中古品:
¥ 2,150
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: アマゾンから24時間以内に発送!《 国内正規品 》 在庫1点のみ、レンタル品ではありません。 ディスクはキレイで再生に問題無く、全体的に状態は良好です。 アルコール除菌後、クリスタルパックにて包装・保管しております。 丁寧に梱包してお手元に迅速発送させて頂きます。 アマゾン専売商品ですので在庫切れはありません。 ご安心ください。 
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

俺は、君のためにこそ死ににいく [DVD]

5つ星のうち 3.7 123件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:32¥ 1,545より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 岸惠子, 徳重聡, 窪塚洋介, 筒井道隆, 多部未華子
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2007/10/21
  • 時間: 135 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 123件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000TLYCSG
  • EAN: 4988101131914
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 36,873位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

【解説】
昭和19年秋、太平洋戦争で圧倒的劣勢を強いられていた日本軍は、戦闘機に250キロの爆弾を搭載して敵艦に体当たりをする特別攻撃隊を編成。本来なら未来を担うべき若者たちの尊い命が多数失われていった。
特攻の基地のあった鹿児島県・知覧で軍の指定食堂を切り盛りしていた鳥濱トメさんは、家族と離れて出撃を待つ若者たちに母親のように慕われた人だった。トメさんは、大切な着物をコメや魚に代え出撃前の隊員たちに御馳走し、深夜の飲食は違反だと憲兵になぐられながらも「明日死ぬ人たちじゃないか。私はどうなってもいい」と言ってやめなかった。そして彼女は、人に明かせぬ彼らの悩み悲しみあるいは恐れを聞き取りつづけることになったのである。トメさん自身の口から若者たちの真の姿を聞かされた石原慎太郎氏は、8年前に本作を企画し、脚本を書き上げた。監督は、自らのルーツである沖縄をテーマに意欲作を撮り続ける新城 卓。主題歌は、B’zの松本孝弘と稲葉浩志がシナリオを読み、知覧特攻平和会館を実際に訪れて感銘を受け書き下ろした『永遠の翼』。
特攻隊員役には、徳重 聡、窪塚洋介、筒井道隆。鳥濱トメ役には、石原氏の熱烈なラブコールを受けた、女優・岸惠子が扮する。当時のリアリティを再現する為、陸軍戦闘機・隼を実際の設計図を取り寄せ実寸大で復元した。特にクライマックスの特攻シーンでは、『男たちの大和/YAMATO』の特撮VFXチーム、空撮CGの第一人者ら精鋭スタッフによる衝撃的な特攻シーンがかつてないインパクトとリアリティでスクリーンに炸裂する。過酷な時代を生きた日本人の想いが、62年の時を超え、今私たちの魂を揺さぶる。

【キャスト】
徳重 聡 窪塚洋介 筒井道隆/岸 惠子

【スタッフ】
脚本・製作総指揮:石原慎太郎
監督:新城 卓

【公開日】2007年5月公開

●映像特典(予定)
◆特報
◆劇場予告
◆TVスポット
●封入特典(予定)
◆オリジナルフォトカード(初回封入特典)(予定)
※オリジナルフォトカードは限定生産品です。在庫が無くなり次第、通常の仕様での販売になります。
●ピクチャーレーベル

DSTD02732/3,800円(税込3,990円)/COLOR/本編135分/片面2層/1.主音声:サラウンド 2.主音声:ドルビー5.1ch/日本語字幕/16:9LB

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

石原慎太郎が製作総指揮と脚本を手掛けた戦争ドラマ。太平洋戦争末期、鹿児島で食堂を切り盛りし、出撃を待つ若き特攻隊員たちに慕われた“特攻の母”鳥濱トメさんの視点から、はかなく散っていった若者たちの青春模様を綴る。トメを演じるのは岸惠子。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
上映当時 マスコミでは石原が作るのだから戦争美化の映画だ!みたいな評価をされていたと記憶しています
私も当時流されて見もしませんでした
永遠の0をみて そしてこちらの映画も見ました
実際見てみるとこれの何処が戦争美化??全く人の評価なんていい加減で時には決め付けでコメントされます!!
石原が作った映画というだけで・・・
作品は実話に基ずき描かれているだけに色々な事を詰め込んでいますが比較的良くまとめられている方だと思います
なので何度か見るとより深く解りました。私は3回見ました
なぜ石原さんが??と思い色々調べました
深い繋がりがあったのですね
石原さんが20代で超売れっ子小説家だった頃 特攻の母 鳥濱トメさんと知り合ったそうです。最初会いに行った時は塩かけて追い返されたとか・・・。
あまり語らたがらなかったトメさんも石原氏にだけは心を許すようになった様です。
石原氏はS63雑誌のインタビューで「生きた菩薩という言葉があるが、そんな人を私はこの世で一人だけ知っている。鳥浜トメという、今は多分八十に近い老婆である。・・・続く」と書いている。
トメさんが亡くなられた後に時の宮沢総理にトメさんに国民英雄賞をと推薦するが断られたそうです
それに
俺は、
...続きを読む ›
1 コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
史実に基づいたストーリーは、説得力が有り感慨深い。
70年前には、祖国や愛する人のために命を投げ出した若者がいたという事実を忘れてはならない。

映画では、知覧から特攻に行く操縦士と、軍指定食堂「富屋」を営む鳥濱トメさんとの交流を元に、
陸軍特攻隊員の苦悩や悲哀を描いている。
エピソードもうまく取り入れてあるし、特攻シーンは迫力があり、実際の特攻映像をカラーで再現しているのは驚いた。

【ネタバレ】
出撃する特攻機を見た老人や少女達が、飛んでゆく飛行機に頭を下げるシーンや、散華した仲間たちが主人公を取り囲むシーン、出撃をする隊員の弟が一生懸命に追いかけてくるシーン、終戦後、米兵が飛行機を山積みして火をつけるシーン等は涙を誘う。
特攻機が朝日の登る開聞岳を東に見ながら沖縄へ向かうシーンと、現代でのトメさんが高台から感慨深く開聞岳を見つめているシーンが印象的である。
日本人が忘れてはいけない物語である。
ただ、ベテラン俳優と若手俳優の演技力の差が大きく、特に無名の若手の演技は見ていて恥ずかしくなるので、1点減点。

【蛇足】

☆1つと評価した人の中には、
1 単に「特攻」を否定し、この映画を批判しているコメントがある。変だと思
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
色々批判があるみたいですが、私はこの映画を見て、はるばる知覧特攻平和会館まで行きましたし、ホタル帰るの小説も読みました。私はこの映画、凄く良いと思います。
名前は実名ではありませんし、少し脚色してますが一人一人の物語は本当です。この映画に収まりきらない他の隊員のエピソードも富屋食堂には書いてありますし、この映画を見て多くの方に知覧特攻平和会館や万世特攻平和祈念館やホタル館富屋食堂に足を運んでもらいたいです。
私はこの映画を何度も何度も見て泣きました。素晴らしいと思います。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画を見て、その世代、価値観、国籍、または映画という娯楽に対するそれぞれの期待によって、色々評価が分かれるだろう。
私は、プライベートライアンの冒頭のDデイの30分にわたる連合軍のオマハビーチ上陸作戦のシークエンスを観て、戦争の恐ろしさを疑似体験し、戦争そのものを憎悪する人間の一人である。
しかし、事実この国は敗戦する60年前までは、政治・外交の手段として戦争を行える国であったし、その戦争に多くの若者(多くは大正生まれ)が好む好まざるに関わらず、前線へと送り込まれた。
当時の事は古いニュースフィルムや数多くの文献で知ることが出来るが、果たして半世紀以上前の事をリアルに感じることは難しい。
だから、靖国神社に併設されている遊就館に掲げられている多くの英霊達の写真を見た時の衝撃は今でも忘れられない。
自分と同世代の、いや今の自分の年齢から考えると遥かに若い人たちの、凛々しい表情や若者らしい笑顔、そして残された者たちへの遺書の数々。
こんな顔の友人いるよなぁ、などと感慨にふけっていると、急にかつての戦争が実際のものであったこと、そして多くの人々が亡くなっていったことがリアルなものとして実感できたのだった。
それは、価値観や思想を超越して、尊い何か(それは命や残されたものへの思い)を犠牲にして、
はかなくも
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック