通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
俺の女社長 (祥伝社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

俺の女社長 (祥伝社文庫) 文庫 – 2015/9/2

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 俺の女社長 (祥伝社文庫)
  • +
  • たかぶり島 (竹書房文庫)
  • +
  • 悪い女 (実業之日本社文庫)
総額: ¥2,001
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

鶴谷愛子は急逝した父から建築会社を継いだ三十歳の三代目女社長。黒髪のベリィショートに白い小顔、きりりとした切れ長の眼と、筋の通った高い鼻、意志が強そうに引き結ばれた口許をした気品のある美人だ。そんな彼女を、経理部の三上は副社長派からスパイを命じられ尾行していた。彼が見た、普段とまるで違う可憐で愛らしいもう一つの貌とは!?赤裸々な羞恥官能の傑作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

草凪/優
1967年東京生まれ。日本大学芸術学部中退。シナリオライターを経て、2004年『ふしだら天使』で官能小説家としてデビュー。その圧倒的筆力と流麗な官能描写でたちまち人気作家となる。10年『どうしようもない恋の唄』で、「この官能文庫がすごい!」の大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 296ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2015/9/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 439634144X
  • ISBN-13: 978-4396341442
  • 発売日: 2015/9/2
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 88,826位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 DSK トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/11/11
形式: 文庫
会社の行く末を案じる副社長の一派から跡取りである美人女社長の秘密を探るスパイを命じられた主人公……これが結局は「ミイラ取りがミイラになる」がごとく情が移り、情を交わす話となるのであろうことはあらすじからも予想できることだが、その予想を覆すことなく、むしろ現実的な流れで逆の意外性を醸しながら最後は男女のピュアな心持ちに辿り着く大人の官能小説になっていた。自らの趣味趣向に純粋な愛着を示す可憐な女社長は、異性への愛情もまた純粋なのである。

順調な出世街道を歩んでいた主人公にとって、そして妻のある身にとって、どう見ても不利な側の女社長と一蓮托生な関係にまでなってしまったのは果たして良かったのだろうか?というテーマが潜んでいる。いわゆる派閥的な世界が存在する組織に属していれば多かれ少なかれ巻き込まれる可能性のあるテーマでもあろう。フツーに考えれば利のある側につきたいものだが、女社長との体験とその魅力が逡巡させる。これを一般的な人柄や人徳などに置き換えれば組織人にとって普遍のテーマであることが分かる。官能的な世界を通じて社会的なテーマを題材にしていることが分かる。

自ら進んでピュアな世界に身を移そうとしたかの女社長に比べると、とんだ社命に従ったばかりに蒙ったとばっちりだとさえ思えてしまう主人公には不憫な一面もあるのだが、全てを失ったことで逆に失ったモ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告