通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫) 文庫 – 2011/5/10

5つ星のうち 4.3 77件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫)
  • +
  • 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9 (電撃文庫 ふ 8-14)
  • +
  • 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈10〉 (電撃文庫)
総額: ¥1,825
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「私と付き合ってください」新たな局面を迎えた恋愛模様。そして―「きょうちゃん。―おこるよ?」「貴様等、そこに並んで正座しろ!」「恋人ができたそうですね、お兄さん」俺の全方位土下座外交が幕を開けた。幼馴染みに三年ぶりのマジギレ予告をされたり、あやせに火あぶりにされかけたり―「五更日向です。―こっちは末っ子の珠輝」新たな登場人物も加わって高校生活最後の夏休みは毎日が大騒動だ。そんなある日、黒猫が『運命の記述』と題された予言書を見せてきて…?予言書に秘められた少女の“願い”とは!?兄妹の関係にも一大転機が訪れる、シリーズ第8弾。


登録情報

  • 文庫: 305ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2011/5/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048704869
  • ISBN-13: 978-4048704861
  • 発売日: 2011/5/10
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 77件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 239,357位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
首を長くして待っていた8巻が、やっと発売されました。
発売日に一気に読み終えました。面白かったです。待っていた甲斐がありました。

実質的な最終巻と書かれている他のレビューもありますが、
京介・霧乃お互いの気持ちを確認する大きなターニングポイント、
ある種の結末的なものを感じさせる巻となっていると思います。

面白かったのですが、何故か読み終わった後に少し物足りなさ感があります。

 安定しすぎて、盛り上がりに欠けるというか・・・
 オチが、黒猫さん、それで良いんすか・・・
 京介と霧乃の絡みが落ち着いてしまったような・・・
 霧乃のオタクぶりが少なっ・・・
 沙織の出番が少なっ・・・

こういった感想を抱くのも自分に黒猫贔屓の部分があるからかもしれません。
8巻を読み終えて気付きましたw

次巻以降、どういった方向に行くのか分かりませんが、また首を長くして楽しみにしています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mizuno-ami トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/5/12
形式: 文庫 Amazonで購入
オタク?何それ、俺には関係ない世界だ、

そんなスタンスで登場した兄。
でも、『守りたいもの』のために理解し、更にはオタク文化を誤解している社会の代弁者たる父親と真っ向から対決する。

そんな熱血展開から始まったこの物語も、今では、

オマエ、おっぱいとか、何言ってんの?

って人も出てきそうなお話になりました。

確かに、読んでいるうちに、大人の姿が消え、都合良く『大人不在』の狭い世界で、単なる萌え萌え展開が繰り広げられる、ありがちなラノベ展開に陥ってしまったかと勘違いしますが、多少、黒猫の性格的な部分に助けられつつも、やはり「俺妹」らしい結末に落ち着きます。
一方で、妹に対する愛情と、異性に対する愛情は違う筈だから、この結末は、ある種の甘えだ、という意見もあって、この展開、確実に賛否両論があるでしょう。

しかし、先輩・後輩、幼馴染、友達や恋人といった、様々な人間関係の境界線を、これをまた『愛』という曖昧なモノを通して描き続けている作品として、このシリーズは面白いと思います。
兄ではなく男として言ったであろう、おっぱい発言は、一笑に伏すのは簡単ですが、やはり、その境界線に悩むのも青春でしょうね。

デレデレ兄
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
自分は原作の小説よりも先にアニメでこの作品を知りました。
放送終了と同時に原作が気になり当時発売されていた7巻までを一気に読破し、そして今待ちに待った8巻を読み終えました。

読み終わった率直な感想を言いますと「心のもやもやがすっきりと晴れた」ということです。

自分は桐乃寄りの視点で話を読んでいて偽彼氏の一件で徐々に垣間見えてきた桐乃の想い(とはいうものの大半の人がそれ以前から予想済みではあると思いますが)を大事にしてほしいと思っていました。その一方で、黒猫の恋心も大事にしてほしいとも思っていました。
さながら、8巻終盤における京介と同じ心境です。
詳しい内容は読むのが一番だと思うので特筆はしませんが「京介・桐乃・黒猫」3人のそれぞれに対する想いがひしひしと伝わってきて、切なくとも甘く、それでいてとても温かい話だと思います。
個人的にはこれがハッピーエンドとしてしっくりきました。

文章力の乏しい自分ではうまく表現することができないのですが、とにかく感動しました。

この巻を一区切りにして、また違った心持で次巻を楽しみにしたいと思います。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この巻は7巻あとがきでも書かれていたように、恋愛編のクライマックスです。

他の方たちのレビューを見たところ、内容に関しては賛否両論あるようですが、私としては非常におもしろかったと思います。

この巻では各キャラが自分の気持ちにだいぶ素直になっているので、これまでセリフの裏に見え隠れしていた心境がだいぶ明らかになっています。
(もちろんこの巻でも新たに意味深な描写が追加されたりしているわけですが…)

ここまで隠してきた本心をさらけ出したキャラたちが今後どういった関係になって行くのか…
一つの編の終わりとして、また新たな展開の始まりとして、一つの区切りとなるとても素晴らしい巻のように感じました。

桐乃派・黒猫派といったことにこだわらず、ファンの方なら是非読んでもらいたい内容です。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー