

 政府は憲法の立法趣旨に照らして、集団的自衛権を自らの解釈で自制していますが、このままだと日本は、他国に攻められたときに自分たちだけで自衛しなくてはいけません。しかし、「襲われたら同盟国が報復にゆく」というメッセージを打ち出せる集団的自衛権は、他国の侵略を牽制する意味においてもメリットがあります。だから、改めて「日本は集団的自衛権を持っている」と解釈を変更するべきでしょう。

 今の日本は海外派兵を自制しているため、自国が侵略されそうなときは同盟国である米国に助けてもらえる一方、米国が侵略されそうなときには助けにいけない。日米安保条約は片務条約になっています。これまで日本は、9条のお陰で日米安保にタダ乗りし、米国の傘下で安心して経済発展に邁進することができた。

 でも、これだけの大国になった今、それでは済まない
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー