通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
俺を好きなのはお前だけかよ(5) (電撃文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

俺を好きなのはお前だけかよ(5) (電撃文庫) 文庫 – 2017/4/8

5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 337

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 俺を好きなのはお前だけかよ(5) (電撃文庫)
  • +
  • ヘヴィーオブジェクト 北欧禁猟区シンデレラストーリー (電撃文庫)
  • +
  • ゼロから始める魔法の書IX -ゼロの傭兵〈上〉- (電撃文庫)
総額: ¥1,976
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

「俺は、すべてのラブコメを過去にする」

最強の敵・ホースは、俺を圧倒する完全上位互換キャラ。
「勝負に負けた方は、二度と三色院菫子に近づかない」
舞台は因縁のあの場所・高校野球地区大会決勝戦へと移り、俺達は『決選投票』という名のパンジー争奪戦に挑む。
──どちらが、パンジーの傍にいるのに相応しいか。
普通なら勝てるわけねぇ。なぜなら奴は全てが万能で、その完璧さゆえにパンジーを『呪い』で蝕むチート主人公。
だから今回も、俺は『作戦』を考えた。当然、とびっきり卑怯なヤツだ。作戦はこう。ひまわり、コスモス、あすなろの手から逃れ、ホース取り巻きの女を説得して『清き一票』を奪う。誰も味方がいねぇ最難関ミッションだが、やるしかねぇ──んだが、最悪にも俺は最も頼れる親友と決別しちまった。
サンちゃん、元気が出ねぇよ。俺、この勝負勝てるかな……。

内容(「BOOK」データベースより)

最強の敵・ホースは俺を圧倒する完全上位互換キャラ。「勝負に負けた方は、二度と三色院菫子に近づかない」舞台は因縁の特異点・高校野球地区大会決勝戦へと移り、『決選投票』という名のパンジー争奪戦に挑む。―どちらが、パンジーの傍にいるのに相応しいか。普通なら勝てる訳ねぇ。なぜならヤツは全てが万能で、その完璧さゆえにパンジーを『呪い』で蝕むチート主人公。だから今回も俺は『作戦』を考えた。当然とびっきり卑怯な作戦。それは、ホース取り巻きの女の子を説得して『清き一票』を奪うこと。難易度ド高めだが、やるしかねぇ―んだけど最悪なことに俺はこの勝負の直前、頼れる親友と決別しちまった。サンちゃん、俺この勝負勝てるかな…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2017/4/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048928317
  • ISBN-13: 978-4048928311
  • 発売日: 2017/4/8
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,767位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
とても面白かった。綺麗に収まりました。タイトル詐欺でもなかったですw
1-5巻まで一日で一気読みしてしまいましたw
ここで終わっても問題ないですが、
なんでパンジーはジョーロのことをここまで好きになっていたが、非常に気になります。
一応出会いは描かれていますが、少し会話しただけでここまで惚れているのは少し腑に落ちません。
(内面を知れるエスパー?だから、ストーカーしているうちに好きになった?)
(付き合うつもりはないとは言っているとはいえ、結婚するつもりはあるみたいに見える)

まだまだ続くみたいなので、『彼女』が登場したら描かれるのかな?
今後の展開に期待してます!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
4-5巻は前後編仕立ての長編で、これまでのいろいろな伏線を回収する巻でした。
4巻を読み終わって、何となく色々仕掛けを張り巡らしている感がありましたが、
この5巻で仕掛け花火を一斉点火するかのように一気にパタパタと畳み掛け。スパッとキマッたって感じです。
鉄板なラブコメのパターンでは、なんでコイツがもてるか解らんような主人公に美女が付き、巻を重ねるごとに借金の利息が如く
新美女キャラが次々登場してくるもので、挙句人気と勢いが落ち込んで最後は破綻処理、というものですが
このシリーズは上手いこと裏をかいております。(ちょっとだけ往年のうる星やつらの諸星あたるを思い出しました)
最初の1巻で話が完結し、これはこれで閉じた完成度だったのですが、シリーズ化して仕切りなおし、2巻3巻と重ねるうちに
「やっぱお約束鉄板ルート?」と思いきや。この4,5巻で見事にひっくり返した画期的な新機軸でした。
異世界に転生したり、仮想空間にダイブしたり、魔法や超能力が使えなくても アイデア一つで現世舞台でこれだけ面白くできる。
作者あとがきは是非本編読んでからがお勧めですが、作者のやりとげた感が伝わります。狙い通り楽しませてもらいましたよ。
この後もシリーズになるそうですが、まずはこの巻までの出来はお見事と思い
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
異世界転生物ばかりがもてはやされていて、ラブコメと言うジャンルはオワコンなの?と思わせる今日このごろですが、
この巻を読むとまだまだ面白い作品は出来るジャンルと感じました。
前作と前後巻とした冒険に出ましたが見事にまとめて来ましたね。
この作品お得意のどんでん返しの波状攻撃、しっかり読んでないと損した気分になります。
サンちゃんのモノローグとか重たいよなあと思いつつも終盤しっかり回収するんですね。
この巻で終わらしても良い感じですが、人気ありますから2桁巻まで行きたいですよね。
これからに向けた伏線らしきものは中学生時代にジョーロを好きだったと言う女の子、パンジーが校外にいたと言う友達の存在。
これって同じ人だよなあ、きっと。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
バクマンのような言い方になりますが、
邪道のような完全王道ラブコメです。
対象は高校向けでしょうか、小学生・中学生にはかなり厳しいかもしれません。

わたしは1・3巻で『彼』の評価がダダ下がりだったのですが、
5巻のこの伏線の回収であれば、納得できます。逆にそれ以上の敵・ホースの存在も大きかったです。

まあ、人気もあるようですし、ジャンプ+でコミカライズもあるようで(実際に読みましたが、
なかなかよい作品でした)、しばらくは綾小路颯斗くん、アルファベータくんは
出てくるでしょう。

『彼女』が会計の山田さんだったらどうしよう・・・
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今までは毎巻賛否が分かれていたが、今巻は高い評価を付ける人がほとんどではないか、というぐらいに話がよく考えられていて素晴らしかった
客観的に見れば評価は★5だが、個人的には前巻の時点で全ての登場人物を好きになれなくなっていたようで、多くの人が感動するであろうシーンを読んでも特に何も感じなかったので★3としておく
シリーズ化が決まった時点でこの構成を考えていたそうだが、2~4巻が1巻や5巻ほどおもしろくないのは良かったのだろうかと疑問に思ってしまった
これにて「一学期編」完結で次巻から第2部に入るようで、どのような話になるか楽しみにしたい
これからこのシリーズに手を出す人には、1巻のみ試しに読んでみるか、1~5巻をまとめて読むかのどちらかを強くお勧めする
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告